絶体絶域

【FF9】 プレイ日記・感想その9。いつか帰るところ。クリア後の総評。

2021/12/02
FF9 0
FF9-795.jpg

FF9のプレイ日記・感想もその9で最終回。

ゲームをクリアするまでの流れ、ラスボス、そして最後の総評。アイツとのバトルまでを語っていく。ネタバレ超注意!

すっかり寒くなってきた昨今、いつか帰るところに帰りたくなるもんです、そう…ふかふかのお布団に。


過去の記事はこちら。

【FF9】 プレイ日記・感想その8。気合のチョコグラフ集め。エクスカリバーは最強?

プレイ日記・感想その8。『チョコグラフ』を死んだ目で集めながら、もう最後にやり残してることはないかを確認していく。今回の記事で終わるつもりだったが、ラストダンジョンからの展開があまりに長くなりそうだったから無理だった。何だかんだでここまでちゃんとやり込むことになろうとは…。...




【クリスタルワールド】

FF9-759.jpg

記憶の場所の最奥、『クリスタルワールド』と呼ばれる、クリスタルで出来た場所にクジャが居た。


FF9-760.jpg

そこには全てを司る『クリスタル』があった。

自分が滅ぶのに他の世界が存在してるのを許さないクジャは、それの破壊を目論んでいる。


FF9-761.jpg

FF9-762.jpg

仮にクジャをここで倒しても、もうガイアとテラは融合を始めていて、世界が滅茶苦茶になるらしい。

そんなの関係ない!と、まだ少しの希望にすがるジタン。


【VS デスゲイズ】

FF9-763.jpg

カオスの4体を倒したからさすがにクジャ戦かと思いきや、まだ続く前哨戦のデスゲイズ。

開幕メテオをしてくるのが怖い。デザインがちょっとキモイ。


【VS トランス・クジャ】

FF9-764.jpg

デズゲイズを倒し、ついにやって来たクジャとの戦い。

トランス時のクジャってよく見ると、種族が同じだからかジタンも似たような感じにはなるよなって。こんな変態的ではないけど。


FF9-765.jpg

『フレアスター』という高威力の魔法や、他にも上位の魔法をガンガン使ってくる。素早さが速く、クジャにすぐにターンがいってしまうので、すぐにコマンドで選択しないとターンを譲ってしまいがち。


FF9-755.jpg

回復も間に合わないかと思いきや、もう最後の決戦だからとガチガチのアビ編成にして今まで使ってなかった『いつでもリジェネ』と試しに装備してみると…このゲームの演出の長さとやたら相性が良く、相手の攻撃でダメージを受けても、次の攻撃まのに演出が長いと、その演出中に回復しちゃうという、やたらめったら強いことに気が付いた。

回復がいらないってヤバすぎないか。


FF9-766.jpg

FF9-767.jpg

クジャを倒した!…と思ったら、またもや最後のアルテマ発動。

やられてしまうジタンたち。アルテマは最強だ。


FF9-768.jpg

FF9-769.jpg

意識を失ってたジタンが気が付いて周りを見ると、またもや知らない場所に。そこには倒れてる仲間達も。

戸惑ってると、『永遠の闇』と呼ばれる者が語り掛けてきた。


FF9-770.jpg

FF9-771.jpg

急に出てきて、急に難しい話をしてきて困惑。

永遠の闇は、恐怖や闇を具現化した相手なのかな?


FF9-772.jpg

うるせぇ!と主人公ムーブをして言い返すジタン。


FF9-773.jpg

FF9-774.jpg

『オレたちのことを記憶している誰かがいる限り、その記憶と生命は永遠に繋がっていく…それが生きるってことだ!』



FF9-775.jpg

とにかく、最後の戦い。

最後に選んだスタメン4人に対し、サブメンバーとなる倒れてた仲間が力を分け与えてくれる。最終メンバーは、ジタン、スタイナー、ビビ、エーコ。

ヒロインであるガーネットを倒れたままにしてしまってすまん…。


【VS 永遠の闇】

FF9-776.jpg

今度こそラスボスだ!何か既視感のあるデザイン。

ちゃんと自分にプロテスやシェルをかけて戦ってくるエラいボス。

『青の衝撃』でこちらのHPを強制的に1にしてきたり、特に『グランドクロス』は色んな状態異常を付けてくる技で、そこからの『ニュートンリング』でダメージを与えてくるコンボもヤバイ。


FF9-777.jpg

先ほどのクジャはともかく、永遠の闇では『いつでもリジェネ』パワーがなかったら危なかったかも。

こっちのスタイナーとジタンはHPアップのアビリティを付けてるのもあってHPが高く、早々には死なないようにしている。仮にこの2人が死んでも、エーコのフェニックスがあると思えば安心のお守り不死鳥。

ビビはひたすら『フレア』での火力要因。といっても火力もスタイナーの『ショック』の方が強いんだけど。ラスボス相手にアイテム盗んでも意味ないってことで、ジタンが本当の意味で最初から全力を出せるようになった。


FF9-778.jpg

永遠の闇を倒しても『だがこれで終わりではない…』のラスボスあるある的なことを言って去っていく。

うるせぇ!終わりだよ!お前なんだったんだ。


【脱出開始!】

FF9-779.jpg

無事に永遠の闇を倒したが、イーファの樹が暴走を始め、ここに居ると危険な状態に。


FF9-780.jpg

まるで誰かの声に導かれるかのように、飛空艇でシドが迎えに来てくれる。


FF9-781.jpg

『ジタン、逃げるんだ…』

ジタンにまた聞こえる謎の声。


FF9-782.jpg

FF9-783.jpg

FF9-784.jpg

さっきの声はクジャの声だった。まだ生きてたことを知り、クジャをも助けようとするジタン。

クジャのやったことは許せないけど、それでもその境遇に同情し、憎み切れないところがある。

ジタンとしては自分と同じジェノムっていうのもあるけど、やっぱりほっとけないんだろう。


FF9-786.jpg

FF9-787.jpg

クジャを助ける為、イーファの樹が暴走してる危険なところに向かうため、仲間との別れをして先に脱出を促す。

アレクサンダーの時もそうだったけど、こういうときはいつも1人を選ぶよね。きっと仲間のことを考えてなんだけど。

『ダガー、いや王女様。あなた様を誘拐するお約束はここまでです』

改めてガーネット王女に対し、あえて形式ぶった挨拶をするジタン。

ここからのガーネットの返答が心に残ったので全文を載せます。

【ガーネットの想い】

FF9-788.jpg

『それに、わたくしの方こそ、あなたにお礼をしなくてはいけません』


FF9-789.jpg

『あなたに誘拐していただかなければ、わたくしは自分ひとりでは何ひとつできない、つまらない人間のままだったでしょう』



FF9-790.jpg

『でも、あなたと出会って、いろいろな世界をめぐり、いろいろな人々と出会い、いろいろなこをと学ばせてもらいました』


FF9-791.jpg

『時には大変なこともありましたが、本当に大切なものが一体何なのかを知ることができたように思えます』


FF9-792.jpg

FF9-793.jpg

『これまでの長い旅の思い出は何物にも代え難い宝物になるでしょう。本当に……本当にありがとうございました』

今までの旅であったこと、そして感謝をジタンに伝えるガーネット。

ここのガーネットの本当の心からの台詞に涙腺がゆるんでしまった。


FF9-794.jpg

FF9-795.jpg

FF9-796.jpg

『お願い、かならず帰ってきて……』

最後に別れの言葉を残して飛空艇で脱出し、ジタンだけがその場に残ることになった。


FF9-797.jpg

FF9-798.jpg

そして、今度はクジャを助けに行くジタン。

自分のしたことを考えると、何故自分を助けるのか理解が出来ないクジャ。


FF9-799.jpg

魔の森を脱出する時のように、颯爽と暴走するイーファの木々を搔い潜り、クジャの元へ向かう。


【クジャの最期】

FF9-800.jpg

イ-ファの樹の中には、ボロボロになったクジャの姿があった。

ジタンに、どうしてこんなところにやってきたのかを聞くクジャ。


FF9-801.jpg

『誰かを助けるのに理由がいるかい?』

当たり前のように、クジャにその言葉を返す。こういう言葉を当たり前のように口から出せるのがジタンの魅力だと思う。


FF9-802.jpg

FF9-803.jpg

早くここから逃げようと促すジタンに、自分なんて生きる資格はないとつぶやくクジャ。


FF9-804.jpg

FF9-805.jpg

クジャはジタンたちとの戦いに負けて失うものがなくなり、『生きる』ということの意味が少し分かったという。


FF9-806.jpg

FF9-807.jpg

そこでタイムリミットなのか、クジャは眠りにつき、また暴走するイーファの樹が襲い掛かってジタンたちは閉じ込められてしまう。


【ミコトの道】

FF9-808.jpg

FF9-809.jpg

その時、ミコトもイーファの樹の近くに来ていた。

クジャのやったこと自体は間違いだったが、それでもジェノムに生きる希望を見せてくれたと語る彼女。



【エンディング】

FF9-811.jpg

月日は流れ…舞台は一番最初の始まりの場所でもあった『アレクサンドリア』に移る。ここからのエンディングは、全て自動進行される。

アレクサンドリアに着いたビビ。

ゲームの最初の頃、偽物のチケットを掴まされたことを思い出す。


FF9-848.jpg

FF9-812.jpg

ビビと思って声をかけるパックに対し、『来やすくその名を呼ぶな!』とキレられる。

あれ?ビビじゃない?


FF9-849.jpg

FF9-850.jpg

自分はビビではなく、ビビのこどもだと言う黒魔道士。

『子供』ってどういう…?


FF9-813.jpg

FF9-814.jpg

黒魔道士の子供はパックの事は知ってるらしく、その後にも黒魔道士の子供がたくさん付いてきた。

『子供』といっても実際に子供を作れるわけじゃないし、ジェノムの人がもしかして黒魔道士として新たに作った?


【ビビの語り】

FF9-815.jpg

『毎日、ジタンのことを話したんだよ……ボクたちのとても大切な人がいたって……生きてることの大きさを教えてくれた人だって……』

ここで本当のビビの語りが入り、この後にも何度か他の各キャラのシーンで挿入される演出に。


FF9-816.jpg

フラットレイとフライヤの2人。

フラットレイ様、いつか出番があるかと思えば結局ないままかよ!w


FF9-851.jpg

FF9-817.jpg

結局はフラットレイの記憶は戻ってないみたいだけど、また上手く結ばれた2人。記憶を失った原因が何だったのか気になるけど、まぁ2人が幸せそうならいいのかな。


FF9-852.jpg

『生きるってことは永遠の命を持つことじゃない……そう教えてくれたよね?助け合って生きていかなきゃ意味がないんだって』


FF9-818.jpg

FF9-819.jpg

ベアトリクス。

セイブザクイーンという名の愛剣を置き、アレクサンドリアを去ろうとしている?


FF9-853.jpg

『別れることは決して悲しいことじゃないよね?離れていても心が通じ合ったよね?そんな大切なことを教えてくれたんだよね?』


FF9-820.jpg

サラマンダーとラニ。

まだここは交流があったのか。2人もアレクサンドリアへ向かおうとしている。

クイナもあったけど、スクショ忘れ。いつも通りでした。


FF9-854.jpg

『ボクが何をするために生まれてきたのか……ボクがいったい何をしていきたかったのか……そんなことを考える時間を与えてくれてありがとう』


FF9-821.jpg

『好きなことだけをやり続けるってのは実はとても難しいことなんだよね……みんな……とてもえらかったんだなって思ったよ……』


FF9-822.jpg

シドとヒルダとエーコの3人、アレクサンドリアの劇を見に行く途中らしい。


FF9-823.jpg

シドのことを''お父さん''と呼ぶエーコ。

そういうことか!シドとヒルダの2人が、身寄りのないエーコを引き取ったんだね。


FF9-824.jpg

FF9-825.jpg

初めておとうさんと呼ばれ感動するシドw

嬉しいだろうなぁ。そしてエーコを引き取ってくれてありがとう。


FF9-826.jpg

『孤独を感じた時にどうすればいいかなんて、それだけは教えてもらえなかった……本当の答えを見つけることができるのは、きっと自分だけなのかもしれないね……』


FF9-827.jpg

FF9-828.jpg

アレクサンドリアを去ろうとするベアトリクスを止め、一緒に居て欲しいと告白をするスタイナー。こういうときは男らしい!

ベアトリクスが去ろうとしたのって、クレイラの崩壊や、ブラネに色々と加担した事実があるだろうからかな。きっと責任を感じてただろうし、その責任が無いわけではないだろうし。


FF9-829.jpg

『ボク、みんなとめぐりあえて、とても嬉しかった……もっと一緒に冒険したかった……だけど、別れる時は必ず来るんだよね』


別れたくない時がやってきた。


FF9-830.jpg

タンタレス一団。アレクサンドリアで演じる劇の準備中らしい。


FF9-831.jpg

『みんな…ありがとう…さようなら…』

黒魔道士の村で黒魔道士に出会った時から嫌な予感はあった。

やっぱり止まることは止められなかった。クジャがそうなった時点で、ビビの運命も決まっていたようなものだった。


FF9-832.jpg

『ボクの記憶を空へあずけにいくよ』

でも、生命が終わったとしても、そこで終わりというわけではない。

ジタンも言ってた通り、君の事を記憶してる人が居る限り、その記憶と生命は繋がっていけるはず。

ありがとう、さようなら、ビビ。








FF9-833.jpg

エンディングも終盤。ガーネット視点での観劇。

最初はここがブラネだったと思うと、何だか感慨深い。


FF9-834.jpg

FF9-835.jpg

バクーの挨拶の元に、皆が注目してる中、タンタレスによる劇が始まる。


FF9-836.jpg

FF9-837.jpg

今思う事だけど、タンタレスって盗賊団でもあるけど、


FF9-838.jpg

ルビィやブランクやシナ、団員総ぞろい。

最初の頃はキャラがいきなり出すぎて名前分かんねぇ!状態だったのに、もう皆の名前も覚えちゃったよね。


FF9-840.jpg

『おお、月の光よ!どうか私の願いを届けておくれ!』

ずっとマーカスだけマントしてて、劇とはいえそもそもマーカスってこんな感じにしゃべるんだ?と少し違和感を覚えてたら…

【マントの下は…】

FF9-841.jpg

『会わせてくれ、愛しのダガーに!』

マントを投げ捨てた人物、そこに居たのはマーカスじゃなくジタンだった!


FF9-842.jpg

まさかのジタンの登場にすぐさま会いに行こうとするガーネット。

そこをスタイナーとベアトリクスに止められる…と思ったが、ニッコリと扉を開いてくれて通してくれた。


FF9-859.jpg

急いで集まってる人込みの中をかき分けて進もうとするが、その際にペンダントが落ちてしまった。

とても大事なはずだったが、それを拾うよりももっと大事な人の方に走っていく。


FF9-860.jpg

FF9-843.jpg

再会出来て、抱き合う2人。

ここでガーネットが『バカバカ!』とジタンの胸を叩いて、ジタンが苦笑してるのが印象的。


FF9-844.jpg

FF9-861.jpg

今回の劇の為に集まった大勢の仲間の皆にも拍手され祝福される。

良かった良かった。


FF9-862.jpg

スタイナーとベアトリクスは祝福、そして今後の平和を誓うかのように一緒に剣を掲げる。


FF9-863.jpg

FF9-845.jpg

『ねぇ、どうして助かったの?』

あの後、イーファの樹からどうしたのかを聞くガーネット。


FF9-846.jpg

『助かったんじゃないさ、生きようとしたんだ』

それに答えるジタン。


FF9-864.jpg

『いつかかえる場所のために

 だからうたったんだ、あのうたを…』


ここで作中では何度も出てたガーネットが口ずさんでた、『記憶の歌』の歌詞入りバージョンである『Melodoies Of Life』が流れ、スタッフロールに。


心にしみる。






【総評】

FF9-863.jpg

ここら辺で総評を。

えー、FF9はゲームとしては、非常に遊びやすかったことをまず伝えたい。

昔はロード時間が長かったり、戦闘が始まる際にわざわざ視点をグルグル切り替えて戦闘が始まるという演出(ロードの演出?)にテンポが悪かったりしたらしいけど、今のリマスターではそれをカットできる機能があったり、そもそも倍速機能があるので快適さは高かった。

装備の『アビリティ』システムのお陰で新たなアイテムが手に入るのも嬉しかったし、それによってアビリティを習得するために戦闘がしたい!という気持ちになるという相乗効果が上手く作用していた。


FF9-222.jpg

また、個人的に一番の特徴としても、全体的に笑える場面が多かったところが魅力的だった。登場するキャラクターもメインキャラ意外にもサブキャラクターも多く、シナリオ上では街を何度も破壊されたりと雰囲気的には陰鬱な中、基本的には結構明るいまま進んでいってたと思う。

正直、終盤はもっとバッドエンドになるんだと思ってた。最後に結局テラとガイアが融合はどうなった?と疑問になったけど、多分ミコトがなんかしたんでしょう。そうでないと、あの場面で出てきた意味がなくなるし。


FF9-501.jpg

キャラクターが多すぎる故か、ちょっとスポットライトが当たってないキャラクターが居たのも事実。

特にサラマンダー、イプセンの古城で孤独をこじらせたドジっ子にしか見えなかった。もっと掘り下げて欲しかった。フライヤもフラットレイともっと絡ませるシーンが欲しかったのと、ブラネ王女に関しては、マジで過去の回想シーンでも欲しかった。民にも慕われてたらしいが、どうも本編だけを見てるとそれを想像出来なさすぎる。

シナリオの謎を解明するのにも、終盤に色々と詰め込みな気もする。別世界が出るのには驚いたが、クジャは何度も言った通り嫌いにはなれない良い敵役だったと思う。キャラとしては中盤まではビビ、そこからエーコ推しなのは変わらず!

今作で好きだった音楽は、

聴いてると落ち着く『ダリの村』、
ベアトリクス戦の『ローズ・オブ・メロイ』、その派生の『守るべきもの』、
ジタンが立ち直ってた『独りじゃない』、
色々と哀愁を感じる『フライヤのテーマ』、
『記憶の歌』に代表される同じアレンジ系統のもの等など。

特に狩猟戦で流れる『ハンターチャンス』は聞けるタイミングが少ない。何故かハーデス戦で流れてたのは笑ったけど、通常戦とボス曲意外にももっと戦闘曲として流して欲しかった。


総合的には面白く、楽しんで遊べた。現状FFシリーズを追ってプレイしていってるが、またこれからも残りの遊んでないFFシリーズを遊んでみたいと思えた。

いやーしかし、最後のエンディングでFFのプレリュードが流れるのって反則だよね?仮にどんなものであっても最後に良かったな…って思わさせてしまう説得力がある。


【まだ終わらんよ】

FF9-865.jpg

総評で終わり?いや、まだ終わらんよ!ってことでまだやり残したことをやっていく。

ラスボスを倒しても『裏ボス』がいるじゃないか!ってことで、チョコボの空中庭園に生き、怪しい召喚塚を調べて''ヤツ''と戦うことに。


【VS オズマ】

FF9-866.jpg

召喚獣なのかそうでないのか良く分かんないボスのオズマ。

とりあえず、初見です。


FF9-867.jpg

あまりの強さに秒殺される。


FF9-868.jpg

!?

ここで特別な演出が入る。なんだ、これ絶対に勝てる戦いだったのか!


FF9-869.jpg

今のはエーコのフェニックス復活演出だった。カ全滅時に低確率で起きるらしいこの現象。初めて見たカッコイイ!。

まぁ復活してもまた秒殺されたんだけど。


【精霊巡り】

FF9-870.jpg

FF9-871.jpg

強い相手には、傾向と対策を練るのがRPGの基本。

マップの各地に『精霊』と呼ばれるものがいて、そいつら全員に欲しそうなアイテムをあげると、オズマが''弱体化''するらしい。

ちなみに、上記画像のお前じゃない。ただのクイズ野郎だ。


FF9-872.jpg

そう、コイツ。この精霊にはまるで見えないコイツとかを探しだす。

…が、攻略サイトで調べた場所を探しても全然会えなくて、もう途中であきらめた。不毛。


FF9-873.jpg

もう精霊はいいや…とレベルをもっと上げてリベンジ。

全体的なHPはそれほど高くないが、クジャ以上に凄まじいほどに素早さが早く、ガンガン連続行動をしてくる。

使ってくる魔法もクジャが使ってきた『フレアスター』に加え、敵味方関係なくダメージがある『ジハード』、ハーデスすらカウントダウン後で使ってきた『カーズ』をさらっと使ってくるなど、ぶっとんだ攻撃性能をしている。

更にはケアルガで自分のHPも9,000近く回復してくるので、こっちの火力が低いとそもそも相手の回復量を上回るダメージを与えられないと一生終わらない。正直2度目のチャレンジはそれで失敗して、実はこれが3度目。

精霊イベントで弱体化をさせてないと、通常攻撃も何故か届かないし、ジハードで自分に闇属性を与えて回復しちゃう困った球体野郎。


FF9-874.jpg

更にさらに一番ヤバイのが、『メテオ』を使ってくることで、他の技は闇耐性上げるとかでどうにかなったが、メテオのダメージの数値がランダムらしく、運が悪いとどう頑張っても全員が即死したりする。死なないということが無理なんで、これ対策にリレイズを使えるクイナを入れてた。

『いつでもリジェネ』『いつでもヘイスト』の強アビリティを付け、『オートポーション』もあると、そのポーションの無駄な演出中にリジェネで回復出来る相性の良さ。やっぱ回復いらんなこれ!


【竜の紋章ってわけ】

FF9-875.jpg

最終的に頼りになるのが、通常攻撃じゃない『固定ダメージ』持ちの方々。

クイナの『カエル落とし』、フライヤの『竜の紋章』、ジタンの『盗賊の証』と固定ダメージ技は色々あるが、フライヤのが一番使いやすい。


FF9-876.jpg

その代わり、竜の紋章は倒したドラゴンの数に応じてダメージが上がる仕組みになっており、最初だと全然ダメージを与えられない。

そのドラゴンをレベル上げと竜の紋章のダメージ上げに狩りまくり、ダメージが9,999出るようになった。普通に使ってたら使いづらかったフライヤが今輝いてるだと…!


FF9-877.jpg

クイナもカエル落としでカエルが99匹は集まってたので、7,000くらいの固定ダメージを出してくれてた。

これらの火力を軸に、エーコは暇があったらホーリーかフェニックス、クイナはリレイズ(特にエーコが死ぬと駄目なんでエーコに)カエル落とし、フライヤは一生竜の紋章で殴る。

固定ダメだとカーズでミニマム状態にされても威力が下がらないってのも良い。


FF9-878.jpg

無事に撃破!

一番倒した感があった気がする。結局何だったんだこの謎の球体は。

これで本当に終わりの終わり。

お疲れ様でした!
関連記事
SSX
Admin: SSX

自分が面白そうならとりあえずプレイしてみる雑食ゲーマー。特に格ゲーや、ゲーム音楽などが大好物。アニメや映画といった映像作品も好き。

気軽にコメントや、Web拍手等をしていただけると喜びます。




◆現在プレイ中
グラブルリリンク、スト6、PSのゲームカタログ

◆適当な一言
3月まで早速のゲームラッシュ。とりあえずリリンクは買います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

There are no comments yet.
FF9
雑記 (104)
絶ニュース (18)
アニメ (47)
FC2ブログ (16)
フリーソフト (4)
有料・フリーゲーム (23)
Xbox360全般 (55)
周辺機器 (6)
XBLA (11)
ストリートファイター4 (11)
スーパーストリートファイター4 (10)
ウルトラストリートファイター4 (3)
ストリートファイターX鉄拳 (5)
Bioshock1・2 (4)
ボーダーランズ (6)
ボーダーランズ2 (10)
Dead Space (3)
End of Eternity (4)
バイオハザード6 (3)
PS全般 (117)
FF14 (24)
FF12 (2)
FF13 (3)
FF10 (4)
FF9 (10)
FF8 (3)
FF7 (8)
ドラクエビルダーズ (4)
デモンズソウル (10)
ダークソウル (13)
ダークソウル2 (12)
ダークソウル3 (2)
エルデンリング (15)
仁王2 (13)
グラブルリリンク (7)
ストリートファイター5 (6)
ストリートファイター6 (13)
BBCP (5)
GBVS (17)
GUILTYGEARシリーズ (22)
魔界戦記ディスガイアシリーズ (11)
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 (4)
逆転裁判シリーズ (3)
ライフイズストレンジ (2)
バイオハザードHDリマスター (3)
ToX (9)
戦場のヴァルキュリア (4)
MHW (6)
MHP3 (6)
イース7 (3)
ダンガンロンパシリーズ (4)
英雄伝説 軌跡シリーズ (16)
勇者30シリーズ (6)
ペルソナP3 (5)
ペルソナ4G (10)
イース セルセタの樹海 (6)
イース8 (3)
討鬼伝 (4)
SEKIRO (5)
Wii・Switch全般 (33)
ゼルダの伝説シリーズ (10)
アークライズファンタジア (10)
零~月蝕の仮面~ (3)
ToG (5)
斬撃のレギンレイヴ (4)
ゼノブレイド (4)
朧村正 (4)
DS/3DS全般 (14)
世界樹の迷宮シリーズ (7)
スーファミミニ (4)
iPhone (18)
テラバトル (21)
白猫プロジェクト (9)
グランブルーファンタジー (44)
グラフィティスマッシュ (3)
アナザーエデン (3)
映画 (12)
デジタル機器 (8)