絶体絶域

【GGST】 テスタメントの紹介。『ステイン』状態を維持させながら戦う、中遠距離キャラ。

2022/04/09
GUILTYGEARシリーズ 0
GGST-213.jpg

GGSTシーズン1のDLC最後のキャラは、過去作にも出ていたテスタメントの紹介。

テスタメントは今まではどちらかというと見た目が男っぽかったが、公式では性別はどちらでもない扱いらしく、今回は女性らしさの方が増え、声優も変更し、戦闘スタイルも変わって帰ってきた。


関連記事はこちら。

【GGST】 梅喧の技の紹介や立ち回りといった攻略。個人的なキャラ評価と要望点とかも。

DLC4人目は、人気キャラの梅喧が参戦!特に海外での人気が高いキャラ。5日間くらい使ってみて、まずはキャラの紹介や攻略なんかを。これから梅喧を始める人に何か役に立てば幸い。コンボに関しては、ネット動画やらコンボメーカー等があるので、特に記載してません。...





【テスタメントの紹介】

GGST-193.jpg

改造手術を受けてギアになった元人間。

元老院の策略により行動を操られジャスティスを復活させたが、第二次聖騎士団選抜武道大会の後に人間としての自我を取り戻した。

罪の意識から「悪魔の森」に身を隠していたが、ハーフギアのディズィーを人間の追手から守ることを決意。ある種の贖罪として始めたことだが、人間的な感性を取り戻すきっかけとなった。

現在はかつてディズィーを保護していた老夫婦と一緒に生活している。その暮らしの中で心の平穏を獲得し、人並みの幸せを心の底から満喫している。(公式より引用)



テスタメントのキャラクターの☆難易度は4つになってるが、実際の使いやすさ自体は使いやすい。


GGST-194.jpg

まずは、良く使うことになるであろう通常技の遠Sから紹介。

この遠Sは中距離の要。リーチが長く、ここから色々と派生して相手を固めていく。

このリーチというだけで強いが、上半身無敵の6Pや、カイのスタンディッパーのような姿勢の低い技には負けるのが弱点。


【グレイヴリーパーを活用】

GGST-196.jpg

S版の『グレイヴリーパー』

一番使うことになる必殺技で、大きな鎌を地面に向かって掘りだすように振りかぶり、その後に地上を這う飛び道具が飛んでいく。最初の大鎌部分にも攻撃判定がある。

この必殺技を出す時、何回聞いても''ブレイブルー''に聞こえてしまう。


GGST-203.jpg

HS版の場合、今度は斜め上に出すことになる。

これを事前に置いておくと、飛んできた相手に刺さる。相手を高く浮かすことが出来るため、コンボでも使える。

グレイヴリーパーは溜めることによって更に技が強力になるので、時にはそういった緩急も必要になる。


GGST-197.jpg

グレイヴリーパーをただの飛び道具というわけではなくて、しばらくドクロのような見た目の弾が飛んだ後、小さいサキュバスがハートマーク状態で待機することになる。このサキュバス待機状態が、次に説明することと関係することになる。

HSグレイヴリーパーの場合、弾は斜め上方向に飛んでいくので、サキュバスも高い空中付近に待機することになる。


GGST-198.jpg

『アンホーリーダイバー』という、カラスを飛ばす必殺技。

カラスはテスタメントの真上付近に飛んでるので、普通に使うとそのまま真横にカラスが飛んでしまい、相手に当たることはないが…


GGST-199.jpg

先ほどのグレイヴリーパーでサキュバス待機状態を作っておくと、その地点にめがけてカラスが飛ぶようになる。

【ステイン状態にさせる意識】

GGST-200.jpg

そうしてカラスが相手にヒット、もしくはガード状態でも良いので当たると、相手は『ステイン』という紫のモヤモヤがかかった状態になる。

このステイン状態がテスタメントの特徴でもあって、この状態の時にテスタメント側の攻撃で主に打撃判定部分を当てると、その後に軽い爆発が発生するようになる。

この特徴を分かりやすく言うならば、本来ガードさせて不利の技もステイン状態に当てると、相手は爆発の硬直で動けないのでこっちが有利状態になるし、ダストを当てるとそのままコンボにいけるようになるし、コパン一発ですら当たってしまえばその後の爆発で相手が浮くため、そこからコンボにイケるようになる。

つまりまとめると、ステイン状態ではテスタメント側のリターンが通常時よりも増えるということになる。これをなるべく維持しながら戦いたい。


ステインにされた側としての対策は、時間制限があるのである程度の時間が経つのを待つか、自分の攻撃をテスタメントにヒットさせれば解除される。


【相手を近づけさせない】

GGST-202.jpg

テスタメントの基本火力は高くはなく、明らかに立ち回りで戦うキャラなので、中距離や遠距離で追い払う、もしくは追い詰めるようにして戦っていく。

他にも『ポゼッション』という必殺技があり、先ほど説明したサキュバス待機地へに瞬間的にテスタメントがワープすることも可能なので、急に近づいて投げとかで相手を惑わせたり、画面端から逃げる手段としても活用していく。


GGST-204.jpg

立ち回りでは、この空中バックダッシュ溜めグレイヴリーパーが、弾の軌道的に強い。


【優秀な6PとジャンプHS】

GGST-205.jpg

また、地上版のグレイヴリーパーとかを使ってると相手は低空ダッシュをしてきやすいので、これも性能の良い6Pで対空して落とす。ちょっとした''飛ばせて落とすを出来るキャラ''なので、特に対空は大事にしたい

6P自体の性能も全キャラでも高い方なはず、判定が上の方にあるのか当たりやすい。


GGST-201.jpg

こっちから攻める時に頼りになるのが、このジャンプHS。

カイのジャンプ攻撃のように判定が強く、相手の対空が遅いと一方的に勝ちやすい。テスタメントの通常技の多判定の強さで言えば、一番強いんじゃないかと思うほど。


【ノストロヴィアとの組み合わせ】

GGST-207.jpg

この『ノストロヴィア』という覚醒必殺技が優秀で、無敵は無いが、出てさえしまえば発生保障がある。

2体のサキュバスを召喚し、前進しながらサキュバスが3連続の攻撃をしていく。何が優秀かって3段目にステイン状態が付与されること。カラス以外の技で、唯一ステインを付与出来る手段になってる。


GGST-208.jpg

ノストロヴィアでサキュバスが攻撃してる間は、テスタメント自体が自由に動けるのも利点で、これが固めやコンボにも使える。ガードしてる相手に中下段で択ったり、コンボに使うと結構端まで運んでくれる。


GGST-209.jpg

もう1つの覚醒技の『カラミティワン』

こっちが無敵のある切り返し用と言った感じ。リーチも長いため、割り込みに丁度良い。

ちょっと発生が遅いので、場合によっては詐欺られるかも。


GGST-210.jpg

GGST-211.jpg

最後に紹介する必殺技の『アービーターサイン』

中距離から発生する相手の位置をサーチする中段のHS版、下段のS版の必殺技。中距離からいきなり択が発生するので強くはあるが、硬直も大きいため、中距離でガードさせると確反があったりする。ステイン状態の時にこれを当てると、ダウンを奪えて起き攻めにいける。

あまりに遠すぎたり、密着すぎると当たらない。


【相性差が激しい】

テスタメントを使って思うのが、キャラの相性差が激しいということ。

基本はグレイヴリーパーをバラまいて戦うだけに、そのグレイヴリーパーが気軽に振れないキャラだったり、もう1つの要である遠Sとかが機能しにくい相手が苦手。

やってみて思ったのが、こちらの取れる行動に基本的に正解があるカイがかなりやり辛い。こちらの遠Sキャンセル行動において、アルクやディッパーでリスクを追わせてきやすい。そもそも、スタンエッジを撃たれるだけでかなり動きが制限されて戦いにくい。

また、同じ中遠距離キャラであるアクセルもこちらのコンセプト道理には戦いにくく、ハッピーケイオスなんかはとてつもない相性差があると感じた。

今でも強いとされるソルとかには、立ち回りだけなら結構やりやすかった。リターンの差で負けることはあるが、立ち回りだけならやりやすい。今のところまだキャラが偏った対戦しか出来てないのもあるが、有利だなと思うキャラは…まだ見つかっていない。


【個人的なキャラ評価】

GGST-195.jpg
この立HSのモーションがすき。

このキャラを理解してくると、相手を追い込んで攻めてる感じが結構面白くて楽しい。必殺技もどれもしっかり使うし、キャラコンセプトとしては良いと思う。

先ほども言った通り、まずはキャラ相性が結構出ちゃうこと、火力が高いキャラにリターン負けもしやすいこととか色々と考えると、梅喧と同じで上位キャラと並ぶには足りないかなーと感じる。

もう少し各行動のリターンが大きくなるか、ステイン状態をもっと付与出来る場面があったら良かったかも。
関連記事
SSX
Admin: SSX

自分が面白そうならとりあえずプレイしてみる雑食ゲーマー。特に格ゲーや、ゲーム音楽などが大好物。アニメや映画といった映像作品も好き。

気軽にコメントや、Web拍手等をしていただけると喜びます。




◆現在プレイ中
グラブルリリンク、スト6、PSのゲームカタログ

◆適当な一言
3月まで早速のゲームラッシュ。とりあえずリリンクは買います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

There are no comments yet.
GUILTYGEARシリーズ
雑記 (104)
絶ニュース (18)
アニメ (47)
FC2ブログ (16)
フリーソフト (4)
有料・フリーゲーム (23)
Xbox360全般 (55)
周辺機器 (6)
XBLA (11)
ストリートファイター4 (11)
スーパーストリートファイター4 (10)
ウルトラストリートファイター4 (3)
ストリートファイターX鉄拳 (5)
Bioshock1・2 (4)
ボーダーランズ (6)
ボーダーランズ2 (10)
Dead Space (3)
End of Eternity (4)
バイオハザード6 (3)
PS全般 (117)
FF14 (24)
FF12 (2)
FF13 (3)
FF10 (4)
FF9 (10)
FF8 (3)
FF7 (8)
ドラクエビルダーズ (4)
デモンズソウル (10)
ダークソウル (13)
ダークソウル2 (12)
ダークソウル3 (2)
エルデンリング (15)
仁王2 (13)
グラブルリリンク (7)
ストリートファイター5 (6)
ストリートファイター6 (13)
BBCP (5)
GBVS (17)
GUILTYGEARシリーズ (22)
魔界戦記ディスガイアシリーズ (11)
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 (4)
逆転裁判シリーズ (3)
ライフイズストレンジ (2)
バイオハザードHDリマスター (3)
ToX (9)
戦場のヴァルキュリア (4)
MHW (6)
MHP3 (6)
イース7 (3)
ダンガンロンパシリーズ (4)
英雄伝説 軌跡シリーズ (16)
勇者30シリーズ (6)
ペルソナP3 (5)
ペルソナ4G (10)
イース セルセタの樹海 (6)
イース8 (3)
討鬼伝 (4)
SEKIRO (5)
Wii・Switch全般 (33)
ゼルダの伝説シリーズ (10)
アークライズファンタジア (10)
零~月蝕の仮面~ (3)
ToG (5)
斬撃のレギンレイヴ (4)
ゼノブレイド (4)
朧村正 (4)
DS/3DS全般 (14)
世界樹の迷宮シリーズ (7)
スーファミミニ (4)
iPhone (18)
テラバトル (21)
白猫プロジェクト (9)
グランブルーファンタジー (44)
グラフィティスマッシュ (3)
アナザーエデン (3)
映画 (12)
デジタル機器 (8)