絶体絶域

【FF4CC】 PSP版FF4のクリア後の振り返りプレイ日記・感想その2。

2022/01/27
PS全般 0
FF4-50.jpg

PSP版FF4の振り返りプレイ日記・感想その2。

FF4本編クリアまでの流れと、総合的に良かったところ、気になったところのまとめ。ネタバレ注意。



前回の記事はこちら。

【FF4CC】 PSP版FF4のクリア後の振り返りプレイ日記・感想その1。

PSP版のFF4コンプリートコレクション、通称FF4CCの本編をクリアした。レビュー形式のようにまとめて感想を書いてしまうと味気ないなと思い、その時に自分の中で思った感想をそのまま書いていきたかったので、プレイ日記形式で振り返りながら書いていくことにしてみた。今更それを言うゲームでもないと思うけど、ネタバレ注意。...





【ゼムスって誰】

FF4-42.jpg

魔導船を手に入れ、月にも行けるようになり、月の場所で聞いたのが『ゼムス』という名前。

伏線あったか?というレベルで唐突に聞く名前に困惑。要は悪だとおもってたゴルベーサすら、このゼムスに操られてたらしい。マジかよ。


FF4-43.jpg

カインが抜けたことにより1人空いていたPTも、月の民である『フースーヤ』も仲間になって無事に埋まった。

レベルが1人だけ50という高さで抜けてたり、ほとんどの魔法が使えたりという明かな強キャラ。ゲーム的に、これは途中で仲間から外れるなと察することも出来た。


FF4-44.jpg

フースーヤを仲間にして、まだ挑んでなかった『幻獣の洞窟』や『シルフの洞』窟に挑もうとしたら、バブイルの巨人関連の強制イベントが始まる。


FF4-45.jpg

強制的にバブイルの巨人内に入り、テレポで脱出しようと思うもそれすら叶わなかった。

月に向かった辺りから敵のレベルがグンと上がって辛かったので、ここら辺でレベル上げをすることに。

強めの敵にはストップの魔法が効いてくれたので、対策としてちゃんと作ってんなと感心した。


【四天王再び】

FF4-46.jpg

ここでも熱い展開なのが、倒してたと思ったゴルベーザ四天王の復活。ゼムスが復活させたらしい。

ルビカンテもちゃんと前回の戦いを学習して、お前らが複数でくるならこっちも複数でいくからな!と、四天王全員でかかってくることに。


FF4-47.jpg

『さぁ、回復してやろう!』

またもや回復してくれる紳士。

いや、あの…多分そいういう真面目すぎるところが負ける原因じゃないのでしょうか。


FF4-48.jpg

四天王と次々と戦うことに。

もはや語ることすらしてなかった四天王2人目のカイナッツォがパワーアップしていて、雷の魔法で相手の攻撃をキャンセル出来ないようになってた。その後にやってくる大津波の攻撃が強力。

フースーヤがメテオを使える事を知り、使ってみたらタイミング悪かったのかまさかの9999ダメージを回復される事態に。こいつ…強いぞ!!


FF4-49.jpg

一番強かったのがバルバリシア。

こころないてんしのような『ミールストーム』という技を使ってきて、全体瀕死攻撃を使ってくるようになる。アクティブでやってるお陰もあって滅茶苦茶苦に焦る。逆に、1回目の頃が一番強いと感じたルビカンテが、ほどほどの強さになってた。


FF4-50.jpg

またも試される知力。

バブイルの巨人を中から破壊するため、せいぎょシステムを壊す戦い。

『ぼうえいシステム』が本体を回復し、『げいげきシステム』が常にこっちを全体攻撃してくる。このオプションである2体を倒したら、今度は本体が即死系の魔法を使ってきたり、消えた2体を復活させてきたりと厄介な相手。

何度かループして3回目くらいになったときに気付く。げいげきシステムだけ残して本体を攻撃すればいいのでは?と。これもまさに正解で、本体も特に行動しないため簡単に倒せた。頭の体操ゲームだった。


FF4-51.jpg

FF4-52.jpg

ゴルベーサも操られていたということで、元月の民であるセシルの実の兄だということが判明。

何かしら関係があるなとは思ってたが、まさかの兄だったとは。最初は父親なのか?と疑ってたが、父親の声は試練の山で聞こえたし、さすがに違うかったか。ダースペーダーとはならず。


【試練の洞窟】

FF4-55.jpg

FF4-57.jpg

バブイルの巨人から脱出し、ミシディアという村に行くと、サブメンバーも編成が可能になった。

石化したパロムとポロムもいつの間にか治ってた。石化は自分の手で治したかったのに!

ここは原作にはない要素らしく、この後に『試練の洞窟』という場所に行ってみることに。


FF4-56.jpg

FF4-58.jpg

試練の洞窟の最深部では武器が落ちていて、これを調べるとボス戦に。ここで勝つと、対応するキャラクターの最強武器が手に入る仕組み。

いつものスタメンじゃなくて大丈夫かな?と不安もあったが、ここでもパロムが強すぎてまったく問題がなかった。つよがるの後のクエイクとかの威力は、もはやリディアよりも全然強い。

ギルバートだけはHPがやたら低く、戦いも最弱レベルで、どういった使い方があるのか終始謎だった。

【ラストダンジョン】

FF4-61.jpg

ラストダンジョンである、『月の地下渓谷』に向かう。

メンバーを入れ替えられるようになったとはいっても、やっぱりセシル、リディア、カイン、ローザ、エッジのスタメンで向かってみたかったからそのままで。

まぁここに出てくる敵が強くて強くて、12階くらいまであるという驚きの長さ。何回か普通に全滅してはここに戻ってくることになったが、ここで流れる曲が赤い翼の曲なのもあって、この曲が非常に印象に残ってしまった。


FF4-60.jpg

ここに落ちてる最強の武器とかを護ってるボスとかも強いのが多くて大苦戦。

このダークバハムートなんて、最初にお試しのように『メガフレア』を撃ってきて、こっちはほぼ全壊してしまう。何度かチャレンジして、フェニックスの尾で蘇らせながら倒した。

いやー、しんどい。月の地下しんどいよマジで…。


FF4-67.jpg

最深部、ゼロスのところに向かうと、既に先に向かっていったゴルベーザとフースーヤが戦ってた。


FF4-72.jpg

『いいですとも!』

フースーヤの掛け声に対し、妙にテンションの高いゴルベーザ。

結局、ゼムス自体はこの2人で倒してしまうことになる。お前ら2人で倒せるなら僕たちは何なんだ…とセシルは思ったに違いない。

【VS ゼロムス】

FF4-62.jpg

まぁさすがにそれで終わりじゃなく、ゼロスの憎しみが概念化した『ゼロムス』というラスボスの登場。

そのあまりの強さに、ゴルベーサやフースーヤ、そしてセシルたち皆が倒されてしまう。


FF4-63.jpg

そこにミシディアに居た人々の祈りが…


FF4-64.jpg

月という遠く離れた場所であっても人々の願いが届き、セシルたちが次々に復活していく。

ここではあのFFのメインテーマが流れながら復活していくという演出。この演出はとても素晴らしく、プレイヤーとしてもかなり燃え上がった!


FF4-65.jpg

…が、ラスボスもラスボスだけあって、一筋縄ではいかない強さ。セシルがクリスタルを使って正体を暴くと、ラスボス戦のゼロムスが始まる。

何はともあれ『ビックバーン』という全体高威力技が強力すぎる。HP2000以下くらいのリディアは、まず耐えられない。

他にも色々技があるが、このビッグバーンという技を食らってどこまで立て直せるかが鍵。回復薬のローザはもう無駄な攻撃しないで、ずっとケアルガによる回復のタイミング待ちに徹してた。

初見で挑むも、なすすべもなく全滅。レベル的に無理と感じで出直して、3くらい上げて挑むもまた全滅。3度目にしてようやく…!

まさにギリギリの戦いだった。ラスボス戦で流れる『最後の戦い』の音楽も、一部ゴルベーサ四天王の音楽っぽいリズムもあって、盛り上げてくれた。


FF4-66.jpg

クリア時のレベル・クリア時間がこんな感じ。

多分、もっとレベルが高かったら楽だったと思う。リディアは常に床ペロ状態だったし、終盤になると魔法カウンターとかの敵が多くなって、もはや信じられるのは物理攻撃のみよ!と脳筋思考になっていった。


FF4-68.jpg

そして、エンディング。

色々と諸悪の根源であったゴルベーザが実は操られた兄だと知り、複雑な感情ながらも最後の最期に『兄さん』と呼ぶことが出来たセシルを称えたい。

セシルの部屋でローザと共に、月で別れたゴルベーザともう会えなくなると察する展開。この時にエンディングで流れた曲も『愛のテーマ』に代わる。ここのアレンジが見事にマッチしてて、うわぁぁーとなってしまったt。

愛のテーマは、FF4をやる前では別れる際に流れる悲しい曲だと思ってたので、それが見事に自分の中でマッチした瞬間だった。


FF4-69.jpg

最後、セシルとローザが結婚して結ばれて無事に終わり。

カインだけは合わせる顔がねぇ!と、試練の山で修行してるそうです。


FF4-70.jpg

FF4-71.jpg

クリア後にドワーフの城にある『開発室』とやらにお邪魔する。

イトケンに聖剣伝説をお願いされたり、FF産みの親である坂口博信さん、音楽担当のノビヨさんも居たりと、豪華メンバーにほっこりした。


【良かったところ】

ゲームをクリアしたので、改めて良かったところ、気になったところを語っていく。

【グラフィックと音楽】

FF4-30.jpg

グラフィックは最初明らかにツクールぽい見た目なのが気になってたが、それは段々慣れていった。魔法のエフェクトなんかはカッコよく、敵のグラフィックも多分原作に近い感じになって良く出来てるとは思う。まぁ、戦闘時の味方キャラクターのグラフィックはもっとカッコよくできたと思うけど…。


音楽もすこぶる良かった!

PSP版では、オプションからいつでも『アレンジ版』に変えらるようになってるけど、基本的には大体は原曲の方が好き。飽きたらアレンジ版って感じで変えながら遊んでた。バロン城とかフィールドは、アレンジの方が好き。

基本的に戦闘で盛り上がるバトル2、更に盛り上がるゴルベーザ四天王、愛のテーマ、リディアのテーマ、ラスダンで頭から離れなくなった赤い翼など、クオリティは高い。

特にゴルベーサ四天王の曲に関しては、今作をプレイして一番好きになったかも!


【クスっと出来る演出】

序盤のセシルや、ゴルベーサやルビカンテといった敵キャラ、そしてカイン含め、真面目にやってるんだけど、結構笑いどころになってるシーンが多かったのが面白かった。これらは狙って出せるようなもんではないと思う。

再度書くことになるが、最後のラスボス戦の演出は本当に良かったと思う。


【気になったところ】

ここからは気になったところについて。

【アイテム制限】

FF4-28.jpg

結構色んなアイテムがあって、それぞれ敵に合わせて使えるアイテムがあるっぽいのに、アイテム制限のせいで色んなアイテムを持ちにくいというのが難点。原作がその使用ならまだ分かるが、正直PSP版だったらそこを撤廃してくれても良かった。アイテム制限されるということが、特別に面白さに繋がってるとは思えないので。


【エンカウント関連】

エンカウント率が無駄に高い。

これに関しては昔のゲームだからということも言えるし、割とすぐ逃げやすい仕様になってるからまだ良いとしても、それにしても不意打ちやバックアタック率が高すぎる。

『逃げる→バックアタック→逃げる→バックアタック→逃げる→不意打ち』とか続いたときはアホかと思ったし、それが割と起きるバランス。

不意打ちやバックアタックされると即逃げるは出来ない仕様になってるのも含めて、ここは只のストレスでしかなかった。(特にラストダンジョン)


【SE関連の酷さ】

これはきっとPSP版ならではのダメなところ。

敵を攻撃した時の音とかがショボい。しかも音のバランスが合ってないので、PSPをイヤホンを付けてノリノリでやってても、SE音の五月蠅さにびっくりすることがある。

一番酷いと思ったのが、ドアを開ける音。普通ならガチャって音がしそうなところを、『ドゴォン!』と、蹴破ったような音で毎回開ける。五月蠅くて仕方がない。これに関して作るときに何も思わなったのか。

SEに関しては、明らかにダメダメだった。


【総評】

FF4-29.jpg

一応まだ気になるところとしてはストーリー全体に関しても、何で船を襲ったリヴァイアサンが最終的に仲間になるんだ?とか、仲間の死ぬ死ぬ詐欺多いなとか、リディアはもうちょっとキャラを深堀してほしかったかなとか、あったりはする。幻獣界に行ってた時、どういう想いでリディアが居たのかが気になった。

ともあれ、総合的にゲームとしては最後まで楽しくやれた!最後の方で難易度が急上昇したが、そこまでは結構良いバランスだったと思う。


【まだ終わりじゃない】

このFF4CCには本編の他に、後日談であるインタールード、そして続編であるジ・アフターも一緒に同梱されている。続編では本編よりも更に年数が経っているんだとか。

そっちも遊ぶ予定なので、そっちをクリアしたらまた記事を書く予定。本編クリアしただけで綺麗に終わってはいるので、そこで燃え尽きたところはちょっとあるけどw

ひとまずお疲れ様でしたってのと、生まれ変わって悪役になったら、相手を回復させる余裕を持ちたい。
関連記事
SSX
Admin: SSX

自分が面白そうならとりあえずプレイしてみる雑食ゲーマー。特に格ゲーや、ゲーム音楽などが大好物。アニメや映画といった映像作品も好き。

気軽にコメントや、Web拍手等をしていただけると喜びます。




◆現在プレイ中
グラブルリリンク、スト6、PSのゲームカタログ

◆適当な一言
3月まで早速のゲームラッシュ。とりあえずリリンクは買います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

There are no comments yet.
PS全般
雑記 (104)
絶ニュース (18)
アニメ (47)
FC2ブログ (16)
フリーソフト (4)
有料・フリーゲーム (23)
Xbox360全般 (55)
周辺機器 (6)
XBLA (11)
ストリートファイター4 (11)
スーパーストリートファイター4 (10)
ウルトラストリートファイター4 (3)
ストリートファイターX鉄拳 (5)
Bioshock1・2 (4)
ボーダーランズ (6)
ボーダーランズ2 (10)
Dead Space (3)
End of Eternity (4)
バイオハザード6 (3)
PS全般 (117)
FF14 (24)
FF12 (2)
FF13 (3)
FF10 (4)
FF9 (10)
FF8 (3)
FF7 (8)
ドラクエビルダーズ (4)
デモンズソウル (10)
ダークソウル (13)
ダークソウル2 (12)
ダークソウル3 (2)
エルデンリング (15)
仁王2 (13)
グラブルリリンク (7)
ストリートファイター5 (6)
ストリートファイター6 (13)
BBCP (5)
GBVS (17)
GUILTYGEARシリーズ (22)
魔界戦記ディスガイアシリーズ (11)
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 (4)
逆転裁判シリーズ (3)
ライフイズストレンジ (2)
バイオハザードHDリマスター (3)
ToX (9)
戦場のヴァルキュリア (4)
MHW (6)
MHP3 (6)
イース7 (3)
ダンガンロンパシリーズ (4)
英雄伝説 軌跡シリーズ (16)
勇者30シリーズ (6)
ペルソナP3 (5)
ペルソナ4G (10)
イース セルセタの樹海 (6)
イース8 (3)
討鬼伝 (4)
SEKIRO (5)
Wii・Switch全般 (33)
ゼルダの伝説シリーズ (10)
アークライズファンタジア (10)
零~月蝕の仮面~ (3)
ToG (5)
斬撃のレギンレイヴ (4)
ゼノブレイド (4)
朧村正 (4)
DS/3DS全般 (14)
世界樹の迷宮シリーズ (7)
スーファミミニ (4)
iPhone (18)
テラバトル (21)
白猫プロジェクト (9)
グランブルーファンタジー (44)
グラフィティスマッシュ (3)
アナザーエデン (3)
映画 (12)
デジタル機器 (8)