絶体絶域

【グラブルリリンク】 楽しいぴょんぴょんイオちゃん入門編。個人的な使い方の説明と解説。

2024/03/02
グラブルリリンク 0
Relink-230.jpg

サブキャラとして始めたイオちゃんを使うのが楽しいので、同じように使う人が増えたらいいなと使い方の解説や説明をしていく。




関連記事はこちら。

【グラブルリリンク】 究極武器全回収終わり!これからプロバハやる人へ向けて失敗率やドロップ率の話。個人的オススメ銀天稼ぎクエストも。

【グラブルリリンク】 究極武器全回収終わり!これからプロバハやる人へ向けて失敗率やドロップ率の話。個人的オススメ銀天稼ぎクエストも。

プロバハをひたすら周回して、究極武器は全て集まった!プロバハ初心者の人へ向けて体感のドロップ率や失敗率の話とか。あとは必要となる銀天稼ぎのオススメ場所とかを語っていく。...





【ぴょんぴょんイオちゃんの説明と解説】

最初に注意点として説明しておくと、このイオの使い方が正しいかというとそうではなく、あくまで自分が使ってるイオの使い方って感じなのでご了承を。

「ラカムやオイゲンとは違った遠距離キャラを使いたい、ちょっと変わった立ち回り方のキャラを使いたい」って人には楽しいのでオススメ!

【必須ジーンについて】

Relink-231.jpg

まず、必須ジーンとしては『回避性能』と固有性能を持った『魔導士の願い』、『魔導士の機転』のジーン2種。この2つのスキルが乗った『魔導士の覚醒』のジーンがあると楽。

回避性能をレベル15にすると回避が連続で7回まで行えるようになることから、ぴょんぴょん跳ねながら立ち回るイオの使いやすさが圧倒的に楽になる。

イオの固有ジーンは2つ共に強力なので出来れば装備したい。特に溜めの時間が30%短くなる魔導士の願いの方は、あるとないとじゃ全然違う。

その他のジーンは汎用的な火力で埋めていくといった感じ。アビリティを回していきたいので、アビのクールタイムを短く出来る『クイックアビリティ』とかのジーンもなるべく詰めておきたい。


Relink-234.jpg

まだまだ詰めきれてはないが、自分が今使ってるのはこんな編成。

・ダメ上限LV65
・カタストロフィLV25
・リジェネーションLV15
・クリティカル確率LV26
・ガッツLV6
・チャージ強化LV5
・渾身LV30
・追撃LV45
・有利属性変換
・回避性能LV15
・クイックアビリティLV45
・怒涛LV15
・高揚LV15
・ポーション所持数LV15
・魔導士の覚醒

【基本的な立ち回り】

Relink-229.jpg

基本的な立ち回りを説明していく。※キャラ強化のステータスは全て振ってること想定で話しています。

主によく使うアビ構成は、『ファイア』、『アイス』、『ライトニング』、『フラワリーセブン』の4つ。

通常の立ち回りとしては敵に対して□の通常攻撃はほとんど使うことは無く、主に使うのは△でのスターゲイズ攻撃を使っていく。

まずは敵をロックして△攻撃。これを一切溜めないで使うようにして、△攻撃→すぐに回避→△攻撃→すぐに回避を繰り返して攻撃していく。回避をするのは攻撃後の硬直を無くすため。

△攻撃をして即回避をしても攻撃判定は残ってダメージは与えられるので問題ない。この行動を繰り返していくと、ぴょんぴょんと跳ねるイオちゃんの出来上がり。

他のアビリティ系は使えるようになったら即使ってok。サンダーのような麻痺効果があるアビだけは、適切なタイミングを考えて使いたい。

アイスやファイアやオーブといったその後に『高速詠唱』の効果が付いているアビリティを使った場合、そのまま△押しっぱなしにしていくことで自動的に高速詠唱をすることも覚えておきたい。押しっぱなしの方が楽。

高速詠唱してチャージ1の状態まで溜めて放ち、その後にまた回避でぴょんぴょんしていく。


Relink-237.jpg

・リンクアタックについて

イオの『リンクアタック』が発生すると、魔力の渦ゲージが1つ溜まり、その後に△で高速詠唱が可能となる。

△でチャージ中の時に〇を押してリンクアタックの攻撃に参加をしたとしても、また△を押しっぱなしにしておくと、''先ほどの途中からチャージが継続されて途切れることがない''というのも知っておきたい要素。


Relink-238.jpg

このように基本的な立ち回りは一切溜めないで△攻撃をぴょんぴょんしながら使い、高速詠唱が付いているアビリティや、リンクアタックが発生した場合のみチャージ1の△攻撃を狙っていく。

そして、それらを繰り返して魔力の渦ゲージ最大の3になりそうなタイミングを把握しておいて、そうなった瞬間に最大溜めのチャージ4をぶち込んでいく!といった流れを繰り返していく。


Relink-248.jpg

・魔力の渦レベルの確認方法

イオの周りに浮遊してる黄色い玉の数で現在の魔力の渦レベルが確認できるが、戦ってるとなかなか視認しにくいことも多いため、直前にチャージ攻撃を使った際にレベルがいくつかだったかを覚えていくと良い。

「今はチャージ3まで使えるから、次にチャージする時は最大のチャージ4まで溜められるな!」といったように。


・発生の遅さを考慮して撃つ

アビリティの『フラワリーセブン』は使う場合は基本的に溜めないで撃って構わないが、発生が遅いのでちゃんと当たりそうな場所で使うこと。最大溜めのチャージ4も同じく発生が遅いためにちゃんと当たるタイミングで狙うこと。外すととても悲しくなる。


・回避は連続7回まで

あと、もっと細かいことを言うと、回避性能を付けてるとはいえ7回連続で回避すると硬直が発生してしまうため、6回くらい回避したら適当にチャージ1を撃つとか、□溜め攻撃を撃つとか、アビリティを撃って回避回数をリセットして調整すると良い。

もしチャージ中に敵の攻撃を食らいそうになる場合はもう即発動して回避するか、もしくは回避した後にまたチャージを続けていくかを考えて選択する(回避してもチャージ状態は保持される)

ある程度ジーンを詰めるとイオは通常の△攻撃で約20万、チャージ4の最大溜めで200万以上のダメージが出るようになる。



【アビリティの説明と注意点】

ここからアビリティの特性について、知ってる限りでそれぞれ1つずつ性能を説明していく


Relink-239.jpg

・ライトニング

範囲内の敵に雷を落として麻痺状態を付与する技。

この技はダメージを期待するというよりかは、麻痺を付与して拘束することによってPT全体の火力アップに繋がるのがポイント。敵がODしてバーストオーラをする前に狙ってみるとか、プロバハに対して80%手前で付与して拘束を長くするとかで活躍する。

ただ、戦うPTに状態異常付与キャラが多いと、氷結と麻痺が被ったりして意味をなさないときもあるので必須というわけではない。でもあったら色々と便利なアビ。


Relink-240.jpg

・アイス

複数の氷のつぶてを発射する技(高速詠唱対応)

攻撃デバフが付いており、アビのダメージ自体は低め。発生と同時に後ろに下がることもあって、敵との距離が空きすぎてしまうのがやや使いにくい。

Youtubeで検証した人の動画によると、アイスを発動した少し後に無敵時間があるらしいので、それを使って敵の攻撃を回避ということも可能。といってもイオは結構立ち回りで敵と距離が開いてること多いから、そこまで狙うものでもないが。

このアビが強いというよりかは、クールタイムが短くて取り回しが良く、その後に△の高速詠唱に移行出来るところが優秀。



↑参考になった動画。細かい検証が面白い。


Relink-241.jpg

・ファイア

くるっと回って炎の火球を発射する技(高速詠唱対応)

防御デバフが付いており、また複数ヒットする技でもある。遠距離で撃った場合が30~40万くらいのダメージだとして、近距離で撃った場合は合計90万~100万くらいのダメージになる。これはなぜかというと、最初のくるっと回る攻撃にも判定があるため。つまり、ファイアを使うならばなるべくなら近距離で当てていきたい(無理して近距離行くほどではないが)

リンクタイム中なら敵がスロウして皆が一斉攻撃チャンスになるので、この時はなるべく近距離で当てたい。

注意点としてファイアは発生が遅いため、発生したあとにすぐ回避でキャンセルしてしまうと、技が発生していないことになって、アビリティだけを無駄に消費したような結果になってしまうので、回避する場合はちゃんと炎の弾丸を射出するまで待ってからした方が良い。


Relink-243.jpg

・オーブ

範囲内に持続的ダメージを与える闇属性の技(高速詠唱対応)

正直あんまり使ったことが無い。全てヒットしたときの総ダメージ値はそれなりにあるが、思ったよりもクールタイムが長い。

その場に発生のためにちょこまか動く敵とは相性が悪い。ガチでダメージ重視のアビを組んでいくのなら一向の余地あり。


Relink-242.jpg

・フラワリーセブン

巨大な複数の魔法弾を上空から落とす技。

高威力、高スタン値の強いアビリティ。クールタイムも長め。

溜めることは出来るが、一切溜めなくても威力は十分に高い。△のチャージ4で200万与えられる場合、フラワリーセブンだけで370万くらいのダメージが出る。

これもファイアと同じで発生が遅く、発生する前に回避でキャンセルしてしまうと意味がなくなってしまう。そして発生が遅くて着弾する仕様なために、上手く使わないと全弾スカるということも普通にあり得る。また上空から降ってくるという特性上、大きな敵の方が当てやすい。

溜めて撃つ必要性は個人的に特に感じなかった(ダメージを比較しようにも、小さなトックン相手だと良く分からないというのもある)


Relink-244.jpg

・ヒール

その場に持続的な回復効果のある魔方陣を展開する。回復技がポーションによって死んでる現状では全く使わない技。

放置周回や、味方のCPUに使わせるのならアリかもしれない選択肢。それでも一回の回複量が低すぎてなんともいえない。

使ってみたいけど使う必要のない悲しさ。


Relink-246.jpg

・コンセントレーション

地面に一定時間、高速詠唱効果が付いた魔方陣を設置する。その場にさえいれば常に効果は発揮する。

これを軸として反復横跳びしながらチャージ1を当てるという戦い方もあるだろうけど、どちらにせよ立ち回りが狭い場所で限定されるようになるから使ってはいない。

この魔方陣の上で高速詠唱に対応したアビを使うと、効果が重なって爆速でチャージが溜まる…ということもない。重複はしない模様。

良い使い方を考え中。


・魔力の渦

魔力の渦レベルを即時に最大にする(高速詠唱対応)

効果自体は強いが、クールタイムが凄く長いのが欠点。また、これを最大限発揮しようとすると魔力の渦が全くないときに使わないと生かせないというのもあり、使い勝手が微妙。

これを入れるくらいならフラワリーセブンとかを雑に使った方が良いと思った。魔力の渦が最大値の上限を超えて溜まる仕様とかだったら面白かったのに。


【まとめ】

こんな感じでぴょんぴょんイオちゃんの解説は終わり。

今回の使い方はあくまで一例。□溜めを当てていきながらチャージ1を撃っていくような立ち回りもあるけど、それだと立ち回り自体が難しくなると思うので、今回は溜め無し△の楽なぴょんぴょんスタイルを解説した。

敵がバーストオーラ中に□溜めで魔力の渦を溜めて、解除に合わせてチャージ4をぶっ放すとか、他にも色々とやり方はありそうではある。そこら辺はまだまだ勉強中。

とにかくイオちゃんは使ってて楽しくて強さもあるので、使う人が増えたり、何かの参考になれば幸い。
関連記事
SSX
Admin: SSX

自分が面白そうならとりあえずプレイしてみる雑食ゲーマー。特に格ゲーや、ゲーム音楽などが大好物。アニメや映画といった映像作品も好き。

気軽にコメントや、Web拍手等をしていただけると喜びます。




◆現在プレイ中
FF15、スト6、PSのゲームカタログ

◆適当な一言
6月にエルデンリングDLC、7月にFF14は既に予定済み。


ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

There are no comments yet.
グラブルリリンク
雑記 (104)
絶ニュース (18)
アニメ (49)
FC2ブログ (16)
フリーソフト (4)
有料・フリーゲーム (23)
Xbox360全般 (55)
周辺機器 (6)
XBLA (11)
ストリートファイター4 (11)
スーパーストリートファイター4 (10)
ウルトラストリートファイター4 (3)
ストリートファイターX鉄拳 (5)
Bioshock1・2 (4)
ボーダーランズ (6)
ボーダーランズ2 (10)
Dead Space (3)
End of Eternity (4)
バイオハザード6 (3)
PS全般 (120)
FF14 (24)
FF12 (2)
FF13 (3)
FF10 (4)
FF9 (10)
FF8 (3)
FF7 (8)
FF3 (3)
ドラクエビルダーズ (4)
デモンズソウル (10)
ダークソウル (13)
ダークソウル2 (12)
ダークソウル3 (2)
エルデンリング (15)
仁王2 (13)
グラブルリリンク (10)
ストリートファイター5 (6)
ストリートファイター6 (14)
BBCP (5)
GBVS (17)
GUILTYGEARシリーズ (23)
魔界戦記ディスガイアシリーズ (11)
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 (4)
逆転裁判シリーズ (3)
ライフイズストレンジ (2)
バイオハザードHDリマスター (3)
ToX (9)
戦場のヴァルキュリア (4)
MHW (6)
MHP3 (6)
イース7 (3)
ダンガンロンパシリーズ (4)
英雄伝説 軌跡シリーズ (16)
勇者30シリーズ (6)
ペルソナP3 (5)
ペルソナ4G (10)
イース セルセタの樹海 (6)
イース8 (3)
討鬼伝 (4)
SEKIRO (5)
Wii・Switch全般 (33)
ゼルダの伝説シリーズ (10)
アークライズファンタジア (10)
零~月蝕の仮面~ (3)
ToG (5)
斬撃のレギンレイヴ (4)
ゼノブレイド (4)
朧村正 (4)
DS/3DS全般 (14)
世界樹の迷宮シリーズ (7)
スーファミミニ (4)
iPhone (18)
テラバトル (21)
白猫プロジェクト (9)
グランブルーファンタジー (44)
グラフィティスマッシュ (3)
アナザーエデン (3)
映画 (12)
デジタル機器 (8)