絶体絶域

【すばらしきこの世界 Final Remix】 Switch版の操作性がしんどくて、ジョイコン2つのおすそわけプレイで打開した話。

2021/10/23
Wii・Switch全般 0
subasekaFM-00.jpg

いっせいトライアルで開始されたすばせかこと、『すばらしきこの世界 Final Remix』

前々から興味のあったタイトルで、グラフィックや音楽は良いのに、操作性にこれまた結構な難アリで、最終的にはジョイコンのおすそわけプレイで打開したという話。





【すばらしきこの世界Final Remixとは】

subasekaFM-05.jpg

最初に軽く、この『すばらしきこの世界 Final Remix』の説明を。

スクエニからDSにて発売され、FFやキングダムハーツのスタッフが手掛けた『すばらしきこの世界』から、新規シナリオや音楽のアレンジ、グラフィックも綺麗にしたパワーアップ版が、この『すばらしきこの世界 Final Remix』になっている。

あらすじとしては、主人公である桜庭 音操(サクラバネク)を操作し、いつの間にか巻き込まれたであろう『死神のゲーム』に挑戦し、その7日間を生き残ることを目的としたアクションRPG。


【グラフィックは良い!】

subasekaFM-06.jpg

メインキャラクターデザインに関わってるのが、有名な野村哲也。線の太い特徴的なキャラデザで、好きな人には相当ヒットするであろうデザイン。個人的にもかなり好き。

ゲームの舞台も東京・渋谷近辺を駆け巡ったりと、都市周辺の現代的な作り。


【音楽はもっと良い!!】

subasekaFM-03.jpg

一番の良いところをあげるとしたら、間違いなく音楽。

ペルソナシリーズで流れるようなボーカル曲が多く、マップを歩いたり、戦闘するだけで色んな曲が流れて、聴いてるだけでノリノリになる。


subasekaFM-08.jpg

ゲーム序盤は、音楽を聴きたいが為にプレイしてると言っても過言じゃなかった。今すぐサントラが欲しい!

あんまり違いが分からないけど、流れる音楽にも原曲の『オリジナル版』と、FinalMIXの『アレンジ版』の両方の曲が入ってるものも良いところ。


【操作性がしんどい…】

subasekaFM-12.jpg

…で、この辺で良かったところの紹介は終わりにし、問題点である『操作性』について語っていく。

これだけで、このゲームを途中で辞めちゃう程の致命的なマイナスな点。

元々DS版で発売されただけあって、そっちの方では問題なかったらしいが、それが今作のようにSwitch版に移植されたときに問題が発生。色々と、Switchに合わせたようには思えない操作性になってしまった。


【ジョイコンしか使えない】

subasekaFM-01.jpg

操作方法の1つである『ジョイコン操作』について。

まず、据え置き型として遊ぶ時に便利なSwitchのプロコンが使えないというところがいきなりのデメリット。

仕方なく標準のジョイコンを使おうとするが、これも標準で2つじゃなく、基本的には1つしか登録出来ない仕様。

ジョイコンで操作するときは、Wiiリモコンのようにジョイコンを本体に向けて遊ぶ感じになるが、よくカーソルがどっかに飛んでいってしまったり、細かい操作をするにはかなり不向き。

そもそも、操作しててあんまり面白くなかった。


【タッチ操作もあんまり】

subasekaFM-02.jpg

もう1つの操作方法が『タッチ操作』

元々DS版で作ってるんだからそっちの方が快適でしょ?という話になるが、それがそういうわけでもない。

まず、指で操作してた場合、結構ゲームが反応し辛いこともあって、これはタッチペンでのタッチ操作が必要だと思った。Switchでタッチペンは今まで使ったことが無く、持ってなかった。一応、100均とかで売ってるらしい。

何より、タッチ操作にしちゃうと、全てのゲームの操作をタッチで要求してくるのが地味にストレス。会話の送りや決定、そこはボタン操作で良いだろって点も全てタッチ操作。もうこれゲーム機じゃなく、大きなスマホ使ってるだけじゃんって思ってもおかしくないくらい。

戦闘する場面も考えるとジョイコンよりはまだタッチ操作の方がいいが、それでもやっぱりしっくりこなかった。


【おすそわけ操作に挑戦】

subasekaFM-09.jpg

最後の手段として試してみたのが、おすそわけプレイを使ったジョイコンの2刀流プレイ。

本来は2人プレイ用で使うこのモード。先ほど話したジョイコン操作時のデメリットは同じくあるが、こっちを使うとゲーム的な明確なメリットもある。

※遊べる人が居ないから、仕方なく1人で操作してるという理由では決してないぞ!


【パートナーを操作出来る】

subasekaFM-11.jpg

一番のメリットが、本来自動的に動いてくれるパートナーを任意で動かせること。

パートナーの攻撃ってのは馬鹿に出来ないくらい普通に火力も高くて強いので、使いこなせるようになると、1人でプレイするより明かにサクサク相手を倒せる。コンボも稼ぎやすいし、何より慣れるとこっちの方が楽しい。


【難易度はより上がる】

難点としては、自分の脳みそ1つで2つのキャラクターを使うという事で忙しくなり、操作の難易度自体が更に上がること。

特に最初はごっちゃになりやすく、自分が何やってるか良く分からなくなる。ジョイコンの操作がどっかに飛んでいくこともあるから尚更。


【ジョイコン操作のコツ】

subasekaFM-07.jpg

1つプレイでも2つプレイでも共通して言える、ジョイコンを操作するプレイのコツとしては…

・バトルが始まる前とか、適度に『ポジションリセット』をする。

ジョイコンを使ってると操作がどっかに飛んでいくことが多く、2つのジョイコンの位置が正しくないと同じような操作をしても近くに居なかったりする。基本的に同じ敵を狙うことが多い為、この2つのジョイコンの位置をある程度合わせるためにも、少なくともバトルの最初ではリセットをしたい。変になった時もこまめにリセットしよう。


・1P操作に7割、2P操作に3割くらいの意識を割く

2Pのパートナーは攻撃を食らって死ぬということは無い為、意識するのは主に1Pだけで良い。

正直、2Pでやることは敵にカーソルとかを合わせてAボタン連打くらいでも良い。1Pの回避を怠らないのが一番大事かも。


・Switch本体をTV、もしくはモニタの中央に置いておく

これも大事な要素。Switchの置き場所がちゃんとしてないと、ゲームのプレイ感も変になる。Wiiの時代にTVとかにリモコン用のトランシーバーか何かをセットしてたが、あの時のようにちゃんと真ん中に設置した方が良い。


少なくとも2つのジョイコンを完璧に操作しないといけない程このゲームは難易度が高くないので、ある程度は雰囲気プレイで良い。

2つ操作は忙しいが、慣れてくるとジョイコン1つプレイであったゲームの窮屈性が薄れ、2つ操作ならではの面白さとかが出てくるはず。まだこれに挑戦したことない人は、ちょっと挑戦してみてほしい。難しいけどね!


【まとめ】

subasekaFM-14.jpg

こんな感じで操作性がしんどい事は変わりないが、自分の中でプレイしやすかった環境にして遊んでる。

現在、恐らくストーリーの中盤くらいまで進んだ。クリアまで長くはなさそうだし、死神のゲームのことも色々分かってきて、先も気になる感じになってきた。盛り上がりそうなところになると、挿入歌が入るのも良い感じ。

このゲームには興味あるけど、どの操作スタイルも無理だった…って人は多分大人しく元のDS版をプレイするなりした方が良さそう。先人のクリア済みのプレイヤーが、そっちの方を勧めてるのをよく見かけるので。

しかし、このSwitch版をいっせいトライアルで出して、期間が終わったらこのSwitch版を買おうって人はそこまで居るのか…?


subasekaFM-10.jpg

全体攻撃で便利な『必殺技』も時間かかるだけでテンポも悪くなるし、途中の演出はいらなくね?って思ってる。

何だかなー、やっぱりSwitch用に最適化されてると思えないんだよね…。
関連記事
SSX
Admin: SSX

自分が面白そうならとりあえずプレイしてみる雑食ゲーマー。特に格ゲーや、ゲーム音楽などが大好物。アニメや映画といった映像作品も好き。

気軽にコメントや、Web拍手等をしていただけると喜びます。




◆現在プレイ中
グラブルリリンク、スト6、PSのゲームカタログ

◆適当な一言
3月まで早速のゲームラッシュ。とりあえずリリンクは買います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

There are no comments yet.
Wii・Switch全般
雑記 (104)
絶ニュース (18)
アニメ (48)
FC2ブログ (16)
フリーソフト (4)
有料・フリーゲーム (23)
Xbox360全般 (55)
周辺機器 (6)
XBLA (11)
ストリートファイター4 (11)
スーパーストリートファイター4 (10)
ウルトラストリートファイター4 (3)
ストリートファイターX鉄拳 (5)
Bioshock1・2 (4)
ボーダーランズ (6)
ボーダーランズ2 (10)
Dead Space (3)
End of Eternity (4)
バイオハザード6 (3)
PS全般 (118)
FF14 (24)
FF12 (2)
FF13 (3)
FF10 (4)
FF9 (10)
FF8 (3)
FF7 (8)
FF3 (3)
ドラクエビルダーズ (4)
デモンズソウル (10)
ダークソウル (13)
ダークソウル2 (12)
ダークソウル3 (2)
エルデンリング (15)
仁王2 (13)
グラブルリリンク (10)
ストリートファイター5 (6)
ストリートファイター6 (14)
BBCP (5)
GBVS (17)
GUILTYGEARシリーズ (23)
魔界戦記ディスガイアシリーズ (11)
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 (4)
逆転裁判シリーズ (3)
ライフイズストレンジ (2)
バイオハザードHDリマスター (3)
ToX (9)
戦場のヴァルキュリア (4)
MHW (6)
MHP3 (6)
イース7 (3)
ダンガンロンパシリーズ (4)
英雄伝説 軌跡シリーズ (16)
勇者30シリーズ (6)
ペルソナP3 (5)
ペルソナ4G (10)
イース セルセタの樹海 (6)
イース8 (3)
討鬼伝 (4)
SEKIRO (5)
Wii・Switch全般 (33)
ゼルダの伝説シリーズ (10)
アークライズファンタジア (10)
零~月蝕の仮面~ (3)
ToG (5)
斬撃のレギンレイヴ (4)
ゼノブレイド (4)
朧村正 (4)
DS/3DS全般 (14)
世界樹の迷宮シリーズ (7)
スーファミミニ (4)
iPhone (18)
テラバトル (21)
白猫プロジェクト (9)
グランブルーファンタジー (44)
グラフィティスマッシュ (3)
アナザーエデン (3)
映画 (12)
デジタル機器 (8)