絶体絶域

【エルデンリング】 プレイ日記・感想その6。星が落ちた場所。複数ボスは嫌なんです。

2022/03/20
エルデンリング 0
ER-493.jpg

強敵ラダーンを倒し、次に向かう場所は星が落ちた場所とやらに向かうことに。

どんどん多くなってくる複数ボス、そして英雄墓という理不尽なダンジョンに嫌気を差しながら、褪せ人稼業はまだ終わらない。ネタバレ注意。



関連記事はこちら。

【エルデンリング】 プレイ日記・感想その5。ラダーン祭りという激闘の記録。

ケイリッド方面を新たに探索していく。今回の記事の山場となるのが、デミゴッドの1人であるラダーン戦。ソウルシリーズ経験者ならイケるやろ!とタカをくくってたものの、本作の中で戦かったボスの中では一番強力な相手だった。その記録を残す。ネタバレ注意。...



目次
1.星が落ちた場所を探しに
  1-1.カニを茹でる人
  1-2.VS 竜のツリーガード
  1-3.ストームヴィル城の抜け道
  1-4.閉じ込められたブライヴ
  1-5.英雄墓、許せない
  1-6.赤獅子城再び
  1-7.見えない敵の対処法
  1-8.家族の首というヤバイ武器
  1-9.何だアレは!?
  1-10.デミゴッドは他にも…
  1-11.フィアの正体

2.永遠の都、ノクローン
  2-1.見たことあるような…
  2-2.VS 写し身の雫
  2-3.ノクローンの秘宝
  2-4.どちら様?
  2-5.VS 英雄のガーゴイル

3.深き根の底
  3-1.やだやだのオンパレード
  3-2.VS フィアの英霊

4.永遠の都、ノクステラ
  4-1.アステールの薄羽
  4-2.やっぱりファランクス
  4-3.鉄球許さない
  4-4.更に地下には…
  4-5.ラニ様に報告


※このプレイ日記では、攻略情報を封印、基本はソロプレイで協力はしない(参加は可)、遺灰はボス戦では使わないといった感じのプレイをしています。


【星が落ちた場所を求めて】

ER-479.jpg

ER-480.jpg

今度はノクローンという場所に向かうことになるが、イジーが言うにはリムグレイブにある''星が落ちた場所''に向かって欲しいとのこと。そんな抽象的じゃなくて具体的に教えて欲しかったけど、星が落ちた場所ってどこなのよ?

星が落ちた場所を探しに、またもや探索の旅が始まる。


【カニを茹でる人】

ER-476.jpg

最初は星が落ちた場所がリムグレイブと気付かなくて、色んなところを改めて探索していた。

アルター高原の水辺付近にいたのが、前に出会ったエビを茹でてた人。今度はカニを茹でる人になってた。

これまたきっとあのデカいカニに酷い目にあってしまい、その怒りを食べ物にぶつけてるに違いない。


ER-475.jpg

この茹でたカニ、物理カットを上げてくれるアイテムで値段も安い。

今まで使ってなかったが、これは良い物なのかもしれない。活用していこう。


【VS 竜のツリーガード】

ER-477.jpg

王都ローデイルの前では、またもやツリーガード先輩が守っていた。

今度はさすがに同時の2体ではなかったが、竜のツリーガードという名前の強化版ツリーガードになっていて、攻撃範囲が広くなってたり、遠距離で炎弾を飛ばしてきたりと、手ごわくなっていた。


ER-478.jpg

HPが半分を斬ると強化してくるし、何より敵の攻撃の1回1回が痛すぎる。こんなに減るの?ってくらいダメージを食らってしまう。

遠距離で武器を構えた瞬間にこっちに雷撃が走ってくるのでちゃんと見ながら回避し、これも結構返り討ちにされながら何度目かで一応倒せたが、これまたレベルの足りなさを実感してきた。


ER-482.jpg

ラダーンを倒したことだし、神授塔に向かって大ルーンも取得しておいた。

ゴドリックの大ルーンが能力値を上げてくれるのに対し、ラダーンの効果はHPやFPやスタミナを上げてくれるというもので、使い分けが必要なのかなと思って1回だけ試してみたが…ゴドリックの方でよくない?ってなった。

ゴドリックの大ルーンでも別にHPとかも上がるから、あんまりラダーンの方の価値が分からなかったな。


【ストームヴィル城の抜け道】

ER-483.jpg

ER-484.jpg

また、ストームヴィル城を抜けないとリエーニエに行けない、つまりゴドリックを倒さないといけないと思ってたのに、フレンドの方が倒さずにリエーニエ方面に進んでるのを見て、自分でも確認した結果、ストームヴィル城の横道から普通に抜けて行けることに驚く。

ストームヴィル城の意味とは一体!?むしろ、本当にどの順番でもいいから攻略出来るようにしてるんだろうか。まぁでも多分大体の人は、ゴドリックが最初に倒すデミゴッドだとは思ってるけど。

いきなりラダーンから倒す人が居たら、それはもう勇者に違いない。でも、そういう楽しみ方も面白いかもしれない。


【閉じ込められたブライヴ】

ER-485.jpg

相変わらず星が落ちた場所が分からず近くをかけまわってると、どこかで聞いたような犬の遠吠えみたいな声が聞こえた。

どうやらこのダリウィルが居た封牢から聞こえてくるらしく、話しかけてみると閉じ込められてたブライヴが居た。


ER-486.jpg

とりあえず、封牢から解放してあげることに。

話を聞いてみると、あの巨人のイジーに危険だからと閉じ込められたらしい。そんなことあるのか?

むしろ、このブライヴをここで助けなかったらどうなってたんだろう。いや、助けてしまったが故に、今後の展開が変わってしまうんだろうか。


【英雄墓、許せない】

ER-487.jpg

王都のすぐ側にある『アウレーザの英雄墓』が許せない。

ここが本当にアレがアレすぎて、そこら辺をうろうろ回ってる大きな殺戮マシーンに少しでも触れただけで、即死レベルのダメージを食らってゲンナリする。


ER-489.jpg

道も細いところを通らされたり、とりあえず難しくしたらいいんだろ?みたいな、昔のファミコンゲームを悪く今風にしたダンジョンだった。


ER-488.jpg

しまいにはここに出てくるボスが、2体の坩堝の騎士。

2体なのはまだ良い、それが坩堝の騎士ってもう無理じゃん。1体ですら辛いのに。ただでさえこっちの攻撃で怯まないこいつらをどうしろというんだ。

まぁ遺灰を使えっていことなんだろうけど、マジで遺灰前提の調整すぎないかこれは?どっちにしろ今すぐ倒さないといけないわけではないので、ここはもはや放置しておく。


【赤獅子城再び】

ER-491.jpg

ラダーンで苦戦してる人は居るだろうし、協力して手伝ってみようかなと思い、再び赤獅子城に向かう。

城にワープすると様子がいつもとおかしい。全然人が居なかった城内に人が戻ってきている?

もしかして、ラダーン祭りというイベント時だけ特別な条件でそうなってたのかもしれない。開かなかった扉開くようになったりと、ようやく赤獅子城を攻略してる気分になった。


ER-490.jpg

ボスも用意されていて、ここでは坩堝の騎士と混種の戦士の2体同時ボス。

まーた複数ボスかよ。

なんかゲームも後半気味になると、どんどん雑になってきたような…これまた勝つのが辛すぎたんで、ひとまずここも保留。もうちょと強くなったらイケるでしょう。



ER-492.jpg

アルター高原の方では途中に『古龍ランサクス』という、いかにもヤバそうな竜の襲撃を受ける。

いきなりボスかよ!?と頑張って程度善戦してたが、ある程度HPを減らせるとどっかに行ってしまった。なんだったんだこの壮大な冷やかしは…。


【見えない敵の対処方】

ER-494.jpg

『賢者の洞窟』という場所の最深部では、ボスが2種類居た。2体ではなく2種類。

普通に進んで戦いそうなのがこの『黒き刃の刺客』 今までも何回か戦ったことあるが、最初から完全に姿が完全に消えてるという特殊なボス。


ER-495.jpg

消える相手の対処方として考えたのは、バトル漫画とかであるように見えないんなら全体攻撃をすればいいんでは?という結論になり、ひたすら隕鉄の刀の戦技である、範囲攻撃のグラビタスを撃っていた。グラビタス!


ER-498.jpg

それでも何度か失敗してしまい、そういえば変わったアイテムを商人が売ってたような…と買いに行ったのがこの松明。

この松明を掲げると、実際に見えなくなってた敵の姿も見えるようになり戦いやすくなるはず…が、ある意味戦いにくくなってしまった。姿が見えると相手も通常時と同じような行動をしてくるため、逆に見えない状態でこっちが全体攻撃連発した方が、いくらか戦いが楽だった。

こういうときに役立つグラビタス!困ったときのグラビタス!みんなも一緒にグラビタス!



ER-496.jpg

もう1体は洞窟内の隠し道の先に居る、死術士ガレス。

そんなに強くはなく、この出してくる怨霊の攻撃にさえ気を付ければ良い。


【家族の首というヤバイ武器】

ER-497.jpg

ガレスを倒しての戦果がこちら。『家族の首』というキマってるネーミング武器を入手。

実際にこのフレイルのような武器の先にぶら下がってついてるガイコツは、家族の首に似せて作っているらしく、戦技ではその家族の怨霊を呼び寄せるというもの。

一応魔力武器で面白そうなので、これも強化していってサブ武器として使っていってる。怨霊呼ぶのは結構楽しい。


ER-504.jpg

最初は怯えていて弓矢でチマチマ攻撃した竜も、今では近接でぶった切れるようになり、弓もあまり使わくなっていった。

自身の成長を感じる。



【何だアレは!?】

ER-505.jpg

ケイリッド方面を探索してると、遠くから見た景色に見慣れないオブジェクトを発見。

岩が…浮いている…?


ER-506.jpg

場所がリムグレイブの霧の森付近だったので、近くまで行って確認してみることにする。

こんなの今まであったっけ?

ここら一帯が大きな大穴が開いていて、下に降りられるようになっていた。もしかして、これが''星の落ちた場所''ってやつか!数時間彷徨ってようやく見つけたよ。


ER-507.jpg

ここから下に降りて向かうことに。


【デミゴッドは他にも…】

ER-512.jpg

その前に…ちょっとした衝撃の事実を話したい。

円卓に戻ってギデオンに話かけると、最初に説明された5人のデミゴッド以外に、更に4人のデミゴッドが居ることが判明。


ER-513.jpg

聖樹のミケラ、不敗の剣マレニア、血の君主と呼ばれるもの、そしてレナラの娘のラニ様もこの中の1人らしい。

多分絶対倒さなくちゃいけない…ってことはないと思うけど、時と場合によっては倒す隠しボス的な位置づけなんだろうか。

最初から言ってくれ、ギデオンよ。結構大事なことだぞ。


【フィアの正体】

ER-353.jpg

ER-354.jpg

また、これはそれなりに前のことに起きたイベントだけど、何度かフィアに抱かれると、ある短剣をその持ち主に返して欲しいと頼まれた。

その短剣の持ち主を知ってるという円卓のDという人物に渡してまたやってくると、今度はそのDが奥の部屋で倒れていた。どうやらフィアが殺したっぽい?


ER-355.jpg

フィアは自分の名を告げて、またどこかに去っていった。うーん、ずっとDを殺すのを狙ってたんだろうか。


【永遠の都ノクローン】

ER-508.jpg

さて、星が落ちた場所から下にどんどん向かうと、『永遠の都ノクローン』に辿り着いた。ここがブライヴとかが探してた場所か。


【見たことあるような…】

ER-510.jpg

ここで出てくる敵が黒いスライム状の形をしており、そこから飛び出した槍で攻撃するという、なんともソウルシリーズ経験者なら見たことあるような相手。

君、デモンズなんとかに出てなかった?


ER-511.jpg

ノクローンの場所は、シーフラ河の上層にある。

そういえば、ブライヴが上の方にノクローンがあるのは分かってるみたいなことを話してたけど、てっきりもっと上の空の話かと思ってた。まさか本当に頭上の話だったとは。


【VS 写し身の雫】

ER-517.jpg

ここでのボスが面白く、写し身の雫というこっちの見た目をまんまコピーしてくるボス。

武器や防具、更には持ってる消費アイテムまでもコピーして戦ってくる。

これこっちが裸のすっぴんなら相手もそうなりそうな気がする。試しとけばよかった。


ER-516.jpg

そして、相手にして分かるのが、愛用している名刀月隠の強さ。攻撃速度早すぎだよ、ズルいぞその居合からの戦技!

結局相手のAIに限界はあるのでそこまで強くはなかったが、戦ってて面白いボスだった。ここで他の人と協力プレイしてみたら色んなボスと会えそうだ。


ER-519.jpg

ノクローンでもシーフラ河と同様に、いくつか用意されてる燭台に火を灯していくことになる。


ER-520.jpg

ここでは霊体じゃなく、祖霊の民の生身の方が相手。

弓を使う鬼のような追尾スナイパーが居なくて本当に助かった。

やたら良い声で歌ってるのが、多分こいつらのリーダー枠みたいなやつ。そんなに強くはない。


ER-523.jpg

今のところ使ってる武器は、名刀月隠、隕鉄の刀、家族の首ときて、他にサブ武器として『打刀』を色んな属性に変えながら使ってる。

戦灰によって属性も変えれちゃうから、通常強化の武器の汎用性が高いのがいいところ。むしろ別にこれだけでも良いといえばいい。


【ノクローンの秘宝】

ER-525.jpg

ノクローンを進んでくと、『指殺しの刃』という秘宝を発見。これをラニ様が欲しかったがためにここまで来たんだ。あとで渡しておこう。


【どちら様?】

ER-526.jpg

ER-527.jpg

またノクローンでうずくまってた人に話しかけると、Dが装備していた装備一式を上げるイベントに。

全部あげるとダリア…と少しだけ声を発した。Dとどういう関係の人なんだろうか。


【VS 英雄のガーゴイル】

ER-528.jpg

広い場所に出ると、ボス戦になるのが英雄のガーゴイル。

ガーゴイルって名前、そして今までの展開からして凄く感じることがあった。

これって絶対1体じゃないよね?と。


ER-529.jpg

はい、予感的中でもう1体の乱入。だってガーゴイルだもん。

2体目のガーゴイルは持ってる武器が違い、双刃剣を持っていた。武器が違えどどっちも攻撃のリーチが広く、避けるのが大変。


ER-530.jpg

ここでも何度も死んだが、攻略法はもう遠距離からの魔術くらいしか思いつかなかった。ラダーン戦でも活躍した魔術の岩石弾を、何度も距離を離しながらぶつける。

近距離で戦ってたらもう1体が近づいてきちゃうし、安定してダメージを与えられるとしたらこれしかなかった。


ER-531.jpg

もはや回復もなくなり、瀕死の状況で毒状態になりながらも最後の一撃を与える!!倒したと同時にこっちも丁度毒で死んでしまった。

でも、相打ちは実質勝ちなのでオッケー。ふぅ…疲れた。いや、もう複数戦やりたくないんだけど!


ER-532.jpg

近くに棺桶があったので、中にお邪魔する。おいしょっと。

さっきからシリーズの懐古発言で申し訳ないが、この棺桶に入るという展開も実に懐かしさがある。


ER-533.jpg

棺桶ごとどこかに運ばれるムービーが入る。

スクショの絵だけみたら、この後まるで爆発しそうな色してるな。


【深き根の底】

ER-534.jpg

棺桶ごと運ばれて着いたのが、『深き根の底』と呼ばれる場所。

マップを見て場所を考えると、王都にあるあの巨大な黄金樹の根本あたりなのかな。


【やだやだのオンパレード】

ER-535.jpg

ER-536.jpg

ここにはあの巨大アリが出てくるし、しかも飛んで攻撃までしてくる。

やだやだ。


ER-537.jpg

俺の出番か?とやたらとバジリスクも出てくる。

やだやだ。


ER-538.jpg

ちゃんと弓も駆使して進めていくが…


ER-541.jpg

坩堝の騎士がこんなところにも居た。

攻撃が滅茶苦茶痛い。


ER-542.jpg

相変わらず、死ぬ。

坩堝の騎士もやだー!

一応、坩堝の騎士も剣と槍タイプの2種類が居て、個人的には槍タイプの方が隙が多くてやりやすくはあった。


【VS フィアの英霊】

ER-543.jpg

ボス戦。フィアの英霊というあんまり強くないのが1人だけ出てくる。

これもまぁ察しということで…


ER-544.jpg

最終的には、3対同時を相手することに。

というよりも、''フィアの英霊''って名前の時点でここで倒しちゃっていいんだろうか?となって、ボス自体の攻略をここは保留にしておいた。

フィア自体どこに行ったんだよってかんじで気になってるし。こいつらを倒しちゃうと、今後のイベントが無くなるとかなるかもしれないし。


ER-539.jpg

棺桶をまた発見したので入ってみる。

棺桶の中は落ち着くんだ。


【永遠の都市 ノクステラ】

ER-540.jpg

今度は着いた先が、エインセル河の地図に言うと上側部分。

ここもどうやって上側に行くんだろ?ってずっと思ってたから、その疑問が解けたのが嬉しい。



【アステールの薄羽】

ER-545.jpg

ER-546.jpg

『アステールの薄羽』という魔術技量に良さそうな武器も見つけた。

強攻撃に魔法の斬撃が付き、戦技では複数戦に使える優秀な武器。これも強化して使っていこう、どんどん手持ちが増えて楽しいぞ。


ER-547.jpg
複数の光の弾を前方周囲にバラまき、そして破裂してダメージを与える戦技。



ER-548.jpg

今度は『永遠の都市ノクステラ』の方に到着。

さっきのノクローンとはまた違い、より雰囲気が出ていて神秘な感じ。

【やっぱりファランクス】

ER-550.jpg

大量の黒いスライムたちが今度は盾を構えて襲ってくるようになる…ってやっぱデモンズに出てくるファランクスじゃんか!

こいつの攻略法は後ろから殴る。終わり。


ER-549.jpg

面倒なので、アステールの薄羽の戦技を使って殲滅。使い勝手良くて素晴らしい。

【鉄球許さない】

ER-551.jpg

この道中にたまに出てくる鉄球の嫌らしさよ。

魔術学院の時ではただ転がってるだけだったけど、最近の鉄球は意思を持って襲ってくるから困る。舐めてたら圧死する。

舐めてたわけではなかったけど、敵との波状攻撃に華麗に圧死した。



ER-552.jpg

そんな鉄球にはこうやって地の利を生かして攻略するんだ!

フハハ!突っかかってやがる。褪せ人の知恵を舐めるんじゃない!



ER-553.jpg

ノクステラの奥では、『ノクステラの月』という伝説のタリスマンを手に入れた。

伝説の武器シリーズってタリスマンもあるんだ。記憶スロット増やすのはもう十分足りてるから別にいらないかな。


【更に地下には…】

ER-554.jpg

ノクステラを探索したがボスは居ないらしく、更に地下に行けるようになって進んでいくと…


ER-555.jpg

『腐れ湖』というなんともヤバそうなところに到着。

え、ここも攻略しないといけないの?すっごい行きたくない。


ER-556.jpg

辺り一面赤い海。ここに入ると『朱い腐敗』の状態異常になってしまう。

朱い腐敗は毒よりもHPが減るのが早い状態異常。これは対策しておかないとキツいな。

FFのリボンみたいな状態異常防止防具ってこのゲームには…あるわけないよね。地下生活も疲れたので、ここら辺で一旦撤退することにした。


【ラニ様に報告】

ER-557.jpg

ラニ様に報告し、ノクローンの秘宝を渡す。

ブライヴが来ると思ってたと言ってたが、そういえばブライヴはどこに行った?


ER-558.jpg

感謝のお礼にと『カーリアの逆さ象』というアイテムを貰った。

あの途中で進めなくなった書院に使えるアイテムらしく、これを使えば先に進めるようになるかも。

ミッション完了にてラニ様に仕える仕事も終わってしまった。少し寂しい気持ちになる。


ER-559.jpg

ER-560.jpg

イジーにも報告をして感謝の言葉を言われる。

ラニ様関係のイベントを進めてるが、これが果たしてどういう結果になっていくのか、そして更なる複数のボスが押し寄せてくるのか?次回はようやく王都の方を攻略予定。
関連記事
SSX
Admin: SSX

自分が面白そうならとりあえずプレイしてみる雑食ゲーマー。特に格ゲーや、ゲーム音楽などが大好物。アニメや映画といった映像作品も好き。

気軽にコメントや、Web拍手等をしていただけると喜びます。




◆現在プレイ中
グラブルリリンク、スト6、PSのゲームカタログ

◆適当な一言
3月まで早速のゲームラッシュ。とりあえずリリンクは買います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

There are no comments yet.
エルデンリング
雑記 (104)
絶ニュース (18)
アニメ (48)
FC2ブログ (16)
フリーソフト (4)
有料・フリーゲーム (23)
Xbox360全般 (55)
周辺機器 (6)
XBLA (11)
ストリートファイター4 (11)
スーパーストリートファイター4 (10)
ウルトラストリートファイター4 (3)
ストリートファイターX鉄拳 (5)
Bioshock1・2 (4)
ボーダーランズ (6)
ボーダーランズ2 (10)
Dead Space (3)
End of Eternity (4)
バイオハザード6 (3)
PS全般 (118)
FF14 (24)
FF12 (2)
FF13 (3)
FF10 (4)
FF9 (10)
FF8 (3)
FF7 (8)
FF3 (3)
ドラクエビルダーズ (4)
デモンズソウル (10)
ダークソウル (13)
ダークソウル2 (12)
ダークソウル3 (2)
エルデンリング (15)
仁王2 (13)
グラブルリリンク (10)
ストリートファイター5 (6)
ストリートファイター6 (14)
BBCP (5)
GBVS (17)
GUILTYGEARシリーズ (23)
魔界戦記ディスガイアシリーズ (11)
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 (4)
逆転裁判シリーズ (3)
ライフイズストレンジ (2)
バイオハザードHDリマスター (3)
ToX (9)
戦場のヴァルキュリア (4)
MHW (6)
MHP3 (6)
イース7 (3)
ダンガンロンパシリーズ (4)
英雄伝説 軌跡シリーズ (16)
勇者30シリーズ (6)
ペルソナP3 (5)
ペルソナ4G (10)
イース セルセタの樹海 (6)
イース8 (3)
討鬼伝 (4)
SEKIRO (5)
Wii・Switch全般 (33)
ゼルダの伝説シリーズ (10)
アークライズファンタジア (10)
零~月蝕の仮面~ (3)
ToG (5)
斬撃のレギンレイヴ (4)
ゼノブレイド (4)
朧村正 (4)
DS/3DS全般 (14)
世界樹の迷宮シリーズ (7)
スーファミミニ (4)
iPhone (18)
テラバトル (21)
白猫プロジェクト (9)
グランブルーファンタジー (44)
グラフィティスマッシュ (3)
アナザーエデン (3)
映画 (12)
デジタル機器 (8)