絶体絶域

怪人の『異能』を使い、巨大な監獄都市を駆け巡る。イース9 モンストルム・ノクス レビュー

2020/01/17
PS全般 0
Ys9-01.jpg

ガッツリやってイース9をクリア。プレイ時間は30時間くらい。
今回は好きなシリーズだからこその、ちょっと辛口めのレビューです。

・前作のレビュー記事はこちら
■イース8 ラクリモサ・オブ・ダーナ レビュー



【舞台は監獄都市バルドゥーク】

Ys9-02.jpg

Ys9-05.jpg

『赤毛のアドル』として名高い冒険者であり主人公のアドル。
相棒のドギとやってきたのは巨大な"監獄都市"として名高いバルドゥークの街。

様々な冒険先で色んな経験を体験してきたアドルは身の潔白を証明しようとするが、そこで強制的に監獄にアドルが捕まってしまうところから物語は始まる。

そこで出会った謎の女『アプリリス』、そしてバルドゥークの街と、『怪人』と呼ばれる集団に纏わる因果に巻き込まれていくお話。


Ys9-00.jpg

Ys9-06.jpg

街自体は高低差もあってかなり広く、見渡せるほど。
この巨大都市を主に中心として話が進むため、いつものようなイースシリーズとは違い冒険感は少なめ。
この都市を駆け巡るだけでもなかなか面白い。

最初は行くところに色々と制限があるが、ストーリーが進むにつれ段々行ける場所も増えてくる。
中盤以降は街だけじゃなく、近辺のフィールドにも出かけたりも可能で、草原を駆け巡ってるといつものイース感も出てくる。


【基本システムは前作を踏襲】

Ys9-08.jpg

イース7から一新されたシステム通り、今回も最大3人のPTで進んでいく。
硬い敵には『打』、柔らかい敵には『斬』、飛んでる敵には『射』のように敵にはそれぞれ有効な属性が決まっており、キャラクターを対応してる敵の属性のキャラに交代しながら進んでいく。


Ys9-03.jpg

イース8から実装された防衛戦のようなイベントは、9にも『グリムワルドの夜』という名前として受け継がれた。
敵が大量にやってくるので、こちらの防衛地点を破壊されないように殲滅すれば良い。

戦闘中にはメインキャラクターだけではなく、サブキャラクターも様々な支援をして助けてくれる総力戦。


Ys9-09.jpg



【異能アクションは色々】

Ys9-07.jpg

今回導入された新システムとして目立つのが、『異能』と呼ばれるアクション要素。
戦闘中でもフィールド探索中でも発動することが可能で、空を飛んだり、壁を駆け上ったり、普通じゃ見えないものも見えるようにしたりと色々ある。この要素がちょっとしたアクセントになっていて、ダンジョンの探索や巨大な監獄都市を駆け巡るのが実にプレイしやすくなる。


Ys9-10.jpg
異能『サードアイ』では普段見えないようなものが見えたり、宝箱等が誇張されて見えやすくなる。



【爽快感はそのまま】

Ys9-11.jpg

Ys9-12.jpg

イース自体のアクションの面白さは健在。
ハイスピードで駆け巡って、ノリノリの音楽を聴き、PTを切り替えながらガンガン進んでいくような作り。

難易度自体は『ノーマル』で始めたがあまりにも簡単だったので、途中から『ハード』に変更。今までのシリーズより更に難易度は低めだと思う。
難易度自体はいつでも変更出来るし、その人に合った難易度で遊べばいいと思うが、ノーマル難易度だとあまりにゴリ押せちゃう為にハード以上を推奨。ハードでも特に難しいなと思うところはないレベルではあったけど。


【音楽もザ・イース】

音楽は安心安定のノリノリの音楽が多め。
ただ、今回はこれだ!と言える代表曲のようなものが無かったように感じた。
一番好きなのは溶岩炉のBGM。その割にはそこに行くことがほとんどないのが悲しいw

後述するが、今作品ではOPが無いってのも代表的な曲がないのに拍車をかけてる気がする。


【気になったこと】


【どうしても前作と比べてしまう】

ストーリーをクリアするまで、最後の最後までどーーーしても頭から離れなかったところを言いたい。
前作と大体似通ってるシステムになってるせいで、8と9で出来をやっぱり比べてしまう!!

9独自の強みというか、オリジナル要素が薄い分、どうしても比べてしまう!
舞台設定やキャラの違いが主な相違点だが、8はダーナという存在感がものすごくある聖人のようなヒロインが居て、舞台設定も無人島。進んでいくと無人島を開拓していく楽しさや冒険観もあり、更には過去と現在がリンクしていくようなストーリー設定は実に面白かったし、魅力的すぎた。

今回は最序盤なんかははっきり言ってマジでつまんなかったし(仲間が増えると面白くなった) 冒険観も薄いし、本当に面白くなってくるのは色々自由度が増えてくる中盤以降。それでも、『怪人』という設定や今回のストーリーにはそこまで惹かれるものもなく、序盤でうすうす気づいてたことを最後まで引っ張っていた印象しかなかった。魅せ方がちょっと下手。


【別操作パートがイマイチ】

主人公達とは別に、時々監獄での別視点のキャラを操作するパートが入る。
これがキャラは弱く、異能アクションも使えず、即死トラップのところを潜り抜けていくようなパートで、正直やってて面白くない。
これもまた8のダーナ視点を踏襲したんだろうが、こっちはキャラが弱くなって死にやすくなっただけの雑なパートという印象がぬぐえない。


【グラフィック・モデリング・モーションはさすがになんとかしろ】

前作は、一応最初はPSvitaで発売されてたからこんなもんかくらいで特には気にしなかったが、PS4単体で出ると話は別。さすがに誤魔化せないくらい、他ゲータイトルとクオリティに差を感じるようになった。PS4の水準レベルに全然満たせてない。

いかにもJRPGをしているような動きがアリアリなので、さすがにもっと頑張ってほしいよファルコム。


【OPはどこにいった…?】

イースといったらOPの良さもあると今まで思ってたんだけど、何故か今回は未実装。
何で?いや本当に何で?わけがわからないよ。


【総評】

Ys9-04.jpg

客観的には十分に良作であり、イースの良さも相変わらずでそこは面白くはあった。
…が、良作ではあるけど、それ以上ではないというか、本当はもっと上を期待していた、期待してしまってた自分がいた。
なので、ちょっと厳しい評価をしています。

初期の頃はロードが長かったらしいが、アプデによってそこら辺改善されたので、特に気にはならなかった。普通くらいの時間。何度も書いたけど、やはり前作の8が自分の中では本当に面白かったせいもあり、どうしても終始8と比べてしまっていた。仮に人にオススメするにしても8の方をススメちゃうし、9自体に罪はないのかもしれない…。

少なくともナンバリングが上がっても全体的に大して変わってなかったって点はマイナスだったので、イース7でシステムが一新したように、次回作はグラフィックも含めて大幅にパワーアップすることを期待しています。
関連記事
SSX
Admin: SSX

自分が面白そうならとりあえずプレイしてみる雑食ゲーマー。特に格ゲーや、ゲーム音楽などが大好物。アニメや映画といった映像作品も好き。

気軽にコメントや、Web拍手等をしていただけると喜びます。




◆現在プレイ中
グラブルリリンク、スト6、PSのゲームカタログ

◆適当な一言
3月まで早速のゲームラッシュ。とりあえずリリンクは買います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

There are no comments yet.
PS全般
雑記 (104)
絶ニュース (18)
アニメ (47)
FC2ブログ (16)
フリーソフト (4)
有料・フリーゲーム (23)
Xbox360全般 (55)
周辺機器 (6)
XBLA (11)
ストリートファイター4 (11)
スーパーストリートファイター4 (10)
ウルトラストリートファイター4 (3)
ストリートファイターX鉄拳 (5)
Bioshock1・2 (4)
ボーダーランズ (6)
ボーダーランズ2 (10)
Dead Space (3)
End of Eternity (4)
バイオハザード6 (3)
PS全般 (117)
FF14 (24)
FF12 (2)
FF13 (3)
FF10 (4)
FF9 (10)
FF8 (3)
FF7 (8)
ドラクエビルダーズ (4)
デモンズソウル (10)
ダークソウル (13)
ダークソウル2 (12)
ダークソウル3 (2)
エルデンリング (15)
仁王2 (13)
グラブルリリンク (7)
ストリートファイター5 (6)
ストリートファイター6 (13)
BBCP (5)
GBVS (17)
GUILTYGEARシリーズ (22)
魔界戦記ディスガイアシリーズ (11)
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 (4)
逆転裁判シリーズ (3)
ライフイズストレンジ (2)
バイオハザードHDリマスター (3)
ToX (9)
戦場のヴァルキュリア (4)
MHW (6)
MHP3 (6)
イース7 (3)
ダンガンロンパシリーズ (4)
英雄伝説 軌跡シリーズ (16)
勇者30シリーズ (6)
ペルソナP3 (5)
ペルソナ4G (10)
イース セルセタの樹海 (6)
イース8 (3)
討鬼伝 (4)
SEKIRO (5)
Wii・Switch全般 (33)
ゼルダの伝説シリーズ (10)
アークライズファンタジア (10)
零~月蝕の仮面~ (3)
ToG (5)
斬撃のレギンレイヴ (4)
ゼノブレイド (4)
朧村正 (4)
DS/3DS全般 (14)
世界樹の迷宮シリーズ (7)
スーファミミニ (4)
iPhone (18)
テラバトル (21)
白猫プロジェクト (9)
グランブルーファンタジー (44)
グラフィティスマッシュ (3)
アナザーエデン (3)
映画 (12)
デジタル機器 (8)