絶体絶域

【MOTHER2】 プレイ日記・感想その3。ジェフの助太刀、どせいさんはかわいい。

2022/06/03
Wii・Switch全般 0
Mother2-103.jpg

スリークに入り、3人目の仲間キャラであるジェフとの出会い。

ゾンビや幽霊が襲い掛かり、どせいさんという謎生物に癒され、人類から敵対視されてる''アレ''とも戦う。このゲーム、何というか色んなジャンルごちゃまぜだな!



関連記事はこちら。

【MOTHER2】 プレイ日記・感想その2。ポーラと怪しい教団とトンズラブラザーズ。

オネットからトゥーソンに向かい、今度は新しい仲間のポーラという女の子に出会うことになる。ヒロイン大事、女の子大事!…ただ、つきまとってくる女の子は大事じゃない。...





【スリーク】

Mother2-89.jpg

トンズラブラザーズと一緒にトンネルを抜けてやってきたのが、何だか怪しい雰囲気があるスリーク。


Mother2-90.jpg

スリークのマップはこんな感じ。

真ん中付近に施設が集中していて、そこには大きなテントがあって、北方向には広めの墓地がある。


【ゾンビや幽霊が多数】

Mother2-92.jpg

この街には『幽霊』だの『ゾンビ』だのが、辺りにウロついてるのが特徴。他にも見た目が怪しい敵が一杯居る、少しホラー地味た街。

幽霊の敵は、こちらに''取り憑く''という状態異常をしてくる。この状態になってしまうと、しばらく動けなくなったり、幽霊が味方を攻撃したりとかなり厄介。しかも、あのキノコの状態異常と同じく普通では治しにくい。

病院に行っておはらいを受ければ治るが、これもそれまでの手間がダルイため、なるべくなら戦いたくない相手。
状態異常攻撃が結構しんどいなと、改めて思う。


Mother2-93.jpg

街の人から話を聞いてみると、ゾンビ共から街を取り返すため、街の真ん中ら辺に人が集まってるらしい。なるほど。

まずは、このゾンビ共をなんとかしないといけないようだ。


Mother2-94.jpg

街にそもそもゾンビ共をけしかけたのは誰なのか?黒幕は誰なのか?を調べてたら、ホテルの前に怪しい金髪のお姉さんを発見した。

ホテルの中に入ったお姉さんの後を追いかけると、ホテル内で流れてた音楽も急に不穏になるというか、音楽のリズムがでたらめになって更に不安をあおってきた。

そこから更にお姉さんの部屋まで向かうと、待ち伏せされてたのか奇襲を受けてしまった。罠だったのか…!


【閉じこめられる2人】

Mother2-95.jpg

Mother2-96.jpg

目が覚めると、辺りは見たことも無い場所で、鍵が閉まって出られない。どうやら閉じ込められたようだ。

そこで、ポーラがもう1人の仲間候補の『ジェフ』にテレパシーを送り、助けを求めることになった。ここからはもうどうしようもない。

…助けて、ジェフ!!


Mother2-97.jpg

Mother2-98.jpg

場面は代わり、寒そうな地域の場所で寮で寝ていたジェフ。ポーラのテレパシーが届いたのか、それによって起床することになる。

ジェフは眼鏡をかけたおかっぱ頭で、いかにも頭が良さそうな見た目の男の子。一緒の部屋に居た友人に助けてもらって寮を抜け出し、囚われたネスとポーラを助けに行くことになった。


【ジェフと猿の旅】

Mother2-99.jpg

ジェフはPPが0で超能力系は使えないらしく、特殊なジェフ用のアイテムを使用出来る博士タイプ。

ジェフだけだと不安なので、ドラッグストアに居た人にガムを買ったお礼として、何故か猿をもらった。猿の手も欲しい状態だから嬉しい。


Mother2-101.jpg

寮から南の方角に進んでると、『タッシー』という生物を観測してるグループを発見。これは元ネタが明らかにネッシーのことだろうな。


【タッシーにお願い】

Mother2-102.jpg

Mother2-103.jpg

風が吹くと出現の噂が出るタッシー。

テント内で休憩すると風が吹くようになっており、催促されるように猿にガムを渡すと、あれやこれやでタッシーの出現!このタッシーのなんとも言えない顔が哀愁を誘う。

タッシーと一緒にポケモンのなみのりのように湖を下り、更に南へ進めるようになった。猿と元々友達だったのか、はたまた猿のコミュ力が高いのか。

このタッシー、何だかまた出番ありそうだな。


Mother2-104.jpg

雑魚敵との戦闘でも猿も多少は手伝ってくれるが、基本はジェフ1人で戦う感じ。

ジェフのレベルが低いのもあるが、エンカウントしたネズミがSMAAAAAASHをしてきまくってキレそうになるw

だからお前はネズミの強さじゃないっての!ネズミを名乗るのやめろ。


Mother2-106.jpg

一緒に付いてくる猿、有能説。

ジェフでは届かないような場所も、フーセンガムで浮いて助けてくれる。

いや、むしろこれはガムの方が有能なのか。


【UFOに乗ろう】

Mother2-109.jpg

いかにも研究所みたいな場所を見つけ中に入ると、いかにもな博士が居た。

この博士はジェフの父親を知ってるらしく、''時空転移''を研究してるらしい。

事情を説明すると手伝ってくれて、UFOの見た目のような飛行して移動する装置を貸してくれた。


Mother2-111.jpg

Mother2-112.jpg

いざ出発!とUFOのような乗り物で順調にスリークに進んでいたが、最後の最後で爆発!これがお約束というやつか。


Mother2-113.jpg

ともあれ、無事にジェフが助けにきてくれ、ジェフが持っていた少しの鍵くらいなら開ける装置を使い、閉じ込められてた部屋から脱出!

ジェフを操作してるときは主人公になってたせいか一切しゃべらなかったけど、このネス達に出会った瞬間にしゃべりだしたのはちょっと感動した。

何だか会う前から仲間だったような''キズナ''を感じた。


Mother2-114.jpg

Mother2-115.jpg

3人で行動するようになったネスたち。

街の人に話を聞き、街の南にあるテントが怪しいと聞きつけ、調べてるみると、いきなりばけテントとのボス戦が始まる。

ここで役立つのがジェフの『チェック』という戦闘コマンド。相手を調べる性能を持っていて、相手の攻撃力や防御力、はたまた弱点まで分かっちゃうという優れもの。

ネスが脳筋ヒーラー、ポーラが攻撃特化ときて、ジェフはどっちかというと支援役みたいな感じかな。更に戦闘に深みが加わって面白くなった。


【ゾンビホイホイ】

Mother2-116.jpg

Mother2-117.jpg

ばけテントを倒すと、前回にも有用な発明をしてくれたアップルキッドが、またも『ゾンビホイホイ』というアイテムを開発してくれた。優秀すぎるぞこの人。

その名の通りの性能をしていて、テントの真ん中にそのゾンビホイホイを仕掛けて1日が経つと…


Mother2-118.jpg

ゾンビ共がピクピクと仰向けに倒れてる様が、実にホイホイという名前のとおり。あまり凝視はしたくない見た目w

でもこれで、街の中に居たゾンビ共を駆逐することが出来た。

ここから、ゾンビ共が邪魔していて入れなかった墓の奥底に進むことになる。


【アレとの出会い】

Mother2-131.jpg

道中、出会ったのが『アレ』という敵。

''アレ''って何だよってなりそうだが、''アレ''だけで全てが通じる敵。だって見た目がアレなんだもん。

いざ名前にすると汚い感じあるもんね。よし、''アレ''でいこう。


【サターンバレー】

Mother2-121.jpg

そしてたどり着いた『サターンバレー』という場所。

こ、このキャラは…!『どせいさん』じゃないか!名前だけは知ってる不思議な生物との出会いに感動。可愛いな。

この特徴的すぎるどせいさんの言語。これってMOTHER2が海外で翻訳されてる場合どういう風にしてるんだろう?このフォントすら作るのが大変そうだ。

ちゃんと日本語として読めてしまうのが凄いよ。


Mother2-123.jpg

どせいさんと話して、進めなかった滝の裏に入る合言葉を教えてもらう。合言葉が実際にあるわけじゃなく、''そのまま3分待つ''ということをすればいいらしい。

このサターンバレーでは宿屋もタダで泊まれるし、病院もタダで受けられる夢のような場所。もうここに暮らしたい。


【天才ジェフのよなべ】

Mother2-124.jpg

また、条件があまり分かってないけど、アイテムには『こわれた〇〇〇』のようなそのままでは使えないアイテムがある。

これを持って宿屋で泊まる等の行為をした場合、ジェフがよなべをして勝手に修理してくれる。これの条件がある程度時間が経つことが条件なのか、泊まった回数なのか…。

何にせよこれで結構良いアイテムを入手出来るので、こわれたシリーズは天才のジェフに任せることにした。


Mother2-126.jpg

サターンバレーの近くにあるグレープフルーツの滝に向かい、そのまま3分待ってみる。問題なく中に入れてくれた。

答えは''沈黙''。これは某漫画のハンター試験で学んだよ。


Mother2-127.jpg

滝の裏から『ゲップーの秘密基地』というダンジョンに潜入。

あの可愛いどせいさんが働かせられてたり、敵が複数エンカウントしやすい場所。複数雑魚敵はしんどいので、一列攻撃のポーラのPK技が凄く役にたつ。

ここに居る『ゲップー』がスリークにゾンビをけしかけた黒幕であり、あのギーグの手下でもあるらしい。



【VS 強敵ゲップー】

Mother2-129.jpg

Mother2-130.jpg

奥まで進むと待っていたゲップー。しゃべってる途中にゲップしてくるのがもう汚い。

まぁこっちは3人居るし、ボスではそこまで苦戦したことなかったから今回も余裕だろと内心思ってたら、ゲップーの呼び出しでどんどん湧き出てくる雑魚敵、そしてどんどんHPが減っていくという状態異常攻撃にだんだんジリ貧になってしまい、普通に全滅してしまった。

いやー、普通に強いなこいつ。ちょっと舐めてたわ…って、気を取り直して2戦目のリベンジしたら、またもや全滅。

あれれー?強すぎませんか、ゲップー殿。


Mother2-132.jpg

これはおかしいと思って色々なものを試してみる。

そういえば、ばけテントを倒した時に蜂蜜のハエ版のようなアイテム、『ハエミツ』を入手したはず。

ゲップーはハエミツは好物だと何かで聞いてたので、アイテムで試しに使ってみると、一心不乱にペロペロと舐めだして他に何も行動をしてこなくなった。それも1ターンや2ターンだけとかじゃなく、ずっと何の行動をしてこない。どんだけ好きなんだよw

何もしてこない敵に負ける道理なんてあるわけがない。一生舐めてるゲップーにひたすら攻撃してたら簡単に倒せた。

マジかよ。2回も苦戦したのは何だったんだ…。


【早い振り返り】

Mother2-133.jpg

Mother2-134.jpg

ゲップーを倒して、どせいさんにまた会いに行くとコーヒー休憩をするか聞かれる。

ここで『はい』にすると、休憩ついでに何故か今までの冒険振り返りのようなものが始まった。振り返るのはまだ早くないか?w

流れてきた言葉が、ネスの冒険を見守ってる第3者視点なのが気になった。これは一体誰からの視点なんだろう。


Mother2-135.jpg

Mother2-136.jpg

サターンバレーの近くにあった『ミルキーウェイ』に向かう。

ここの最奥では今までと同じように3番目のお前の場所を護るボス、ちょうねんじゅのめが居た。

さっきのゲップーに比べれば特に語ることもなく、一列攻撃のポーラのPKファイヤーβとかが役に立った。


Mother2-137.jpg

3番目の音の記録は終わり。

まだあと5つもあるのか…。


Mother2-138.jpg

Mother2-139.jpg

スリークに帰ると最初とは大分雰囲気も変わっていて、怪しい雰囲気の街から普通の街に戻っていた。これもゲップーを倒した成果だろう。

今回で仲間も増えたし、この流れだと次でまた増えそうな予感。次はフォーサイドだ!
関連記事
SSX
Admin: SSX

自分が面白そうならとりあえずプレイしてみる雑食ゲーマー。特に格ゲーや、ゲーム音楽などが大好物。アニメや映画といった映像作品も好き。

気軽にコメントや、Web拍手等をしていただけると喜びます。




◆現在プレイ中
グラブルリリンク、スト6、PSのゲームカタログ

◆適当な一言
3月まで早速のゲームラッシュ。とりあえずリリンクは買います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

There are no comments yet.
Wii・Switch全般
雑記 (104)
絶ニュース (18)
アニメ (47)
FC2ブログ (16)
フリーソフト (4)
有料・フリーゲーム (23)
Xbox360全般 (55)
周辺機器 (6)
XBLA (11)
ストリートファイター4 (11)
スーパーストリートファイター4 (10)
ウルトラストリートファイター4 (3)
ストリートファイターX鉄拳 (5)
Bioshock1・2 (4)
ボーダーランズ (6)
ボーダーランズ2 (10)
Dead Space (3)
End of Eternity (4)
バイオハザード6 (3)
PS全般 (117)
FF14 (24)
FF12 (2)
FF13 (3)
FF10 (4)
FF9 (10)
FF8 (3)
FF7 (8)
ドラクエビルダーズ (4)
デモンズソウル (10)
ダークソウル (13)
ダークソウル2 (12)
ダークソウル3 (2)
エルデンリング (15)
仁王2 (13)
グラブルリリンク (7)
ストリートファイター5 (6)
ストリートファイター6 (13)
BBCP (5)
GBVS (17)
GUILTYGEARシリーズ (22)
魔界戦記ディスガイアシリーズ (11)
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 (4)
逆転裁判シリーズ (3)
ライフイズストレンジ (2)
バイオハザードHDリマスター (3)
ToX (9)
戦場のヴァルキュリア (4)
MHW (6)
MHP3 (6)
イース7 (3)
ダンガンロンパシリーズ (4)
英雄伝説 軌跡シリーズ (16)
勇者30シリーズ (6)
ペルソナP3 (5)
ペルソナ4G (10)
イース セルセタの樹海 (6)
イース8 (3)
討鬼伝 (4)
SEKIRO (5)
Wii・Switch全般 (33)
ゼルダの伝説シリーズ (10)
アークライズファンタジア (10)
零~月蝕の仮面~ (3)
ToG (5)
斬撃のレギンレイヴ (4)
ゼノブレイド (4)
朧村正 (4)
DS/3DS全般 (14)
世界樹の迷宮シリーズ (7)
スーファミミニ (4)
iPhone (18)
テラバトル (21)
白猫プロジェクト (9)
グランブルーファンタジー (44)
グラフィティスマッシュ (3)
アナザーエデン (3)
映画 (12)
デジタル機器 (8)