絶体絶域

【FF9】 プレイ日記・感想その4。外側の大陸を目指して。可愛いぞエーコ!

2021/11/21
FF9 0
FF9-236.jpg

このゲームには多種多様の色んな種族のキャラが居るのに、メインキャラ含めサブキャラもそれぞれ魅力的で、それぞれちゃんと個性もあって好きになっていってる。

今は新たな仲間のエーコ推しです!


過去の記事はこちら。

【FF9】 プレイ日記・感想その3。クレイラ防衛戦!強大な召喚獣の力。

いやー、色々と面白くなってまいりました。ウィンドウカラーを文字が見やすい青色にしてたが、FF9っぽい方が良いかなと思って灰色に戻した。シリーズによってデフォルトが青色だったり灰色だったりするのは世界観に合わせてるんだろうか。...



目次
1.ク族の沼
  1-1.カエルを取ろう

2.フォッシル・ルー
  2-1.ラムウ召喚!
  2-2.VS 狩人ラニ
  2-3.外側の大陸

3.コンデヤ・パタ
  3-1.黒魔導士の村
  3-2.ジタンの過去
  3-3.結婚をしませんか?
  3-4.エーコとの出会い
  3-5.VS ヒルギガース

4.廃墟マダイン・サリ
  4-1.召喚壁にご案内
  4-2.かわいいエーコ

5.イーファの樹
  5-1.ゾンビにはレイズ
  5-2.霧の真実
  5-3.VS ソウルゲージ

6.再びマダイン・サリ
  6-1.VS 焔色の髪の男
  6-2.ガーネットの過去
  6-3.おかえりなさい!
  6-4.サラマンダーが仲間に

7.再びイーファの樹
  7-1.クジャとの再会
  7-2.ブラネ来航
  7-3.大きな目玉の力
  7-4.最期の時


【ク族の沼】

FF9-197.jpg

ク族の沼周辺にあるらしい、外側の大陸に繋がってるであろう洞窟を探す。

クレイラ以降見かけることなくて不安視してたが、ちゃっかり元居た場所に戻ってたクイナと再会。

こいつは多分殺しても死なないようなそんな感じがする。クイナの立ち位置が大分ギャグ要因だということを理解してきたw


【カエルを取ろう】

FF9-198.jpg

カエルが大好きなク族。沼でカエルを取れるニミゲームが出来るようになってた。
一応全部取ってみたが、取った数に応じて報酬が貰える様子。でも、今のところは大した物を貰えなかった。

最終的にかなり良いものくれるんだったら頑張ってみるんだけど。


【フォッシル・ルー】

FF9-199.jpg

ク族の沼の奥深くにクイナも知らない場所である『フォッシル・ルー』という廃坑を発見。ここが外の大陸に繋がってるとみた。

道を進んでると、後ろから敵である『アーモデュラハン』が追っかけてくる。倒しても倒しきれない敵みたいで、アトラクションのように早々に駆け抜けて乗り切った。


【ラムウ召喚!】

FF9-201.jpg

やっとガーネットが召喚士としての力を使えるようになったので、この前力を貸してくれるようになったラムウを雑魚専で試しに召喚してみる。

敵全体への雷ダメージでそこそこ強い。トランス状態だとちゃんと召喚シーンが表示され、威力が更に上がる感じにはなるみたい。

トランスになって専用の特殊技が使えるジタン、連続魔法が使えるビビほどではないにしろ、こうして回復以外に攻撃も担当出来るようになったのは心強いね。


【VS 狩人ラニ】

FF9-202.jpg

廃坑の中でよくここが分かったな!と、ブラネの追手であるラニに待ち伏せされてた。


FF9-203.jpg

強そうと思ってたが、実際戦った感じは特に…という感じで特別苦戦もしなかった。人数に不利を感じて撤退していったが、じゃあなんでソロでこっちに挑んできたんだ?w 

彼女がベアトリクス並みの強さじゃなければ大丈夫そうだ。


FF9-204.jpg

フォッシル・ルーの内部は途中で、ガルガントに乗って進んでいく複雑な地形になっている。

結構面倒臭かった場所だが、中には良いアイテムもあったりとそれだけの意味はあった。

進める方向をレバーで切り替えながら進んでいき、付いた先は…



【外側の大陸】

FF9-205.jpg

FF9-206.jpg

『外側の大陸』にようこそ!

マップで例えると今まで居た大陸が南東部分で、今はその北東部分に出てきた。

あれ、南西の方もまだ知らない大陸があるな?

実際に来てみると『霧』の存在がなく、非常に見渡しやすい。ここが外側の大陸か!


【コンデヤ・パタ】

FF9-207.jpg

近くにあるドワーフの村である『コンデヤ・パタ』に到着。

『ラリホッ!』という独特な挨拶をするこの村。

FF14でも確かラリホーって挨拶をする場所があったけど、もしかしてアレの元ネタがここなのかな?


FF9-208.jpg

そこで見かけたのが、まさかの黒魔導士!
自分の意思を持ってるらしく、何度もこの村に来ているらしい。

意思のある黒魔導士に興味深々のビビも含め、この黒魔導士を追いかけていくことに。


FF9-210.jpg

『ふくろうも住まぬほど奥深くの森』に住んでいるらしい黒魔導士たち。

近くにあった森の分かれ道を、''ふくろうが実際に少ない方''の道を進んでいくと…黒魔道士を発見。

魔術で普段は村の存在を隠してるらしく、そこに入ることが出来た。


【黒魔導士の村】

FF9-211.jpg

『しゃべってた!しゃべってたよね、ボクと同じような同じような人達がいるんだ!』

ようやく自分との同族、それも操られるままじゃなく、自分の意思で動いてる黒魔導士たちと会えたことに嬉しさを隠せないビビ。


FF9-212.jpg

村の中を別々に分かれて色々と話を聞くと…てっきり作られた黒魔導士とはまた別で、『黒魔導士族』として存在してるのかと思ったら、ある時自分の意思に突然目覚めて、アレクサンドリアから逃げてきた者たちで作った村らしい。

やはり、黒魔導士という存在自体がもう人工物であることは確定してしまったかも。


FF9-213.jpg

いいように扱われてた黒魔導士たちは、人間に対して不信感を抱いてる。それでも、ちゃんと理解してくれてアイテム合成してくれることに優しさを感じた。


FF9-214.jpg

その夜、とりあえずここの村に泊まることになり、夜になってビビが突然居なくなったことに不安するガーネット。

ジタンはビビを一人にさせておいてやれよと言った態度を取る。初めて自分と同じような人に会えたんだから色々思うこともあるだろうしね。

【ジタンの過去】

FF9-215.jpg

そこで、ふと話をする流れで、ジタンがガーネットに自分の過去の話をする。


FF9-216.jpg

ジタンも過去の自分、つまり故郷や生んでくれた親のことは知らないらしく、それを知りたいが為に旅に出たんだとか。

…結局故郷は見つからなかったが、育ての親であるバクーのところに戻ってボコボコに殴られて、そこで感じたことがあったらしい。


FF9-217.jpg

『ああここが、俺のいつか帰るところだって』

ビビも''それ''を見つける必要があるというジタン。

''いつか帰るべき場所''…色々な捉え方があるけど、黒魔導士であり作られた存在のビビの帰るべき場所ってどこなんだろうか。


FF9-218.jpg

夜中に出ていったビビが、黒魔導士と色々話を聞いていくと、中にはもう動かなくなってしまった黒魔導士も居るらしい。

『たぶん僕らにはね、限られた時しかあたえられていない』

黒魔導士の活動限界は、大体1年くらいが期限らしい。ビビは一体どうなる…?ビビも止まる時が来るのか…?

いやでも待てよ、そう考えるのは早い。だって、ビビは6歳という設定だったはず。1年以上生きてるのは確定だし、もう1つ黒魔導士の''子供''っていうのも気にかかってる要素。普通黒魔導士を作るのに子供を作る必要性はないんで、やっぱりビビは彼らとは違った形で生まれたんじゃないだろうか?と予想してみる。


FF9-219.jpg

色々な事実を突きつけながらも旅を続けることを決意するビビ。君は強い子だよ本当に。


FF9-220.jpg

黒魔導士の村で、クジャが乗っていた銀竜が北西の村にいる情報を知ったジタンたち。

その場所はドワーフの皆には『聖域』と呼ばれる場所らしく、そこに本当にクジャの情報があるかを調べるため、その聖域に向かおうとするが、そこには儀式をした夫婦しか入れない決まりになっていた。


【結婚をしませんか?】

FF9-221.jpg

というわけで、早速聖域に入るためにジタンとガーネットは即興の見た目だけの結婚式に。

結婚をするまでに一切迷いがなかったガーネットに対し、ジタンはもしかして俺にホレてるのか?とキスを仕掛ける流れになったが…ガーネットに華麗に交わされてまだそういう流れにならなかったw


FF9-222.jpg

面白かったのがこの後、ジタンたちだけで行っても仕方がないので、これまた形だけでも結婚をするビビとクイナ。

『ワタシ…幸せアルよ』

クイナがどちらかというと花嫁設定?のこのシュールさあふれるイベントはかなり面白かったw


【エーコとの出会い】

FF9-223.jpg

無事に結婚もし、その足で聖域に向かう途中、食べ物を盗んだ犯人を追いかけることになる。


FF9-224.jpg

そこで出会うことになるのが、ビビと同じ年齢の6歳のツノがある少女である『エーコ』

このエーコを家に送ってあげる為、エーコとしばらく同伴することになった。


FF9-226.jpg

ここで驚きなのが、エーコが普通に召喚魔法を使えること。

白魔法も使えるし…一体何者だ?


【VS ヒルキガース】

FF9-225.jpg

デカブツであるボスとのバトル。

今更だけど、FF9って基本5人以上にPTがならないように設計されてて、サブメンバーをどうするかとか今のところ悩んでないのがありがたい。大体クイナが気の向くままにどっかに行ってるってのもあるけど。
まぁ終盤になると人数も増えるだろうから、さすがに今だけだろうけどね。

このヒルギガースというボスも特に苦戦するとこはなく…気づいたら倒してた。


【廃墟マダイン・サリ】

FF9-228.jpg

エーコの住んでる場所である『廃墟マダイン・サリ』に他に居たのは大量のモーグリだった。

どうもエーコは、ここでこのモーグリたちと過ごしてたらしい。

ここに着くや否やジタンに猛アプローチをかけるエーコ。モテる男ジタンよ、羨ましいぜ。


FF9-229.jpg

黒魔導士の村で言われたことを考えるビビ。

『本当は死ぬってことも、生きるってことも良く分からない。もしそれが生きるってことなら…ボクは、どこから来たんだろう… どこへ…行くんだろう…』

まだ葛藤が続くビビ。そこに答えはあるんだろうか。


【召喚壁】

FF9-232.jpg

この場所にある『召喚壁』とやらを見せてもらうことに。

召喚獣のモンスターが色々と描かれており、ガーネットすら召喚獣も多いんだとか。

モーグリが言うには、エーコは召喚士の一族で、毎日ここで祈りを捧げてる。500年も前に召喚士の一族が移り住んできたらしいが、もう見事な廃墟になってるってことは何かがあって滅びた?もしくは滅ぼされた?


【かわいいエーコ】

FF9-235.jpg

エーコは1年前に同居していたおじいさんが死んで以来、ずっとモーグリと一緒に暮らしてたらしい。


FF9-236.jpg

『ど、どぉ?毎日食べたくならない?』

皆に料理を提供し、モジモジとするエーコ。かわいいぞエーコ!!!


FF9-237.jpg

ここの近くに『イーファの樹』と呼ばれる場所があり、そこがいわゆる聖域と呼ばれる場所らしい。召喚に失敗した召喚獣を封印してるんだとか。

クジャの情報も知りたいので、エーコに案内してもらうことに。


【イーファの樹】

FF9-238.jpg

イーファの樹に到着。

ここから大陸に充満している『霧』が発生しているらしい。エーコにある角が召喚獣とコンタクトを取れるシステムをしていて、入れないように施してあった封印を解いてもらい、中に進んでいくことに。


【ゾンビにはレイズ】

FF9-240.jpg

FF9-241.jpg

ここで出てくるモンスターがゾンビ属性を持ってたりするので、もしかして?と思ってレイズをしてみたら見事に即死になった。

ドラゴンゾンビとかもう名前そのまんまなやつも居るし、レイズ一発で即死出来ちゃうのはかなり低コスト。

弱い、弱いぞゾンビ共よ!!


【霧の真実】

FF9-244.jpg

ここの奥深くで『ザ・ソウルケージ』と出会い、霧の真相を告げられることになる。

霧は何かを作ろうとした物の余物らしく、それを根っこを通して捨てているらしい。それでジタンが居る別の大陸にも来てたのか!


FF9-245.jpg

霧を何故他の大陸に捨てるのかというと、争いをさせるため、文明を滅ぼすため。一体何故そんなことを?恨みでもあるのか?

クジャはその霧を上手く使って黒魔導士を作ったということか。




FF9-246.jpg

『これ以上人殺しの道具なんて作らせない!つくらせちゃいけないんだ!』

ビビの怒り。少なくともここで霧を作ってるのは間違いなく、これをそのままにしておくわけにもいかない。


【VS ソウルゲージ】

FF9-247.jpg

このボスも大したことない…って思ったら全滅してしまった。

見た目が木なので明らかにビビの『炎魔法』が弱点だろうと攻撃したら、それに対してのカウンター技が高威力全体技で襲ってきて一気に壊滅状態に。そこから巻き返せずに全滅してしまう。

逆に再挑戦時では、炎魔法を封印して戦ったら普通に倒せた。ちょっとした初見殺しである。


FF9-248.jpg

ソウルゲージを倒し、周りの霧もすっかり晴れて綺麗になる。

果たしてこれで諸々の状況は解決されるんだろうか。


【再びマダイン・サリ】

FF9-250.jpg

霧を晴らしたのも束の間、村にある大事な宝物を盗まれたとのことで急いで戻ったが、時既に遅しで落胆するエーコ。


FF9-251.jpg

犯人は…またお前か!と狩人ラニとの遭遇。

エーコを盾に取られて身動きが取れない状態だったが…


FF9-253.jpg

そこでやってくる焔色の髪の男!


FF9-254.jpg

あ、結局戦うのね…。

PTじゃなく、ジタンとのタイマンバトルに発展する。


【VS 焔色の髪の男】

FF9-255.jpg

タイマンだから少しでも危なくなったらハイポーションを使うことを心がけて戦う。

こちらの攻撃に大してカウンターをしてくるのがなかなかに厄介。それでも、トランス状態のジタンの技が3,000以上のダメージを与えるというビックリ性能で、とりあえずこの火力をぶちまけてたら終わってた。


FF9-256.jpg

一時的に勝負が終わる、とかじゃなく本当に倒せちゃったよ!

懸賞金がかかって明らか強そうな相手なのに、それをタイマンで倒せちゃうジタンも何者なんだよとw


FF9-259.jpg

焔色の髪の男を撃退し、村の宝物も返してもらい一件落着。

ジタンは、近くの入り江のボートに居たガーネットを発見する。


【ガーネットの過去】

FF9-260.jpg

FF9-261.jpg

ここでボートから見る召喚壁が、昔に自分が見た映像と重なったのかムービーが始まり、ガーネットの過去が少し露わになる。

燃えつくされてるマダイン・サリ、そこから脱出するように船に乗って逃げる人、空に浮かぶ大きな瞳。これがガーネットの過去…?


FF9-262.jpg

エーコの家に向かい、思い出した情報を整理することに。

実はガーネットも6歳くらいまでの記憶が無いらしく、それをさっき思い出したとのこと。ここでも6歳か…何か重要なワードだったりするのかな。さすがに関係ないか。


FF9-264.jpg

ガーネットも元々マダイン・サリで暮らしていたところ、今から10年くらい前に大きな竜巻が襲ってきて、本当の母親とアレクサンドリアに逃げてきたらしい。本当の母親はその際にそこで亡くなった。

やはりブラネは本当の母親ではなかったのか…。


FF9-266.jpg

あの何度かガーネットが口ずさんでた『良さげな曲』もマダイン・サリの物だとしたら納得。そりゃジタンや他にも誰も知らない訳だ。


FF9-267.jpg

ガーネットがマダイン・サリの召喚士の一族であったことは分かったが、確かにそれならエーコとかにある召喚士の角が無くなったんだろう?

それらの疑問を解決出来そうな人はそう、トット先生だ!またトット先生に色々と聞くしかないね!


【おかえりなさい!】

FF9-269.jpg

FF9-270.jpg

色々知らされる悲しい真実だったが、次の一言でこの真実に確かに救われた子が居た。

『おかえりなさい!ひとりじゃなかった!って思えたの』


エーコからすればずっと召喚士の一族は自分が最後だと思ったのに、実際はそうではなかった。仲間が居たんだって事実はとても大きいことだったに違いない。

エーコは今まで1人でずっと寂しかっただろうに、この場面はちょっと涙がホロリときてしまった。


【サラマンダーが仲間に】

FF9-271.jpg

再びクジャに会う為にイーファの樹に向かうと、焔色の髪の男がやってきて一時的な仲間に。

今からコトを構えるってときに戦力アップは大事だし、何より悪いやつではなさそうだしアリなのかも。


FF9-272.jpg

彼の名前はサラマンダー。

そう呼ばれてるだけであって本名ではないっぽいが、何か召喚獣みたいな名前だな!


FF9-273.jpg

ちょっと使ってみた感じ、バリバリの近接キャラみたいな感じ。

強いかは分からないけど、『投げる』のコマンドが使えてそれ次第では有用そう。


【再びイーファの樹】

本来の目的のクジャに会う為、再びイーファの樹に向かい、クジャを待ち伏せることに。


【クジャとの再会】

FF9-274.jpg

FF9-275.jpg

銀龍に乗ってやってくるクジャ。イーファの樹が開放されても、まったく動じてない様子。

話を聞く限り、クジャ自身にも倒したい相手が居るらしく、その為に力を蓄えてる…?


FF9-277.jpg

クジャと対面することになり、ようやく聞きたかった問いかけをするガーネト。

『戦争が起きたのは僕のせい?いいや、違う違う!あれは、君のママ自身が望んだ行為!僕は背中を軽く押しただけなのさ!』

戦争が起きたのは自分のせいでは無いと、あくまでシラをきるクジャ。ブラネ自身にも責任が全くないとは思えないが、それでもやはりクジャがいなかったら起きなかったことだろう。


【ブラネ来航】

FF9-278.jpg

FF9-280.jpg

クジャとの会話中、導かれるかのようにイーファの樹にやってきたブラネ。

船を引き連れてやってきて、クジャさえ倒せば世界は自分の手になると思ってる様子。確かに大体の街は壊滅させたが、そんな簡単にも上手く事は運ばんだろうねっていう。


FF9-281.jpg

まだ残ってる霧によって魔物を作り出してけしかけてくるクジャ。

霧のモンスターもアンデッド属性らしく、安定のレイズで一撃だった。そもそも、そんなに強くないから通常攻撃で十分だけどw


FF9-283.jpg

FF9-284.jpg

自分を殺そうともしてきたのに、それでもブラネを助けようとするガーネット。

個人的にはジタンとまったく同じで助ける必要なんてない!って考えだけど、それはあくまで傍から見てる側からの意見であって、今まで一緒に育てられてきた娘の気持ちは分からないもんなぁ。


FF9-285.jpg

ブラネを助けようとイーファの樹に封印されていた召喚獣を解こうとするが、それは余りに強力な召喚獣の『リヴァイアサン』だった。

この力を使ってしまうとブラネが乗ってる船ごと沈めてしまうことになり、とても助けに使うことは出来ない。


FF9-287.jpg

FF9-289.jpg

最強の召喚獣であるバハムートを召喚するブラネ。

これにはさすがのクジャも苦戦したようだが…

【大きな目玉の力】

FF9-290.jpg

FF9-291.jpg

クジャが対抗して召喚したのが、空間に出てくる謎の大きな目玉。

これはガーネットの回想シーンに出てたやつでは!?


FF9-292.jpg

この目玉の力で最強の召喚獣だったバハムートが操られてしまい、バハムートが放つ攻撃でブラネの船ごと破壊される。

ああ、なるほど。クジャはこれを狙ってたのか…。


【最期の時】

FF9-293.jpg

FF9-294.jpg

船が壊され岸に流れ着くも、もはや息も絶え絶えなブラネ。

死の間際にガーネットと昔のことを思い出し、永遠の眠りについてしまった。

結局はクジャの操り人形のように動いていただけに過ぎなかったかもしれないが、最後に娘に看取られたということだけは幸福だったのかもしれない。

果たして、バハムートの力も操れるようになったクジャにこの先勝てる算段はあるんだろうか。
関連記事
SSX
Admin: SSX

自分が面白そうならとりあえずプレイしてみる雑食ゲーマー。特に格ゲーや、ゲーム音楽などが大好物。アニメや映画といった映像作品も好き。

気軽にコメントや、Web拍手等をしていただけると喜びます。




◆現在プレイ中
グラブルリリンク、スト6、PSのゲームカタログ

◆適当な一言
3月まで早速のゲームラッシュ。とりあえずリリンクは買います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

There are no comments yet.
FF9
雑記 (104)
絶ニュース (18)
アニメ (47)
FC2ブログ (16)
フリーソフト (4)
有料・フリーゲーム (23)
Xbox360全般 (55)
周辺機器 (6)
XBLA (11)
ストリートファイター4 (11)
スーパーストリートファイター4 (10)
ウルトラストリートファイター4 (3)
ストリートファイターX鉄拳 (5)
Bioshock1・2 (4)
ボーダーランズ (6)
ボーダーランズ2 (10)
Dead Space (3)
End of Eternity (4)
バイオハザード6 (3)
PS全般 (117)
FF14 (24)
FF12 (2)
FF13 (3)
FF10 (4)
FF9 (10)
FF8 (3)
FF7 (8)
ドラクエビルダーズ (4)
デモンズソウル (10)
ダークソウル (13)
ダークソウル2 (12)
ダークソウル3 (2)
エルデンリング (15)
仁王2 (13)
グラブルリリンク (7)
ストリートファイター5 (6)
ストリートファイター6 (13)
BBCP (5)
GBVS (17)
GUILTYGEARシリーズ (22)
魔界戦記ディスガイアシリーズ (11)
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 (4)
逆転裁判シリーズ (3)
ライフイズストレンジ (2)
バイオハザードHDリマスター (3)
ToX (9)
戦場のヴァルキュリア (4)
MHW (6)
MHP3 (6)
イース7 (3)
ダンガンロンパシリーズ (4)
英雄伝説 軌跡シリーズ (16)
勇者30シリーズ (6)
ペルソナP3 (5)
ペルソナ4G (10)
イース セルセタの樹海 (6)
イース8 (3)
討鬼伝 (4)
SEKIRO (5)
Wii・Switch全般 (33)
ゼルダの伝説シリーズ (10)
アークライズファンタジア (10)
零~月蝕の仮面~ (3)
ToG (5)
斬撃のレギンレイヴ (4)
ゼノブレイド (4)
朧村正 (4)
DS/3DS全般 (14)
世界樹の迷宮シリーズ (7)
スーファミミニ (4)
iPhone (18)
テラバトル (21)
白猫プロジェクト (9)
グランブルーファンタジー (44)
グラフィティスマッシュ (3)
アナザーエデン (3)
映画 (12)
デジタル機器 (8)