絶体絶域

【雑記】 2023年にプレイしたゲームの振り返り。ラチェクラ パラレルトラブルと龍が如く7の感想も。

2023/12/30
雑記 0
PS5-30.jpg

2023年ももう終わり。

昔はゲームオブザイヤー記事なんてものも書いてて懐かしいなと思いつつ、今年の締めとして今年プレイしたゲームを振り返っていくコーナーをやってみる。かなり内容が長いために注意。

記事を書けてなかった『ラチェクラ パラレルトラブル』と、『龍が如く7』の簡単な感想も。



関連記事はこちら。

【雑記】 2023年9月のニンテンドーダイレクトとState of Playを見て気になったやつ。

【雑記】 2023年9月のニンテンドーダイレクトとState of Playを見て気になったやつ。

ブログのネタになってくれる定期記事。当初は9月14日のニンダイだけの予定だったが、15日にはPSのState of Playも放送されたので、これらの新作情報をまとめて気になった作品を話していく。...





【2023年にプレイした印象深いゲームの振り返り】

1つ1つのゲームタイトルを詳細に語ってたらかなり長くなってしまうため、短めに書いていく。詳細を書いた記事のリンクだけ張っておきます。

【ドラクエビルダーズ2】

【ドラクエビルダーズ】 プレイ感想その1。伝説のビルダーになってアイテムを作り、土を掘ってるだけで楽しい!メルキド編。

【ドラクエビルダーズ】 プレイ感想その1。伝説のビルダーになってアイテムを作り、土を掘ってるだけで楽しい!メルキド編。

新しいジャンルにチャレンジしたいのもあって、最近PSプラスのゲームカタログに追加された『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』をやってみることにした。マイクラで有名なサンドボックス系のゲームにほぼ初チャレンジ!最初に始めることになるメルキド編のプレイ感想を書いていく。...

(※2の記事が無いのでとりあえず1を張る)

多分、今年最初にハマったのがこれ。

ビルダーズは「マイクラっぽいゲームをやりたいけど、アレは自由度が高すぎて難しそうだなぁ…」という自分のような人に正にぴったりのゲームだった。

物を作る''ビルダー''となって1人で世界を救うのが1で、2は皆でビルダーになって一緒に建築しようっていう世界。世界観は1の方が好きだが、システム的には2の方が好き。というか、2に慣れるともう1には戻れない。

そして、クリアして2の感想を書こうと思ったら普通に忘れてたという…。

2も1と同じかそれ以上に面白かったよと、ようやく2の感想を言う事が出来た。人にやってくれとオススメしたくなる作品。ところで、3は出ないんですか?


【デスストランディング】

【デスストランディング】  序盤を乗り越えたら中毒になる。人を選ぶ配送ゲームにハマる。

【デスストランディング】 序盤を乗り越えたら中毒になる。人を選ぶ配送ゲームにハマる。

現在、メタルギアで有名な小島監督が手掛けた『デスストランディング』という配送ゲームにハマり中。万人が楽しめるようなゲームではなく、人を選ぶ要素も多いこのゲーム。まだクリアしてないためにレビューというわけではないが、どんなゲームの内容なのか簡単に説明や紹介をしていく。...


''物品を自分の力で歩いて配達していく''という独特のゲームシステムは斬新で、そういう意味でもやってみる価値はあるゲーム。

序盤はシステムに慣れるまでは微妙だったが、中盤から理解してくると加速的に面白くなり…けれど、最終的に怒涛のムービーシーンにまたゲンナリしてしまった。

面白いことは面白いんだけど、結構人を選ぶゲーム。


【バイオHDリマスター】

【バイオハザードHDリマスター】 プレイ感想その1。アイテムが持てないというホラー。

【バイオハザードHDリマスター】 プレイ感想その1。アイテムが持てないというホラー。

初代バイオハザードのリメイク作である、バイオハザードHDリマスターをプレイしていく。バイオシリーズはリメイクも含めたら2~7までのナンバリングはプレイ済み。最新作の8の前にいつか初代をやってみたいと思ってた。さっくりとクリアを目指していこう!...


バイオ1は未プレイだったから、後々に敵役として出てくるウェスカーが仲間になってたり、バイオシリーズの起源を知ることが出来た。

それにしてもクリス編の持ち物の上限が少なすぎて、進めていくのが色んな意味で辛かった。この仕様のせいで面倒で投げ出す人居ると思う。

リマスター版のオリジナルキャラである『リサ・トレヴァー』というキャラが辿っていく運命を知れたりと、そういう意味でもやれて良かったと思う。


【ライフイズストレンジ】

【ライフイズストレンジ】 クリア後の振り返りネタバレ感想。

【ライフイズストレンジ】 クリア後の振り返りネタバレ感想。

ライフイズストレンジをクリアしたのでネタバレありの感想を。全5章あるストーリーを、印象が残ってるシーンとかを振り返りながら語っていく。そのため、結構長めになっております。...

(※↑ネタバレ注意)

時間を戻して選択肢をやり直したりと、自分の好きな映画である『バタフライエフェクト』にも影響を受けてるなと思わされるタイムリープ系作品。

田舎の町を舞台にしてるだけあって雰囲気が良いゲームで、流れる洋楽とかも印象的。そして主人公であるマックスが辿る物語の結末も含めて、印象的でもあった。

多分これをプレイする時期が今ではなく更に昔であれば、もっと感化されてたかもしれない。


【ドキドキ文芸部プラス】

【ドキドキ文芸部プラス】 クリア後の振り返りネタバレ感想。ギャルゲーの皮を被ったナニカ。

【ドキドキ文芸部プラス】 クリア後の振り返りネタバレ感想。ギャルゲーの皮を被ったナニカ。

ギャルゲー的雰囲気を醸し出す、ドキドキ文芸部プラスというゲームをクリアした。…何ともドキドキした体験だった。色んな意味で。このゲームをネタバレなしで語るなんてものは土台無理な話なので、ここからの感想はネタバレ注意。というか、クリアしてる人以外は絶対に読んじゃ駄目。...

(※↑ネタバレ注意)

ゲームに『インパクト賞』というものがあるなら、このゲームに送りたい。

パッと見は見た目が普通のギャルゲーにしか見えないが…。まぁあんまり詳しくいうとネタバレになるので言わないが、ジャンルとしては''ホラー''とかに入るとは思う。本編とは雰囲気が変わる追加シナリオの方もやる価値はあった。

ちなみにこのゲーム、メンタル的に不安定な人はやらない方がいい。色んな意味でもう一度はやりたくないゲーム。


【FF8、FF10、FF12】

【FF8】 学園モノFFのプレイ感想 ~前編~。ジャンクションとドローシステムを理解してきた。

【FF8】 学園モノFFのプレイ感想 ~前編~。ジャンクションとドローシステムを理解してきた。

巷でも''賛否両論''と評価を聞くことがあるFF8を自分の目で確かめてみたくて、HDリマスター版をプレイ。実際に体感してみるとシステム関係はなかなかに複雑だけど、理解していくとスルメのように味が出てきた。今回は前編と後編 の2つに分け、ざっくりと気になったところだけを話していく。FF8を既にプレイ済みの人向け記事。...


未プレイで気になってたFF8とFF12、そして過去に初めてFFとしてプレイしたことあるFF10を再びプレイ。

FF8は巷で言われてる評判とは違い、自分の中では本当にかなり面白くて、2つの交差するストーリーや最初は難解なジャンクションシステムとかも含めて、最後まで楽しかった。

大人の時にプレイするのと、子供の時にこれをプレイするのとでは、きっと受ける印象が変わるのかなと思う。多分、自分が子供だったら色々と理解出来ていない。

最強武器であるライオンハートのカッコよさは、厨二心をくすぐるデザインをしている。


【FF10】  20年ぶりにやり直すFFのプレイ感想  ~前編~。ザナルカンドの曲が身に染みる。

【FF10】 20年ぶりにやり直すFFのプレイ感想 ~前編~。ザナルカンドの曲が身に染みる。

今一度、FF10を20年ぶりくらいにやり直す!初見プレイというわけではないが、懐かしさを感じつつも改めてやり直して思ったことを書いていく。染みるぜ、このOPの映像とザナルカンドの曲がよぉ…!...


FF10は久しぶりにやると、ゲーム全体を通して「こんなにランダムエンカウントの頻度が多かったっけ?」とはなった。マジで昔のゲームレベル。

ボス戦の難易度も思ったより高くて苦戦したし、あんまり初心者向けじゃないような気はした。

『時々でいいから思い出してください』や『すぐ泣くぞ』で有名なシーンも多くあるが、終盤の展開は知っててもやっぱり感動した。ユウナは名誉ヒロインだよ。(でもリュックの方が好き)


【FF12TZA】 オフライン版MMOなFFのプレイ感想 ~前編~。くじけそうになりながらも、ガンビットシステムにハマる。

【FF12TZA】 オフライン版MMOなFFのプレイ感想 ~前編~。くじけそうになりながらも、ガンビットシステムにハマる。

FF12のHDリマスター版である、FF12ザゾディアックエイジを開始。FF8と同じで''人を選ぶ''みたいな話も聞く本作。いざプレイしてみると、FFシリーズの中でも序盤のとっつき辛さが強く、プレイし続けることに早くもくじけそうになった。...


FF12は戦闘はMMOっぽいシステムで、''味方のAIを自分で組み立てる''というガンビットシステムが新鮮で魅力だった。回復魔法の発動条件や順番を変えたり、雑魚敵には範囲技で攻めるようにしたりと、プログラミング的な面白さがあった。

ただ、ストーリーの方はうーん…といった感じ。もはや内容は覚えてない。戦闘システムの方に全振りしてる感じのゲーム。

人が生活して生きてるんだなと思えるような世界観とかも良く、ゲーム自体は良かった。バルフレアー!


【ゼルダの伝説 ティアキン】

【ゼルダの伝説 ティアキン】 超序盤のプレイ感想。始まりの空島のボリュームが凄い。

【ゼルダの伝説 ティアキン】 超序盤のプレイ感想。始まりの空島のボリュームが凄い。

待望のゼルダ新作、ゼルダの伝説ティアーズオブキングダムが発売された。略称はティアキンで良いのかな?とりあえず記事に書きとめたかったので、ゲームのチュートリアルとなる『始まりの空島』の感想を書いてみることにする。...

ティアキンは評価されまくった前作であるブレワイの続編ということで、どんなものが出てくるかと不安と期待が入り混じった感情で心待ちにしてたら、十分すぎるほど納得のいく料理が出されたという感じ。

いやこれは本当に凄い事。自分がゲーム制作側だったら、期待されまくってる続編なんて作りたくないし。

今作は新たなシステムがとても面白く、自由にものを作って組み合わせたりとか、創造性を働かせてくれるゲームシステムに加え、天空から地底まで広がる大ボリュームの世界観と、もう文句のつけようがない内容。ラスボスを倒した時、満足感でいっぱいだった。

ボリューム的にクリアに時間がかかることだけがネック。


【ストリートファイター6】

【スト6】 動きがカッコイイジェイミーがゆく。酒(薬湯)を飲まなきゃ始まらない!

【スト6】 動きがカッコイイジェイミーがゆく。酒(薬湯)を飲まなきゃ始まらない!

スト6を発売日に買ったくせに他ゲーに浮気してばかりなので、ちゃんと対戦と向き合うことにした。新キャラであるジェイミーを使ってみた雑感とか、他にスト6で思ったことについても語る。...


スト4から格ゲーにハマったものとしては、前作のスト5がストリートファイターという看板に値する内容だとはずっと思っていなくて、もうあきらめていたところはあった。

ところがどっこい、スト6では新たな初心者向けに施策した『モダン操作』や、『ドライブシステム』という難しいながらも考えることが多い攻めたシステムで勝負してきて、最初のバージョンとは思えない驚きの完成度で見事に成功を収めた。

ゲームの出来だけという訳ではないが、結果的にこのスト6が格ゲーマーだけではなく、初めてプレイする初心者や人気ストリーマーとかにも受け、今では格ゲーとは思えないほどの人口になっていることはまだ正直信じられないところはある。

少なくとも格ゲー界においては、歴史に残るほどの世界線が変わってしまったゲームだと思う。カプコンの本気、ここにあり。

【ライブアライブ リメイク】

【ライブアライブ リメイク】 クリア後のネタバレ感想。

【ライブアライブ リメイク】 クリア後のネタバレ感想。

ライブアライブのリメイクバージョンをクリア。色々と語りたくはなったので、各章ごとに分かれてるシナリオをネタバレ込みで感想を言っていく。「あの世で俺に詫び続けろーッ!」という有名な台詞もようやく聞けた。...


全部で8章あるオムニバス形式のRPG、ライブアライブのリメイク作品。

1章がそこまで長くないのでプレイしやすく、またガラっとストーリーの内容や世界観も変わるため、常に新鮮な気持ちで遊べた。

一番好きな章は『功夫編』や『SF編』で、声優さんの演技も熱があって良かった。でもやっぱ''あのシーン''だけは名前を叫んで欲しかったかも。


【7days to end with you】

【7days to end with you】 クリア後のネタバレ感想。

【7days to end with you】 クリア後のネタバレ感想。

Switchのいっせいトライアルで配信されていた、『7days to end with you』というゲームをクリア。''言語を理解して進めていくアドベンチャーゲーム''という特殊なゲーム性をしており、そのシステムは斬新かつ、物語としても記憶に残る体験になった。特に考察とかをしてるわけではないけど、ネタバレありで振り返りながら感想を語っていく。未プレイの人は引き返して。...

(※↑ネタバレ注意)
7days to end with youというゲームは、自分がある日目が覚めると、「何故自分がここに居るのか、自分が誰なのか、そして側に居る女性のことすら分からない、そして話をしようにも言葉が通じない」

そういった中で言葉や文字はどういった意味を示してるのかを自分で模索して意味を理解し、繰り返される7日間を過ごして、この物語の真の意味を理解していくという変わったゲーム。

この''言語が分からないままも理解していく''という感覚は、自分が突然全く知らない外国のどこかに放置されたような感覚に近くて、それをゲームに落とし込んでいるという発想が本当に凄いと思った。

そして言葉の意味を理解し、物語の意味も理解すると、隠された真実が浮かび上がるようになる。この作品は今までプレイしたきたインディー作品の中でも、心の中に残っているくらいには好きな作品。

変わったゲームをプレイしてみたいって人にはオススメ。


【オクトパストラベラー2】

【オクトパストラベラー2】 クリア後のネタバレ感想とキャラ批評。薬師と商人は今回も強かった。

【オクトパストラベラー2】 クリア後のネタバレ感想とキャラ批評。薬師と商人は今回も強かった。

ラスボスを倒し、オクトラ2のswitch版をクリアした。(80時間かかった)ネタバレ含めた感想をしつつ、それぞれ8人のストーリーやジョブ、キャラ性能についても話していく。...

(※↑ネタバレ注意)
前作、オクトパストラベラーの正統進化版がこのオクトラ2。

今作からは昼と夜といった概念が追加され、それをいつでも自由に切り替えたりとか、昼と夜によってまた流れる音楽も変わったりするのが好きなところ。前作からの音楽の良さも健在。

そこまで大きな変化はないが、前作が好きな人はとりあえずプレイして損はないはず。


【Sea of Stars】

【Sea of Stars】 レビューと評価。翻訳は少し気になるものの、黙々とやってしまう古き良きドット絵RPG。

【Sea of Stars】 レビューと評価。翻訳は少し気になるものの、黙々とやってしまう古き良きドット絵RPG。

Sea of Starsをクリア。黙々とハマってやっていたらいつの間にか終わっていた。レビューと評価、感想などを含めて書いていく。...


「こういうドット絵のゲームがやりたかったんだよなぁ」…を見事に体現してくれたのがこのSea of Starsというインディーゲーム。

戦闘シーンも『マリオRPG』や『クロノトリガー』とかに影響を受けていて、ドット絵のクオリティが本当に凄いので、SFC時代のゲームが好きな人には是非手に取ってもらいたい。

出来ればこういうゲームこそ、日本の大手から発売されると良かったんだけど。


【ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団】

【ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団】 部隊で戦い、壁すらも壊す。日本一らしいシステムが魅力な3DダンジョンRPGにハマる。

【ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団】 部隊で戦い、壁すらも壊す。日本一らしいシステムが魅力な3DダンジョンRPGにハマる。

現在20~30時間ほどプレイし、ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団(以下ルフラン)にハマり中。このゲームがまた日本一ソフトウェアらしい独特なシステムが健在で、面白いなと思ってる点をつらつらと勝手に語っていく。...


世界樹3で3DダンジョンRPGにハマり、そしてずっとやりたかったこのルフランにも見事にハマってしまった。

そこら辺にある壁を壊してショートカットしたり、部隊を編制して大人数で戦闘をするというオリジナリティもあり、そして思わず感動してしまうエンディングと、発売自体はそれなりに前の作品だが、十分にゲームとして楽しかった。

裏ダンまでやると想像以上にボリュームがあった。でも本当にやれて良かった。次作である『ガレリアの迷宮』が密かに気になってる…。


【ラチェット&クランク パラレルトラブル】

PS5-29.jpg

記事にはしてないが、最近クリアした『ラチェクラ パラレルトラブル』に関して。

ラチェクラシリーズは始めてだったが、別にやってなくてもストーリー的にはそこまで問題なかった。元の世界とパラレルなもう1つの世界と繋がってしまい、両方をいったりきたりすることが多かったけど、ロードも皆無なくらいに快適でグラフィックも綺麗。

マシンガンタイプの武器やショットガン、敵を木にしてしまうという変わった武器も含めて色んな武器を使って敵と戦うことになるが、それぞれの武器がPS5コントローラーのデュアルセンスと呼応して、色んな振動を生み出してくれて操作するだけで気持ちが良かった。PS5にプリインストールされてる『アストロプレイルーム』が好きだったから、こういうゲームがやりたかったんだよなという感じ。

10時間くらいで終わってしまうのが良くも悪くもな部分ではあるが、PS5の性能をいかんなく発揮されてるため、PS5ユーザーにはとりあえずやっとけ!と言いたくなる完成度だった。


【龍が如く7】

PS5-31.jpg

こちらも記事にはしてないが、最近クリアした『龍が如く7』に関して。

春日一番という男を新主人公としてメインストーリーが展開されていく。始まりはどん底からだけど、そこから警官やホームレス、キャバ嬢といった色んな仲間と出会い、成り上がっていくという物語。

いつもはアクションゲームだったこのシリーズが、''主人公がドラクエが好き''という設定なところもあって、今作からはドラクエみたいなコマンド戦闘になっている。リアルなグラフィックなのに、やってることがコミカルな動きというのが、シュールに見えて面白かった。


PS5-32.jpg

サブ要素でもカラオケをしたり、マリカーみたいなミニゲームでCPUと対戦出来たりと遊べる要素は数多くあって楽しかった。メインストーリーではRPGらしく仲間の大事さが描かれていて、春日一番役の中谷一博さんの熱演が光り、終盤では思わずその想いに目頭が熱くなってしまったほど。

ただ、一応シリーズの過去キャラが出るので、全体的なストーリーに影響はしなかったが、これからこのシリーズに手をだしていくなら過去作もやっておくべきだなと思った。(次作をやるなら龍が如く1を履修しようかな)

ラチェクラと同じでこれもコマンドRPGさえ大丈夫なら、人にオススメ出来る内容だった。


【サブスクにお世話になった2023年】

そんなこんなで、長くなった振り返りは終わり。

「ラチェクラと龍が如く7の感想を書いてないな…よし、一緒ににまとめたろ!」って思ったのが今回のこの記事。自分としても振り返れて良かったと思う。

特に今年はPSのサブスクである『ゲームカタログ』にはお世話になったし、多分来年もお世話になると思う。最近になって値段が上がったのだけはなかなか痛いが…。

既にPS+に加入してる方向けのセールはしないんですかソニーさん!!??(心の叫び)


【来年の気になるゲームは?】



来年となる2024年の気になるゲームタイトルとしては、まずは『グラブルリリンク』に期待してる。

これは本家グラブルユーザーでもあり、格ゲーのVSのほうもプレイしてることから、買うのはもう確定してる。面白いと良いんだけどなぁ…なんかモンハンのようなゲームなのか、テイルズのようなゲームなのかよく分かってない。ちょっと不安でもある。

あとは龍が如く7をクリアしたのもあって興味が湧いた、『龍が如く8』もこれまた面白そうだなぁと。

ハワイが舞台になり、そこを舞台にしたジョブも色々あって面白そう。スジモンマスターになってみたい。

そしてまだ正式には発表されてないが、恐らく『エルデンリングのDLC』とかも来年くると思われるので、そこも期待したいかな。

それでは、みなさんよいお年を!
関連記事
SSX
Admin: SSX

自分が面白そうならとりあえずプレイしてみる雑食ゲーマー。特に格ゲーや、ゲーム音楽などが大好物。アニメや映画といった映像作品も好き。

気軽にコメントや、Web拍手等をしていただけると喜びます。




◆現在プレイ中
グラブルリリンク、スト6、PSのゲームカタログ

◆適当な一言
3月まで早速のゲームラッシュ。とりあえずリリンクは買います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

There are no comments yet.
雑記
雑記 (104)
絶ニュース (18)
アニメ (48)
FC2ブログ (16)
フリーソフト (4)
有料・フリーゲーム (23)
Xbox360全般 (55)
周辺機器 (6)
XBLA (11)
ストリートファイター4 (11)
スーパーストリートファイター4 (10)
ウルトラストリートファイター4 (3)
ストリートファイターX鉄拳 (5)
Bioshock1・2 (4)
ボーダーランズ (6)
ボーダーランズ2 (10)
Dead Space (3)
End of Eternity (4)
バイオハザード6 (3)
PS全般 (118)
FF14 (24)
FF12 (2)
FF13 (3)
FF10 (4)
FF9 (10)
FF8 (3)
FF7 (8)
FF3 (3)
ドラクエビルダーズ (4)
デモンズソウル (10)
ダークソウル (13)
ダークソウル2 (12)
ダークソウル3 (2)
エルデンリング (15)
仁王2 (13)
グラブルリリンク (10)
ストリートファイター5 (6)
ストリートファイター6 (14)
BBCP (5)
GBVS (17)
GUILTYGEARシリーズ (23)
魔界戦記ディスガイアシリーズ (11)
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 (4)
逆転裁判シリーズ (3)
ライフイズストレンジ (2)
バイオハザードHDリマスター (3)
ToX (9)
戦場のヴァルキュリア (4)
MHW (6)
MHP3 (6)
イース7 (3)
ダンガンロンパシリーズ (4)
英雄伝説 軌跡シリーズ (16)
勇者30シリーズ (6)
ペルソナP3 (5)
ペルソナ4G (10)
イース セルセタの樹海 (6)
イース8 (3)
討鬼伝 (4)
SEKIRO (5)
Wii・Switch全般 (33)
ゼルダの伝説シリーズ (10)
アークライズファンタジア (10)
零~月蝕の仮面~ (3)
ToG (5)
斬撃のレギンレイヴ (4)
ゼノブレイド (4)
朧村正 (4)
DS/3DS全般 (14)
世界樹の迷宮シリーズ (7)
スーファミミニ (4)
iPhone (18)
テラバトル (21)
白猫プロジェクト (9)
グランブルーファンタジー (44)
グラフィティスマッシュ (3)
アナザーエデン (3)
映画 (12)
デジタル機器 (8)