絶体絶域

ゲームの息抜きにゲームを遊ぶその2。The Gardens Betweenとチャイルドオブライト。

2022/12/07
雑記 0
Gardenchilld-16.jpg

PSエクストラのゲームカタログで出会った2つの作品、The Gardens Betweenとチャイルドオブライトについて紹介や感想的なことを書いていく。

チャイルドオブライトの方はそれなりに知名度があるゲームだとは思うけど、The Gardens Betweenの方は知らなかった。これに関しては、ゲームカタログ内にあったお陰でたまたま知ることが出来たところがある。






関連記事はこちら。

ゲームの息抜きにゲームを遊ぶ。LIMBOとリトルナイトメア。

ゲームの息抜きにゲームを遊ぶ。LIMBOとリトルナイトメア。

ゲームをプレイしててちょっと疲れたなといった息抜きに何をするか、軽い運動?外に出かける?お茶菓子を食べる?…いや、ゲームの息抜きには軽く遊べるゲームでしょう!と軽い暴論を言ったとこで、最近PSNowでプレイした両作品を軽く紹介してみる。...





【The Gardens Betweenについて】

Gardenchilld-01.jpg

まずは、The Gardens Betweenから。

3Dの見下ろし型ゲームになっており、時間を操作しながらギミックを攻略し、2人の少年少女をゴールに導いていくことが目的のパズルアクションゲーム。


Gardenchilld-03.jpg

コントローラーの右スティックを操作すると早送りのように時間が進み、2人のキャラクターが自動で先に進んで行く。

2人はそれぞれ違う道を進んでいったり、行動で起こせるアクションも違うようになっている。例えば、女の子の方は光をランプのように使って先の道を開くことが出来るし、男の子の方は崖を崩したり、ステージ自体に直接干渉出来る行動が可能となる。

コントローラーの左スティックを操作すると巻き戻しのように時間が戻っていき、キャラクターや現象が逆行するようになる。

巻き戻すことによって時間の経過によって壊れた物質が元の形に戻ったりと、これまたギミックを攻略していくのに必要となる要素。


Gardenchilld-04.jpg

Gardenchilld-05.jpg

時間を進めたり、時には戻したりしながらと頭を使いながら攻略していくため、ジャンル的にはパズルアクションという感じ。

全体的にノルタルジックな雰囲気が出ていて、攻略するステージもよくよく見てみると大きなテレビや靴があったりと、どのステージも登場人物である2人と関係している物がそこにあることが伺える。


Gardenchilld-02.jpg

ステージをクリアしていくと、2人の思い出のシーンが解放される。

何故この思い出が解放されていくのか、そして何の意味があるのかはゲームを最後までやると分かるようになるが、全体的に会話も何もないこのゲームのストーリーは、基本的にプレイヤーの想像に委ねられるようになってる。

プレイ時間は全部で3~5時間くらいとかなり短め。そこそこ頭を使うことにはなるが、ちょっとした息抜きに丁度良くてなかなか楽しめた。


【チャイルドオブライトについて】

Gardenchilld-09.jpg

Gardenchilld-07.jpg

次はチャイルドオブライトについて。

このゲームを始める前は、インディーゲーによくあるメドロイドヴァニア系かなぁと思っていたら…


Gardenchilld-08.jpg

Gardenchilld-14.jpg

バリバリの『コマンドRPG』だったという。

2Dで作られたフィールドを進み、敵とエンカウントすると場面が変わってコマンド戦闘に変わるところが『ヴァルキリープロファイル』を思い出させてくれた。

コントローラーの左スティックで主人公のオーロラという王女を操作し、右スティックでイグニキュラスという光の玉のようなものを操作しながら進んで行くことになる。


Gardenchilld-11.jpg

戦闘はコマンドRPGのようだが、相手を''妨害する''というのがとても重要なゲーム性で、あまり考えずにやってると敵に妨害ばかりされて、こちらの攻撃が後回しにされて何も出来なくなってしまう。

画面下にあるゲージが敵味方の行動順を表していて、これのキャストと書かれた部分に味方が居る時に敵の攻撃を受けてしまうと、妨害されたことになってしまい、自分のターンがまた最初からへ戻されてしまう。しかし、これは敵にも適用されるため、上手く使うと相手にターンを回さずに完封することも出来る。


Gardenchilld-15.jpg

システムが理解しきれてないときは妨害されるというのがストレス要素でもあったが、防御することの大事さや使えるスキルの大体の速さが分かってくると、戦略性が増して楽しくなっていった。

また、戦闘中に右スティックを使うことで、自キャラクターにイグニキュラスを重ね合わせて回復したり、敵キャラクターに重ね合わせて行動速度を遅らせたりと、リアルタイムに戦闘に干渉出来るというのも新鮮で面白かった。先ほど紹介したThe Gardens Betweenと同じで、左右のスティックによってプレイヤーが行うアクションが変わるというのは似ているかもしれない。


Gardenchilld-12.jpg

Gardenchilld-13.jpg

水彩画のような美麗なグラフィックも含め、絵本のような世界観を表現した音楽性もかなり良く、ゲーム内で何度も聴くことになる『オーロラのテーマ』は旋律が印象的でとても好きになった。常に浮遊しながら移動していくのも心地良い。

クリアまでのプレイ時間は10時間くらい。

もう少しボリュームがあっても良いなと思ったくらいで、総合的なゲーム内容は面白くて一気にやってしまった。

ゲーム性は違うけど、これもまた絵本のようなゲームだった『オーディンスフィア』とかにもテイストがちょっと似てるかも。


【総評】

前回の記事で書いたリトルナイトメアとLIMBOもそうだけど、プレイ時間が短いゲームというのは今のサブスク時代にはかなり相性が良いから有難い。すぐ終わるってだけで気が楽。

今回触れた2つのタイトルもそうで、軽くちょっとゲームしたいなーって人に向いていると思う。

個人的に今はゲームをクリアする→サントラを聴くというのが習慣化していて、音楽が聴けるサブスクのお陰でそれも容易なため、しばらくはチャイルドオブライトのサントラを聴くことになりそうだ。
関連記事
SSX
Admin: SSX

自分が面白そうならとりあえずプレイしてみる雑食ゲーマー。特に格ゲーや、ゲーム音楽などが大好物。アニメや映画といった映像作品も好き。

気軽にコメントや、Web拍手等をしていただけると喜びます。




◆現在プレイ中
グラブルリリンク、スト6、PSのゲームカタログ

◆適当な一言
3月まで早速のゲームラッシュ。とりあえずリリンクは買います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

There are no comments yet.
雑記
雑記 (104)
絶ニュース (18)
アニメ (47)
FC2ブログ (16)
フリーソフト (4)
有料・フリーゲーム (23)
Xbox360全般 (55)
周辺機器 (6)
XBLA (11)
ストリートファイター4 (11)
スーパーストリートファイター4 (10)
ウルトラストリートファイター4 (3)
ストリートファイターX鉄拳 (5)
Bioshock1・2 (4)
ボーダーランズ (6)
ボーダーランズ2 (10)
Dead Space (3)
End of Eternity (4)
バイオハザード6 (3)
PS全般 (117)
FF14 (24)
FF12 (2)
FF13 (3)
FF10 (4)
FF9 (10)
FF8 (3)
FF7 (8)
ドラクエビルダーズ (4)
デモンズソウル (10)
ダークソウル (13)
ダークソウル2 (12)
ダークソウル3 (2)
エルデンリング (15)
仁王2 (13)
グラブルリリンク (7)
ストリートファイター5 (6)
ストリートファイター6 (13)
BBCP (5)
GBVS (17)
GUILTYGEARシリーズ (22)
魔界戦記ディスガイアシリーズ (11)
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 (4)
逆転裁判シリーズ (3)
ライフイズストレンジ (2)
バイオハザードHDリマスター (3)
ToX (9)
戦場のヴァルキュリア (4)
MHW (6)
MHP3 (6)
イース7 (3)
ダンガンロンパシリーズ (4)
英雄伝説 軌跡シリーズ (16)
勇者30シリーズ (6)
ペルソナP3 (5)
ペルソナ4G (10)
イース セルセタの樹海 (6)
イース8 (3)
討鬼伝 (4)
SEKIRO (5)
Wii・Switch全般 (33)
ゼルダの伝説シリーズ (10)
アークライズファンタジア (10)
零~月蝕の仮面~ (3)
ToG (5)
斬撃のレギンレイヴ (4)
ゼノブレイド (4)
朧村正 (4)
DS/3DS全般 (14)
世界樹の迷宮シリーズ (7)
スーファミミニ (4)
iPhone (18)
テラバトル (21)
白猫プロジェクト (9)
グランブルーファンタジー (44)
グラフィティスマッシュ (3)
アナザーエデン (3)
映画 (12)
デジタル機器 (8)