絶体絶域

【エルデンリング】 プレイ日記・感想その8。火山館の探索。糞喰いを許すな。

2022/03/27
エルデンリング 0
ER-721.jpg

次に向かう場所に決めたのは、まだちゃんと探索をしていない火山館。

段々と探索や攻略をすべき場所も少なくなってきたし、ある程度の終わりも見えてきたのかもしれない。武器防具やレベルも仕上がって来たし、よっぽどの敵じゃなければ、詰まるということは早々にない…と思いたい。

ネタバレ注意。



関連記事はこちら。

【エルデンリング】 プレイ日記・感想その7。王都ローデイルの攻略。敵が硬くなってきた。

探索という名目で様々な場所を行ったり来たりしてたが、ようやく、1つの目的である王都ローデイルの攻略に着手することに。また敵の方も大分強さが増してきていて、特にこちらが攻撃した際にその防御の硬さを感じることが多くなってきた。ネタバレ注意。...





※このプレイ日記では、攻略情報を封印、基本はソロプレイで協力はしない(参加は可)、遺灰はボス戦では使わないといった感じのプレイをしています。


【ゲルミア火山】

ER-630.jpg

今まで火山館周りをちゃんと探索や攻略をしてなかったので、今回はそこを攻略していく。地図見ても全然祝福を発見しきれていない。

最初にギデオンに言われたデミゴッドである5人を改めて振り返ってみると、ストームヴィル城のゴドリック、魔術学院のレナラ、赤獅子城のラダーン、王城ローデイルのモーゴットを倒し、残りは火山館のライカードのみとなる。

まぁ後でその5人以外にもまだデミゴッド居るよ?とか言われちゃったわけだけど、そこはまだ考えないでおこう。


【既にヤバそうな場所】

ER-631.jpg

火山館の前にまずは周りの『ゲルミア火山』を登っていく。

本来はこの山からのルートで火山館に進むのが正しいルートなんだろうけど、ラーヤに招待されて、そのまま強制的に火山館にワープしちゃったから仕方なかった。

ゲルミア火山の道中では、そこら辺に死体が吊るされてたりと、侵入者への警告のつもりなのか、いきなり先行きが不安になる。


ER-632.jpg

進んでると、『褪せ人喰いアナスタシア』というヤバそうな名前のNPCまで侵入してくるし!

しかし、ここの敵の強さ自体は魔術学院をクリア後あたりを想定してるのか、こっちのレベルが70台くらいだとかなり余裕だった。食われる前にサクっと倒す。

そう考えると、ここに来るのはちょっと遅かったのかも知れない。


ER-633.jpg

アナスタシアから『神聖な解体包丁』という武器をゲット。

もう名前の時点で意味が矛盾してる気がする。凄く使ってみたさはあるのに、これまた筋力が足りない。これ使って侵入プレイとか楽しそう。



【戦争中?】

ER-635.jpg

ここでは、王都のローデイル軍と、火山館の兵士が戦いを繰り広げていた。見た感じ、ローデイル軍が侵攻してきたっぽい。

仲間が倒れたのを嘆いてるローデイル兵士の姿が見れる。可哀そうに…と思いながら後ろから全力でそいつをぶった斬った。

さっきのアナスタシアの狂気が移ったのかもしれない。


ER-636.jpg

長い梯子を昇り…


ER-637.jpg

更に梯子をひたす昇り…と、山なのもあってここは高低差が激しい。


【VS 降る星の成獣】

ER-638.jpg

山の9合目あたりまで登ると、降る星の成獣というボスとのバトル。

記事にしたのか覚えてないけど、このボスとは王都のツリーガードが2体居た近くでも実は戦っており、その時には確か''成獣''という名前はついてなかった気がする。

辺りには何かが落ちてきたかのような衝撃波で地面がえぐられてるので、正に名の通りどこからか飛来してここにやってきたんだろう。

成獣という通り、王都で戦った個体の強化バージョンで重力を操ってくる。ラダーンといい星が関係してる奴は重力も操ってくるんだろうか。結構強かったが、技は派手なわりにはそこまで厄介というほどでもないので、何とかゴリ押しで倒せた。


ER-639.jpg

更に進んで本来の火山館への道のりを進んでいき、火山館の前に着く。

ここら辺の敵は『狂い火』というものに侵されているらしく、目とかが怪しく光って黄色い光線のようなものを吐き出してくる。怖い。


ER-640.jpg

近くには意味深なメッセージがあった。

これは一体…?


【火山館攻略】

ER-678.jpg

正規ルートで火山館まで辿り付いたので、次はその火山館の裏口のような場所に行き、そこから火山館を攻略していくことに。


【見たことあるぞ】

ER-679.jpg

いきなり出てくるのが、二足歩行の蛇の敵。

まさにラーヤの真の姿と同じ見た目であって驚く!やはりラーヤの正体って…。

ここまでくると敵の強さ自体は、王都と同じレベルくらいかなぁと感じた。


【殺戮マシーンの出生】

ER-680.jpg

ER-681.jpg

ここでもやたらこの殺戮マシーンを見かけるから、実はここで作られてるとかそういう設定がありそうな雰囲気。

もしくは、魔術学院の技術を借りてるか、逆に貸し出していたのか。


ER-695.jpg

こいつに殺されるのは、もはやお約束。


ER-696.jpg

しろがね村で居たしろがね人が何人か捕えられたり…

もちろん、ちゃんと助けてあげた(訳:殺した)


【ゲーム的なマップ好き】

ER-697.jpg

ER-698.jpg

ここの火山周りにある建物というのも実にゲーム的というか、ありえない設計の仕方とか、無駄に牢が多かったりとか、ファンタジーさを感じて良い。

なかなかに攻略が楽しいところだった。侵入や協力も良さそうだ。


ER-699.jpg

何度も戦った熔岩土龍とここでも戦うことに。

まぁそうだろうね、むしろここが自分の場所といっても過言じゃないくらい似合ってるもんね。


【これってバグでは?】

ER-700.jpg

そうして、とあるメッセージに連れられて壁の近くに向かっていくと、急にボス戦の名前が出てボス曲が流れてのボス戦が始まってしまった。

周りを見ても、ボスどころか敵なんて居ないのに。


ER-701.jpg

本来のボス戦が始まりそうな場所に行くと、ボスの方から遮られた壁からこっちに向かってこようとしてきていた。

普通はプレイヤーとボスが閉じ込められてその場所から出られないはずなのに、これボスが開始する場所の判定がガバくなって起きたバグでしょw

試しに遠距離武器を使ったら一方的に攻撃出来たが、これはさすがに正々堂々さにかけるので、大人しく霧の中に入っていった。


【VS 神肌の貴種】

ER-702.jpg

ちゃんと始まるボス戦、神肌の貴種。

こいつとは、一回リエーニエの神授塔の前で戦ったことあるな。見た目はふくよかなのに、やたら動きが俊敏という。行動パターンは多分同じ?なので、同じパターンで無事に倒した。


ER-704.jpg

ボスを倒して近くの儀式をしてるような場所から『蛇の羊膜』をゲット。何かに使うのかもしれない。


【ラーヤの葛藤】

ER-641.jpg

この時、主人公に自分の正体を教えてくれたラーヤは、母親であるタニスが自分を騙してたんじゃないかと思い、自分の存在理由に丁度苦しんでいた。


ER-705.jpg

ER-706.jpg

その事をタニスに告げると、ラーヤには気にしないで生きてほしいと願っていた。

もしラーヤが自らの疑問に答えを見つけ、それに打ちのめされていたらこれを渡してほしいと、とあるアイテムを渡される。


ER-707.jpg

渡されたのは『忘却の秘薬』というアイテム。

名の通り記憶を消去してくれるので、ターヤ自身が自分の存在意義を悩まなくてよくなるだろうけど、果たしてこれを使っていいものか…。

この薬を使うって展開が、ネフェリルーを思い出させる。


【VS 神食らいの大蛇】

ER-717.jpg

火山館の攻略を最後まで進めると、ボスの『神食らいの大蛇』に出会う。

大蛇とか言ってたし、これがもしかしてライカードなのでは!?


ER-716.jpg

ER-720.jpg

近くでは『大蛇狩り』という武器も発見。

これが霊体が言ってた、王の間に置いてきた蛇を殺せる武器か…。


ER-718.jpg

試しにいつも通りに普通に戦ってみたら、やべぇ噛みつき攻撃が飛んでくる。

(あ、死んだなこれ)


ER-719.jpg

さすがデミゴッド、強いな!

でも、今回は様子見のつもりで、実は倒す気はなかった。


ER-721.jpg

何故なら、タニスが言ってたこの言葉が気になるから。

『貴公がこのまま英雄の道を行くならば、いずれ我が王に見えるだろう』

火山館の仲間として、褪せ人狩りという任務は全て終わったわけではなく、まだ1つだけ残っていた。そいつを殺したあとにその王と会うのがどういった展開になるのかが知りたい。その任務を終わる前にもし大蛇を倒してしまうと、任務自体のイベントも無くなってしまうかもしれないし。

…ということで、大蛇狩りはまだ保留だ!


【その他探索編】

ER-664.jpg

さて、ここからはいつも通り、その他の探索編に。

王都の地下に閉じ込められてた『糞喰い』を外に逃がしてやると、円卓にも殺人予告のようなメッセージが置かれていた。

逃がしてあげたのに、何でこんな殺意マシマシなんだ。


【Wツリガにリベンジ】

ER-665.jpg

最初はびっくりしたツリーガード2体。今なら倒せるんじゃないと思い、あいつらを成敗しにいく。

結果的にはなんとかなった。2体同時がキツイのであって1体だけならそんなこともないから、なるべく片方にバレずに端っこのほうで1体と戦っていた。

相手の攻撃が届かないところから、遠距離でチマチマ攻撃するのもアリかも。


ER-666.jpg

倒すと、『黄金樹の大盾』をゲット。

これも装備してみたいけど、大盾という時点で相変わらず筋力が足りない。次は筋力モリモリの脳筋祈祷キャラでも作ってみようかな。


ER-667.jpg

良く周りを見ると、この上に建ててある像もツリーガードなのか。

王都の守護神みたいな象徴なのかもしれない。(その割に門が開いてるというガバガバさ)


ER-668.jpg

モーゴットを倒したのに、モーゴットの大ルーンを手に入れてないことに気付き、王都近くの神授塔に向かう。


ER-669.jpg

塔に向かって進んで言ってたら、いきなり周りが真っ暗になる。

え、なにこれ?


【VS 忌み双子】

ER-670.jpg

そしてボスとして出てくるのが、忌み双子。

見た目は王都の地下にいたデカイあいつらと似てる、名前も忌みが付いてるし、同じような敵。

2体同時ならヤバかったが、最初に1体倒してもう1体という流れだから別にそうでもなかった。この真っ暗なところで戦うっていうシチュエーションが、ダクソの四人の公王を思い出して懐かしかった。


ER-671.jpg

ER-672.jpg

無事に神授塔でモーゴットの大ルーンを入手し、性能を見てみると、HPの最大値を大きく上昇させてくれるとのこと。

HPはあって困るもんでもないし、これは普通に使えそう!


【VS 結晶人3体】

ER-674.jpg

アイテム欄をながめてると、ケイリッドにある『サリアの街の裏に隠し洞窟があるよ』という地図をいつの間にか持ってたので、そこに出てきた最後のボスがこいつら。

結晶人は攻撃してもカッチカチで、相手をダウン状態までさせないとまともなダメージが入らない相手。

それがまさかの3体同時で戦えという、複数ボスもくるところまできたな、と思わせてくれたボス。


ER-675.jpg

それぞれの結晶人は攻撃パターンが決まっているのがまだ幸い。

一番動きが遅いやつが遠距離技を持ってるから、一番やっかいだったりする。


ER-676.jpg

おらぁぁぁ!とアステールの薄羽の戦技である星雲で何とか打開。複数ボスに対しては、もはや何の感情も思わなくなってきた。

というかこれ、強めの戦技や魔術や祈祷といったものがないと、複数ボスってかなり辛すぎるだろ!(もしくは遺灰)

打撃武器なら攻撃が跳ね返されなかったりするんだろうか、まだそこら辺は試していない。


【おぉ、ならず者…】

ER-708.jpg

ここで、危惧していた悲しい出来事が起きてしまう。

ダメージをカットしてるくれる優秀なアイテム、『むきエビ』が足りなくなってきたので、補充しに王都ならず者の元へいくと…いつの間にか死んでた。いや、正確には死にかけていた。


ER-709.jpg

昔悪いことしたヤンキーが更生を誓ってたかのような言葉を最後に残して死んでしまった。こいつもラーヤから首飾りを奪ったり悪いこともしてたが、根は悪いやつには見えなかった。

それこそ、ならず者自身が言ってた『カニ好きに悪いやつはいねぇ』の言葉を信じてた。それが無残にも死んだ、いや''アイツ''に殺されたのだ。


【糞喰いを許すな】

ER-710.jpg

ならず者の最期を看取ると、すぐさまそのアイツである『糞喰い』が侵入してきた。

やはりお前か!!!許せねぇ!!!やってやらぁ!!!


ER-711.jpg

ぐっはぁぁ!

死の状態異常は卑怯なり。

頭に血が上って冷静になれてなかったが、2回目のリベンジで冷静に戦えば、糞喰いを普通に成敗出来た。



ER-712.jpg

円卓にまたもや居た、赤い霊体版の糞喰い。

本体が居る王都の地下の糞喰いに『苗床の呪い』というアイテムを使って侵してくれと頼まれる。

もう何が本体なのか霊体なのか分かんなくなってきたよ。


ER-713.jpg

『苗床の呪い』は糞喰いが殺した相手に発生する呪いのようなもの。

言われた通りに地下に向かい、そこに居た糞喰いに使ってやった。悲鳴を上げて非常に辛そうで、一生恨み言を言っていた。


…どうやら、これで糞喰い関係のイベントは終わりらしい。糞喰いを解放して何か悪いことが起こるとは思ってたが、やはり犠牲者が出てしまった。

ごめんな、ならず者よ。無事に王になったらお墓参りにいくから、あの世でエビやカニでも焼いててくれ…。


【50回で消える壁】

ER-722.jpg

この前、眉唾的な話を聞いたので、実際に火山館のとある場所で試してみる。

場所は隠し道があってもおかしくはなさそうなこの場所。ここの壁を40~50回くらいひたすら殴ってみると…


ER-723.jpg

目の前の壁がなくなった!…が、どうも開き方が怪しい。

普通の隠し扉なら開くときにフォン…って消える感じで、うっすら消えていく感じなのに、今回は正にその場から急に消失したように壁が無くなったし、何よりこの隠しの繋がってる場所が、NPCが居る場所の向きに対して横方面から入ってしまうという、何とも変な開き方をしていた。

これも普通にバグの類だと思う。ここに隠しがある理由も分かんないし、開き方も全然ゲーム的じゃないし。むしろ、こんなのよく見つけたな!?って感じ。


【大壺の試練】

ER-724.jpg

ケイリッドの北西付近にあるのが、大きな闘技場のような場所。

ここにはあのアレキサンダーより明かに強そうな、クソデカの大壺がどっしりと構えてる。

こんなデカイのとも戦うのか…と身構えてたが、話しかけても何も返答がない様子。


ER-725.jpg

ここには3つの赤いサインがあり、どうもこれらの『大壺の騎士』たちと戦って倒し、自分の武を示せということらしい。

前にやった時は強すぎて勝てなかったけど、これもまたレベルが上がったのもあってリベンジしてみる。


ER-726.jpg

大壺の騎士3人はそれぞれ特徴が違う。一番面倒なのがパリィをしてくる騎士。

パリィ取れちゃうと渾身の一撃で一気に即死されかねないので、パリィをしてくる相手にはパリィが出来ない戦技を多めに使うという対策をして戦った。

しかも、3人一気に倒さないと、祝福に戻るとまた全員が復活しているのもなかなかにハード。正に''大壺の試練''といったところか。


ER-727.jpg

ER-728.jpg

ER-729.jpg

無事に倒すと装備重量を大きく上げてくれる『大坪の武具魂』というタリスマンを手に入れた。

これ系のタリスマンは常に1つは付けてるので、その上位版を手に入れたことが非常に嬉しい。やったかいがあったというもの!

大壺自体と戦えることは出来ないのかな、絶対強いでしょこの風格…。


【亜人のボック】

ER-732.jpg

リムグレイヴをのんきに歩いてると、どこからか人の声が聞こえてくる。


ER-733.jpg

名前は亜人のボック。海岸の洞窟に居たのが嫌われて追い出されて、ここら辺で隠れてたらしい。


ER-734.jpg

このイベントって、多分かなり初期からあるはずのイベント。隠れてたから気付かなかった、まさか今更出会うとは。





ER-735.jpg

ER-736.jpg

もう海岸の洞窟のやつらはボコってるので、そこにいくとイベントが進行した。いつの間にか持っていた針をボックにあげると、それは母親の形見だったらしい。

また祝福にいくと居なくなってたが、このイベントが次にどうかかわってくるのか見物。


【初めての侵入】

ER-737.jpg

ER-677.jpg

バラの教会に居たヴァレー関連のイベントが全く進む気配がなかったので、これは侵入しないと話が進まないイベントだと理解し、初めての侵入プレイをしてみることに。


ER-738.jpg

ER-739.jpg

何度か他のプレイヤーの世界に入ったが、すぐに元の世界に返されることばかり、回線の相性が悪かったんだろうか。

今までのシリーズと同じく、自分が侵入をした場所のエリアに侵入する形だったから、火山館のようにレベルマッチングしやすそうなところだとすぐマッチングした。

ようやく入れた!と思ったら、相手のホストと協力者3人にボコられてすぐ死んでしまった。もう侵入やめる!


ER-740.jpg

すると、侵入したことが認められ、血の君主''モーグ様''とともに一緒に頑張ろうみたいなことを言われて驚く。

モーグって王都の地下に居たやつか!あいつとヴァレーに関わりがあったとは。しかも血の君主ってことは、ギデオンが言ってた残りのデミゴッドの1人では!?

まだ見つかってなかったデミゴッドの情報が分かってきた。


ER-742.jpg

最後の仲間になる試練みたいなものとしてヴァレーから布切れを渡され、この布を巫女の血で汚してこいと頼まれる。

主人公は巫女無しなので、誰の巫女の血でも構わないとのこと。

巫女といったらメリナちゃんか、あの盲目のハイータくらいしか思いつかないぞ。


【シャブ厨のハイータ】

ER-743.jpg

ハイ-タはもはやシャブリリのブドウを2回くらい渡したら、欲しくてたまらない立派なシャブ厨になってしまってるし。

…うーん、こいつを殺すべきなのか?シャブリリのブドウがこれ以上見つからなかったら、その辺も考えておこう。


次回の記事はこちら。

【エルデンリング】 プレイ日記・感想その9。ラニ様イベントを追って。

今回の記事は、主にラニ様イベントオンリーになっております。実は、前回の火山館探索と同時進行で進めていたこのイベント。もっと順序がバラバラになってるはずだけど、なるべく1つにしてまとめて分かりやすくしてみた。ネタバレ注意。...



関連記事
SSX
Admin: SSX

自分が面白そうならとりあえずプレイしてみる雑食ゲーマー。特に格ゲーや、ゲーム音楽などが大好物。アニメや映画といった映像作品も好き。

気軽にコメントや、Web拍手等をしていただけると喜びます。




◆現在プレイ中
グラブルリリンク、スト6、PSのゲームカタログ

◆適当な一言
3月まで早速のゲームラッシュ。とりあえずリリンクは買います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

There are no comments yet.
エルデンリング
雑記 (104)
絶ニュース (18)
アニメ (47)
FC2ブログ (16)
フリーソフト (4)
有料・フリーゲーム (23)
Xbox360全般 (55)
周辺機器 (6)
XBLA (11)
ストリートファイター4 (11)
スーパーストリートファイター4 (10)
ウルトラストリートファイター4 (3)
ストリートファイターX鉄拳 (5)
Bioshock1・2 (4)
ボーダーランズ (6)
ボーダーランズ2 (10)
Dead Space (3)
End of Eternity (4)
バイオハザード6 (3)
PS全般 (117)
FF14 (24)
FF12 (2)
FF13 (3)
FF10 (4)
FF9 (10)
FF8 (3)
FF7 (8)
ドラクエビルダーズ (4)
デモンズソウル (10)
ダークソウル (13)
ダークソウル2 (12)
ダークソウル3 (2)
エルデンリング (15)
仁王2 (13)
グラブルリリンク (7)
ストリートファイター5 (6)
ストリートファイター6 (13)
BBCP (5)
GBVS (17)
GUILTYGEARシリーズ (22)
魔界戦記ディスガイアシリーズ (11)
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 (4)
逆転裁判シリーズ (3)
ライフイズストレンジ (2)
バイオハザードHDリマスター (3)
ToX (9)
戦場のヴァルキュリア (4)
MHW (6)
MHP3 (6)
イース7 (3)
ダンガンロンパシリーズ (4)
英雄伝説 軌跡シリーズ (16)
勇者30シリーズ (6)
ペルソナP3 (5)
ペルソナ4G (10)
イース セルセタの樹海 (6)
イース8 (3)
討鬼伝 (4)
SEKIRO (5)
Wii・Switch全般 (33)
ゼルダの伝説シリーズ (10)
アークライズファンタジア (10)
零~月蝕の仮面~ (3)
ToG (5)
斬撃のレギンレイヴ (4)
ゼノブレイド (4)
朧村正 (4)
DS/3DS全般 (14)
世界樹の迷宮シリーズ (7)
スーファミミニ (4)
iPhone (18)
テラバトル (21)
白猫プロジェクト (9)
グランブルーファンタジー (44)
グラフィティスマッシュ (3)
アナザーエデン (3)
映画 (12)
デジタル機器 (8)