絶体絶域

【FF3】 初めてのピクリマの感想~前編~。サラマンダーに燃やされて。

2024/03/23
FF3 0
FF3-05.jpg

初めてのFF3、そして初めてのピクリマ版ということも含めて色々思ったことの感想。

ストーリーを一から追うと大変なので、印象に残ったところだけを取り挙げていく。昔のゲームだから言うのもなんだけどネタバレは注意。

サラマンダーに燃やされるのは、通過儀礼だと思いたい…!



関連記事はこちら。

【FF4CC】 PSP版FF4のクリア後の振り返りプレイ日記・感想その1。

【FF4CC】 PSP版FF4のクリア後の振り返りプレイ日記・感想その1。

PSP版のFF4コンプリートコレクション、通称FF4CCの本編をクリアした。レビュー形式のようにまとめて感想を書いてしまうと味気ないなと思い、その時に自分の中で思った感想をそのまま書いていきたかったので、プレイ日記形式で振り返りながら書いていくことにしてみた。今更それを言うゲームでもないと思うけど、ネタバレ注意。...


【FF6】 ティナのテーマが飽きないFF6のプレイ感想。始まり~魔大陸まで。

【FF6】 ティナのテーマが飽きないFF6のプレイ感想。始まり~魔大陸まで。

神トラ、聖剣2に続くレトロゲー枠。FF6を『スーファミミニ』を使ってプレイしてきた感想のような日記みたいなもの。昔の作品ですが、ガッツリネタバレ注意です。今更ながらSwitchで、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』を初プレイ。最新のゲームから、大分昔にタイムスリップ。今現在FCチックな某ゲームをやってる影響もあって、レトロゲー的なものがやりたくなって…。丁度良いやとSwitch onlineにあった『ゼルダの伝説 神々...





【FF3の冒頭、4人の光の戦士】

FF3-00.jpg

最初にやることは主人公4人の名前決め。

FFといったらキャラクターの名前が決まって固定化されてるイメージがあったから、なるべくデフォルト名でいきたかったんだけど、調べた感じではFF3はどうもそういうのが無いらしくて困った。名前を付けるのは得意じゃない。

□ボタンを押すとランダムに決めてくれる機能があったので、それを使って、『ケイリー』『グランツ』『レイ』『アンディ』と適当に名前を決めることにした。

ちなみに、今後キャラクターの名前を呼ばれることはほとんどないため、キャラの名前を決めたのに誰が誰かはイマイチ把握していない。


【大地震から始まる物語】

FF3-05.jpg

あらすじ



4人の少年は孤児で、ウルの村にある僧侶トパパに育てられた。

突然『大地震』が起き、異変が起きるようになった世界。

この地震によってクリスタルは地中に埋め込まれ、それによって出来た洞窟を4人が探検していると、光の力を失いつつある風のクリスタルを見つけることになる。

そのクリスタルからこの世界を救うように光の啓示を受け、4人は冒険の旅に出かけることになった。


 


FF3-03.jpg

そして本作で特徴なのが、この4人が話している台詞というのは青文字で表示され、''明確に誰がどの発言をしているかが良く分からない''ということ。

普通は誰が話してるか理解出来るような内容にするのが一般的だけど、そういう作りではなかった。そういうのもあってこの4人全員を1つの''個''として考えるようなストーリーになっているんだろうなと思った。

何て言うんだろう、一人一人の個性は特別重視していないというかそんな感じ。


【ピクリマが大変遊びやすい件】

 とにかくピクセルリマスター版が大変遊びやすくて驚いたため、FF3の中身というよりは、まずはピクリマの良さを勝手に解説していく。

【フォントがクラシックとモダン】

フォントにパターンが用意されていて、『クラシック』『モダン』の2種類ある。

※どこかの某格闘ゲームとは関係ありません


FF3-07.jpg

上記画像の文字が『クラシック』スタイル。

視認性が良くて文字が読みやすい。

しかし、世界観に合うかというとグラフィックに比べてちょっと文字が浮いている。スマホゲーっぽい感じ。


FF3-08.jpg

上記画像の文字が『モダン』スタイル。

視認性は下がるが、昔のSFCのドット絵で描かれたような感じが表現され、世界観にも合ってる。

個人的にはこっち一択。

ピクリマも最初はこのフォントは選べなかったらしいが、アプデによって追加されたらしい。


【BGMは原曲とアレンジ完備】

FF3-11.jpg

音楽もFC版のFF3の原曲と、そのアレンジが用意されている。

これまたフォントと同様に以前までは原曲の方を選べなかったらしい。BGMが人気あるFFで原曲を選べなかったのは謎でしかないけど、気分でいつでも変えらえるようになってるのは嬉しいところ。

FF3のフィールド曲である『悠久の風』がようやく本編で聞けて嬉しかった。これから世界を旅するんだよって感じの色んな想いが詰まってそうな良い曲。

アレンジ版も試しに聴いたところ、こちらはより壮大さが上がってて良いアレンジだと思った。通常戦闘曲もアレンジ版は原曲とは対照的なエレキギターアレンジで好きな感じ。

総じて、アレンジ版のBGMの出来は良かったと思う。気に入らなければ原曲の方にすればいいし。


【マップ、隠し通路が分かりやすい】

FF3-20.jpg

ダンジョンや街を探索中での右上に出てる『マップ』が分かりやすい!

特に隠し通路なんかはそのマップにある隠し通路を見つけると、他の隠し通路も一緒に表示されてしまう仕様になっている。

あまりにも分かりやすくなりすぎて、「…これは逆にやりすぎなのでは?」と思ったりもしたけど、このゲーム自体隠し通路が分からないと先に進めない場所もある''隠し通路ゲー''なので、これくらいあっても良いかなという考えに落ち着いた。


FF3-25.jpg

フィールドマップの方では、街やダンジョンで取った宝箱の数とかも出てくれて便利。

正に今風のゲームって感じ。


【ブースト機能も便利】

他にも遊びやすくなる仕様としては『ブースト機能』も実装されている。

これは戦闘で得られる経験値やお金を『0~4倍』のように設定することが可能で、レベル上げとかに活躍するシステム。経験値やお金を無しの0にもすることが出来るので、逆に縛りプレイなんかにも向いてる。

エンカウントのONOFF機能もあって、アナログスティックを押し込むことによっていつでもエンカウントを操作できるのもありがたい。昔のゲームというのはエンカウント率が高いから、これがあるとないとではゲームの快適度が全く違う。

FF7~FF9のリマスターは快適に遊べたのに、何故かFF10のリマスターだけ家庭用版はそれがなかったからエンカウントが大変だったことを思い出した。

【FF10】  20年ぶりにやり直すFFのプレイ感想  ~前編~。ザナルカンドの曲が身に染みる。

【FF10】 20年ぶりにやり直すFFのプレイ感想 ~前編~。ザナルカンドの曲が身に染みる。

今一度、FF10を20年ぶりくらいにやり直す!初見プレイというわけではないが、懐かしさを感じつつも改めてやり直して思ったことを書いていく。染みるぜ、このOPの映像とザナルカンドの曲がよぉ…!...



【FF3の戦い方、ジョブと魔法を使いこなす】

FF3-06.jpg

FF3の戦闘システムはジョブがいくつかあって、それを自由に選択してそのジョブに設定された魔法や特殊なコマンドを使って戦うことになる。

ジョブがあるFFは初めてだから新鮮だった(FF5は未プレイ)。FF12ZEはプレイしたことあるが、アレをジョブがあるゲームと呼ぶのはなんかちょっと違う気もするし…。

魔法なんかも回数制限があるシステムで、強力な魔法ほど使用回数は少なくなっている。基本的に宿屋とかじゃないと回復も出来ないし、使いどころは考える必要があると感じた。


FF3-12.jpg

ジョブには『熟練度』というシステムがあって、熟練度が上がれば上がるほどそのジョブでの攻撃の威力が上昇する仕組み…らしい。

ゲームのどこにも書いてないから自分で調べてみた。間違ってたらごめんなさい。これは使ってたら勝手に上がっていくし、そこまで気にしなくて多分良さそうかな?

基本は物理攻撃職1つ、黒魔道士と白魔道士は固定で、後1つは自由枠って感じで遊んでた。


【ミニマムのグラフィックがかわいい】

FF3-24.jpg

本編の途中には、体を小さくする『ミニマム』の魔法を使わないと進めないところがある。

このミニマム状態だと防御力が1になって受けるダメージが増え、与えるダメージも極端に下がってしまうが、魔法関係の威力は変わらないようになっている。

そのため、この時だけは全員のジョブを魔法を使えるようにしたりと、ジョブの切り替えが大事なゲームなんだろうなと気付き始めていた。


【強敵サラマンダーに燃やされる】

FF3-34.jpg

特にジョブを変えないといけないなと感じたのは、強敵である『サラマンダー』戦。

グツコーという人物が、火のクリスタルの力を借りて姿を変えた姿がこいつ。

このサラマンダーがまぁ強くて、基本的に毎ターンこちらに高威力の火の攻撃を放ってくる。めちゃくちゃ痛い。

初見で全滅余裕でした。


FF3-36.jpg

たまに火の攻撃をしてくるとかではなく、ほぼ毎ターンしてくるからこれをどうにかしないとごり押しすら出来ない。

ゲーム的に考えると防御的な性能を上げれば良いわけで、実際にこれを使ってくれ!といわんばかりに、直前のショップでは『アイスヘルム』とかの火耐性を上げる防具が売っていた。

しかし!このアイスヘルムだと、よく使ってる白や黒魔道士のジョブでは装備が不可能。

どうしたもんかと悩んでいたら、ここで「そういうことか!」と気が付いた。



【ジョブの切り替えは大事】

FF3-38.jpg

つまり、ジョブを切り替えて、それを装備出来るジョブにすればいいんだな、と。

4人中3人を赤魔道士に変えてアイスヘルムを装備し、何とかサラマンダーの火の攻撃を耐えられるようにする。

2度目の挑戦ではこれでも失敗してしまったが、3度目の挑戦で一応倒すことが出来た。これでも死にかけではあったけどw

ジョブ自体が大事というよりかは、''ジョブを切り替えて、防具を装備出来るようにすることこそが大事''だと気付かされた。


FF3-39.jpg

そんな感じでサラマンダーを倒して火のクリスタルを解放すると、これまた新たなジョブが解放して使えるようになった。

きっと、この流れをを繰り返していくゲームってことなんだろう。新しく使えるようになったジョブも強力で、狩人の『乱れうち』が単体の敵にかなり強く、戦闘もより楽しくなってきた。


FF3-58.jpg

何というか本作はゲーム側から「こういう感じで攻略してね!」っていう導線があるのを感じられる。

別にそれを使わないと絶対に勝てないというわけではないけど、それを使うと以外に簡単に攻略出来るようになったり、RPGとしての基本を教えられてるような感覚。

FF3は、RPG初心者の人とかにも良いかもしれない。


【FF3の世界設定が興味深い】

FF3-29.jpg

ジョブのある戦闘もなかなか面白いけど、その他には本作の『世界設定』に関しても興味を惹かれたところがある。

まず、最初にウルの村から始まって、色々と世界を旅することになるが、開始数時間くらいでほぼ全部の町やダンジョンを巡ることが出来てしまい、「これが世界だとするとちょっと狭すぎじゃないか?」と思ってた。

そんなところに…


【実は〇〇だったんだよ!】

FF3-45.jpg

更に外の世界が存在することが判明。

今まで居た場所は『浮遊大陸』という場所で、世界の中では小さな1つのエリアにすぎなかった。

そして本当の世界の方に出てみると、辺り一面に広がる海、巨大な海!

といっても「結局、何も無いじゃないか!」と思ってると…


FF3-46.jpg

座礁してる船に居た人物から、大地震があったあとに世界は海に沈んでしまったと教えられる。

だから海だらけだったのか…なるほどなるほど。

何というかこの世界で起きてるスケールがでかすぎて、ほぉー…と感嘆するしかなかった。


FF3-52.jpg

水のクリスタルを解放すると、海から地中が出てきてまた新たな真の世界を旅することになるわけだけど、その海の中に居た人々は石にされて記憶がないらしい。

「この人たちは周りが水浸しになってることに気付かないのか…?」とかいう野暮なツッコミは置いておき、本当に設定が想像してたより壮大だった。


FF3-28.jpg

他にも''古代人''という存在や、過去にあった光の氾濫での世界の危機、そこを闇の世界からきた4人の戦士が救うとか、なんか色々とストーリー設定が面白いなと思った。

これからもまた新たなストーリーが展開されることに期待しながら、次はクリアを目指し後編に続く!
関連記事
SSX
Admin: SSX

自分が面白そうならとりあえずプレイしてみる雑食ゲーマー。特に格ゲーや、ゲーム音楽などが大好物。アニメや映画といった映像作品も好き。

気軽にコメントや、Web拍手等をしていただけると喜びます。




◆現在プレイ中
FF15、スト6、PSのゲームカタログ

◆適当な一言
6月にエルデンリングDLC、7月にFF14は既に予定済み。


ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

There are no comments yet.
FF3
雑記 (104)
絶ニュース (18)
アニメ (49)
FC2ブログ (16)
フリーソフト (4)
有料・フリーゲーム (23)
Xbox360全般 (55)
周辺機器 (6)
XBLA (11)
ストリートファイター4 (11)
スーパーストリートファイター4 (10)
ウルトラストリートファイター4 (3)
ストリートファイターX鉄拳 (5)
Bioshock1・2 (4)
ボーダーランズ (6)
ボーダーランズ2 (10)
Dead Space (3)
End of Eternity (4)
バイオハザード6 (3)
PS全般 (120)
FF14 (24)
FF12 (2)
FF13 (3)
FF10 (4)
FF9 (10)
FF8 (3)
FF7 (8)
FF3 (3)
ドラクエビルダーズ (4)
デモンズソウル (10)
ダークソウル (13)
ダークソウル2 (12)
ダークソウル3 (2)
エルデンリング (15)
仁王2 (13)
グラブルリリンク (10)
ストリートファイター5 (6)
ストリートファイター6 (14)
BBCP (5)
GBVS (17)
GUILTYGEARシリーズ (23)
魔界戦記ディスガイアシリーズ (11)
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 (4)
逆転裁判シリーズ (3)
ライフイズストレンジ (2)
バイオハザードHDリマスター (3)
ToX (9)
戦場のヴァルキュリア (4)
MHW (6)
MHP3 (6)
イース7 (3)
ダンガンロンパシリーズ (4)
英雄伝説 軌跡シリーズ (16)
勇者30シリーズ (6)
ペルソナP3 (5)
ペルソナ4G (10)
イース セルセタの樹海 (6)
イース8 (3)
討鬼伝 (4)
SEKIRO (5)
Wii・Switch全般 (33)
ゼルダの伝説シリーズ (10)
アークライズファンタジア (10)
零~月蝕の仮面~ (3)
ToG (5)
斬撃のレギンレイヴ (4)
ゼノブレイド (4)
朧村正 (4)
DS/3DS全般 (14)
世界樹の迷宮シリーズ (7)
スーファミミニ (4)
iPhone (18)
テラバトル (21)
白猫プロジェクト (9)
グランブルーファンタジー (44)
グラフィティスマッシュ (3)
アナザーエデン (3)
映画 (12)
デジタル機器 (8)