絶体絶域

魔女と百騎兵 レビュー

2013/12/24
PS全般 0
majo100-00.jpg

7月に買ってたのに積んでたゲームを再開、その名は魔女と百騎兵。
怒涛の勢いでクリアして、あまつさえトロフィーもコンプしたので、プレイ日記じゃなくレビュー方式に。日本一信者として、このゲームはやらないといけないのだ。

ちなみに、難易度はオールカジュアルモード。ノーマルでやってたら2章で心折れました!



majo100-08.jpg

主人公となるのは、この沼の魔女と呼ばれるメタリカ様…ではなく、百騎兵と大それた名前の付いた魔物がプレイヤーとなる。メタリカはかなりの俺様至上主義で、簡単に放送禁止用語を連発する人格者。沼を各地に広めることがメタリカの野望であり、百騎兵としてそのお手伝いをすることに。

序盤進めただけでも分かるが、全年齢対象作品には到底ならないであろう出血表現や、エグイ要素が満載!


majo100-09.jpg

majo100-12.jpg

グラフィックに関しても綺麗というより、よく雰囲気が出ていて、世界観の構築に成功している。
音楽は日本一といえばこの人、佐藤天平氏。ディスガイアシリーズの音楽より個人的には今作の方が好きってくらい、気に入ってる( ・∀・)


【アクションとか】

majo100-02.jpg

本作は、アクションRPGでいわゆるハクスラ系。少しだけシステムを紹介してみる。

操作はシンプルで、基本的には□ボタン連打での(5回まで)攻撃が主力。
直前で敵の攻撃を回避するとベヨネッタばりのウィッチタイムが発動するが、これがなかなか判定がシビアで難しい。
走ることやアクション動作をする度にスタミナゲージみたいなのを使うのは良いとして、走ることにゲージを使い過ぎだなと思った。


majo100-15.jpg

攻撃回数毎に武器を変えられるのでオール剣でいくなり、とりあえず攻撃力の高そうなのを適当に並べるなり。勿論、それぞれの武器にはメリットデメリットがある(古槍は攻撃力は高いが、範囲が狭い等)


【民家を魔女制圧!】

majo100-06.jpg

フィールドを探索していると敵だけではなく、村人なんかもいたりする。
話しかければ勿論会話を聞けるが、攻撃することも可能。攻撃しまくると村人からも反撃されたりで特にメリットはない…はずw 


majo100-05.jpg

村人の家には家宝が設定されており、なんと百騎兵で宝を奪える。こちらのレベルが低いと返り討ちにあうが、良いアイテムが家宝に設定されており強奪に成功すると嬉しい。


【クイック・タイム・イート!】

majo100-10.jpg

ネーミングセンスがなかなかに洒落が効いてるw
敵の体力が一定以下で発動が出来、その名の通り相手を食ってギガガロリーを回復出来る。
ギガカロリーとはダンジョンゲームでありがちな『元気度or空腹度』みたいなもので、これが0になると体力が減っていったり、ゲームオーバー時に復活出来ないと様々なデメリットに繋がる。


majo100-07.jpg

じゃあ毎回敵を食ってればいいじゃん、とならないのがこのストック・ストマック。見た目が胃袋そのまんまだね。敵が落としたアイテム等を取得すると、アイテムはここに格納される。見て分かる通り上限が決まっており、満タンになるとアイテムを取得出来なくなってしまう。

クイック・タイム・イートを使用するとガーベッジというゴミアイテムが強制的に数個格納されるので、何回も使うことが出来ないし、アイテムを取得することすら出来なくなってしまう。(例外はアリ)使いどころが肝心ということ。




他にも色々細かいシステムがあるが、そこは割愛。
ここからはどうしても気になった点、つまり駄目だなと思ったところを。


【フィールドマップ広すぎィ!】

majo100-13.jpg

俺はマップ埋めるの好きなんだ!って人でもこのゲームでは閉口するんじゃないかな?
無駄に広すぎる。もうちょっと開発途中になんか思わなかったのかと、イースセルセタの樹海くらいなら埋めてみようかと思ったけど、これは無理。

だんだんダルくなって、もうピラー(中間セーブ地点のようなもの)だけを探して探索なんかしなくなった。


【ハメられてイライラ】

majo100-03.jpg

敵の攻撃等で、受け身が取れないふっ飛ばし攻撃等を食らった時に盛大にコケます。
それはいいい、それはいいとしてこれに無敵時間がないので、起き上がるまでに攻撃を食らうとまた吹っ飛ぶ。下手すりゃこれがループ。この仕様によってハメられやすく、イライラ要素でしかなかった。


【大味すぎる戦闘バランス】

基本カジュアルモードでやってるので、大それたことは言えないけど…俺は基本的にゲームをプレイする時は大抵ノーマルモードでやっている。このゲームも同様にやりたかったけど、戦闘の難易度が露骨に上がるので正直やってらんねーって感じでカジュアルに逃げたw カジュアルにしてもゲーム後半の難易度には驚かされたので、ノーマルでやるとかなり高難度だと思う。



【総評】

世界観や音楽は良く、ストーリーに関しては日本一にしてはかなり満足。先の展開が読めなく、とある展開も衝撃的で必見。伏線未消化だったりと気になったところはまだあるが。

今作はいわゆるマルチエンディング。通常エンドを見てもそこで終わらないで。むしろ終われないと思うけど。それと、少しのネタバレになるかもしれないが、ラスボスの見た目。ラスボスの見た目に関しては最近やったRPGの中でもトップクラスに印象に残ったんで、出来れば見て欲しい。


ただ、肝心のアクション部分があまり良くない、工夫しがいが少なく単調な戦闘。使わないようなシステムもあるので、もっと無駄をなくして面白く感じるように練るべき。アクションがメインというか中身であるのに、そこがどうも噛み合ってない印象。"ガワ"の部分は素晴らしいんだけど。

と言いつつも、総合的には面白かったといえるので、興味あるなら手にとってみては。それこそ今ならアプデによって追加されたカジュアルモードがあるので、ストーリーを見ていくくらい出来るんじゃないかと。色々な面で人を選ぶ作品です。追伸:音楽が聞きたいから限定版のサントラ付き買っとけば良かった!!

関連記事
SSX
Admin: SSX

自分が面白そうならとりあえずプレイしてみる雑食ゲーマー。特に格ゲーや、ゲーム音楽などが大好物。アニメや映画といった映像作品も好き。

気軽にコメントや、Web拍手等をしていただけると喜びます。




◆現在プレイ中
グラブルリリンク、スト6、PSのゲームカタログ

◆適当な一言
3月まで早速のゲームラッシュ。とりあえずリリンクは買います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

There are no comments yet.
PS全般
雑記 (104)
絶ニュース (18)
アニメ (48)
FC2ブログ (16)
フリーソフト (4)
有料・フリーゲーム (23)
Xbox360全般 (55)
周辺機器 (6)
XBLA (11)
ストリートファイター4 (11)
スーパーストリートファイター4 (10)
ウルトラストリートファイター4 (3)
ストリートファイターX鉄拳 (5)
Bioshock1・2 (4)
ボーダーランズ (6)
ボーダーランズ2 (10)
Dead Space (3)
End of Eternity (4)
バイオハザード6 (3)
PS全般 (118)
FF14 (24)
FF12 (2)
FF13 (3)
FF10 (4)
FF9 (10)
FF8 (3)
FF7 (8)
FF3 (3)
ドラクエビルダーズ (4)
デモンズソウル (10)
ダークソウル (13)
ダークソウル2 (12)
ダークソウル3 (2)
エルデンリング (15)
仁王2 (13)
グラブルリリンク (10)
ストリートファイター5 (6)
ストリートファイター6 (14)
BBCP (5)
GBVS (17)
GUILTYGEARシリーズ (23)
魔界戦記ディスガイアシリーズ (11)
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 (4)
逆転裁判シリーズ (3)
ライフイズストレンジ (2)
バイオハザードHDリマスター (3)
ToX (9)
戦場のヴァルキュリア (4)
MHW (6)
MHP3 (6)
イース7 (3)
ダンガンロンパシリーズ (4)
英雄伝説 軌跡シリーズ (16)
勇者30シリーズ (6)
ペルソナP3 (5)
ペルソナ4G (10)
イース セルセタの樹海 (6)
イース8 (3)
討鬼伝 (4)
SEKIRO (5)
Wii・Switch全般 (33)
ゼルダの伝説シリーズ (10)
アークライズファンタジア (10)
零~月蝕の仮面~ (3)
ToG (5)
斬撃のレギンレイヴ (4)
ゼノブレイド (4)
朧村正 (4)
DS/3DS全般 (14)
世界樹の迷宮シリーズ (7)
スーファミミニ (4)
iPhone (18)
テラバトル (21)
白猫プロジェクト (9)
グランブルーファンタジー (44)
グラフィティスマッシュ (3)
アナザーエデン (3)
映画 (12)
デジタル機器 (8)