絶体絶域

【ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団】 黒ノ紙集めと苦戦する大魔王戦。魂移しでひたすらレベル上げ。

2023/11/21
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 0
Refline-80.jpg

前回の通常ENDの続きから。

『黒ノ書』集めをして、数々の隠しボスと戦い、真ENDを目指していく。

今まで難易度で詰まったことは無かったのに、ここからは強すぎて苦戦するボスとか、初めての育成要素である『魂移し』とか、ストーリーを普通にやる上では味わえなかった要素を楽しむことが出来た。

ネタバレ注意!



関連記事はこちら。

【ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団】 クリア後のネタバレ感想。エンディングまで、泣くんじゃない。

【ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団】 クリア後のネタバレ感想。エンディングまで、泣くんじゃない。

ルフランの地下迷宮と魔女の旅団をとりあえずクリアして、通常エンドを見た。クリア時間は50時間くらい。EDまでの感想や、気になったことについても話していく。超ネタバレ注意。やっぱりドロニアおばちゃん、なんだよなぁ…。...





【黒ノ紙を集めよう】

Refline-76.jpg

前回、涙なしでは見られない感動のENDを迎えて無事にこのゲームは終わり…かと思いきやそうでもなく、話はまだまだ続いている。せっかくだから、その先にあると噂される『真END』を目指していく。

まずそのためにやらなくちゃいけないこととして、『黒の紙』と呼ばれる''妖路歴程の失われしページの一部''を集めることになる。全て集めると通常ENDの内容が変わり、新たなシナリオが発生するらしいので、それを目指していく。


【6体の強力なボスたち】

Refline-75.jpg

今までに攻略したダンジョンに再び潜入すると、その時では強すぎて勝てる気配がしなかったボスたちと再戦することに。

といってもこちらもゲームをクリアするくらいにはレベルが上がってるため、最初あたりのボスはそこまで苦戦しないで倒すことはできた。

深緑のフェーヌムに居るのが、この『巨大ペコロ』

もはやグラフィックが画面に収まってないという圧を感じる。相手の攻撃力はすさまじいが、こちらもドナムの力で焔撃攻撃を連発しまくってたら気づいたら倒せた…。

やはりこのゲームはドナムが最強!マージナルメイズが強い!


【変態ジュノーン】

Refline-78.jpg

地下帝国メルムに居るのは、『大帝ジュノーン』といういかにも強そうなボス。

実際強かったりはしたが、それよりももっと気になるところがあって…


Refline-79.jpg

股間の方に視点を合わせると、股間の前で杖がグルグルと回り続けてる。

…なんだこの変態は!?

画像だと伝えにくいが、これがクルクルと常に回ってんのがシュールすぎるw 大帝ジョノーンじゃなく、''変態''ジュノーンだよこれは。

まぁ、戦いの方は何とか倒せた。こんな変なのに負けたくないんだよ。


【大苦戦する大魔王】

Refline-83.jpg

黒の書集めで間違いなく一番強かったボスが、この三領主の塔ウンブラ最上階にいる『大魔王フュルフュール』

魔王と名乗ってるだけの強さがあって、最初はあまりに防御の耐性が高すぎて全然こちらの攻撃は通じないというボス。

そしてこの魔王はドMなのもあって、ターンが経過するたびに自分に弱体化の魔法を使ってくれる。それによって耐性が下がり、ようやくこちらの攻撃が通るようになっていく…という仕組み。

「じゃあターン経過をひたすら待てばいいじゃん」という話かと思いきやそうでもなく、ターンが経過しすぎると今度は強力な全体即死攻撃の『魔王眼』とかを放ってくるし、他の全体攻撃もより苛烈になって耐えること自体が厳しくなってくる。

こいつには何度も挑んでみたが、全て返り討ちにされた。どうもダメージが足りないのか、倒しきれない。

これはアレか、レベルが足りないのか…?

【少しレベル上げして再戦】

Refline-81.jpg

Refline-82.jpg

そう思って最初のダンジョンであるカンパニュラに行き、わざとマナを大量に持ち寄って『マナオーバー』というものを引き起こして、出現するようになる大きな敵シンボルを倒すことにした。

この出会うことになる大きな敵シンボルは、経験値をくれる『ピニャール侯爵or大公』が出てくれて経験値的にも美味しいし、何よりレベル上げに最適な『経験値ガッポリ結魂書G』というものもくれるようになる。この結魂書は経験値が入手できる場率が高く、レベル上げにも最適。


Refline-80.jpg

でも、基本的に確率としては大きな敵シンボルにエンカウントすると、『死神』と出会う事が多い。

死神は一瞬で殺してくるほどに攻撃力は高いのに、こちらの攻撃を防ぐガード率も高いという強敵。

仮に倒せても経験値はもらえないという美味しくなさ。たまに運が悪いと5体同時に出てきたするし、こいつらが出てくると速攻逃げるようにしていた。でも、壁を背にしてエンカウントしてしまうと逃げられないこともあって全滅したりなんかも…うう…。

この死神が出てお仕置きをしてくる仕様っていうのが、不思議なダンジョンシリーズっぽくて面白いと思った。


Refline-84.jpg

レベルを99にカンストさせてから再度大魔王に挑むが、やっぱり強い。レベルそんなに関係ないわこれ。

戦い方として、序盤はもうひたすら防御陣でターンを経過させて、2回目の弱体後くらいに『カンパニュラの結魂書』の''密病''という相手の状態耐性を下げるドナムを使い、頑張って呪毒状態にしてそのダメージで倒せたって感じ。毎ターン8,000~9,000ダメージが入るのはデカイ。

今まで使ってなかった状態異常がこんなに役に立つとは…!倒せない人はぜひ試してみて欲しい(これも結局は決まるかどうかは運だが)


Refline-86.jpg

最後は死都アマデウス最下層にいる『アシキモノ』

こいつは先ほどの大魔法で手に入れた『魔王の結魂書』で使えるパンデモニウムを、発動までにひたすら耐えてやれば倒せるか簡単だった。ただのイベント戦。

まともにやると一番辛そうだが、そのような正攻法のチャンレンジ魂は持って無かった。


【再びエンディングを迎えると…?】

Refline-88.jpg

Refline-89.jpg

6体のボスを倒し、無事に黒ノ書を全部集めてまたもや、ラスボスであるバーバヤーガオオガラスを倒してエンディングに向かう。

ここの演出は良くてまたやっぱり泣きそうにながらも、最後の展開がちゃんと変わった展開になっていった。

黒ノ書を集めたお陰か未来から来たはずのヌッタマッタが記憶を取り戻し、滅ぶ未来と諦めていた未来のルカであるマズルカが居る場所へ助けにいくことになった。

激熱の展開!


Refline-90.jpg

【次は未来を救おう】

Refline-91.jpg

Refline-92.jpg

破滅が近づいていた未来にやってきた『レキテーちゃん』ことプレイヤー。

全てを救わないとやはりすっきり終われない。ここに居るオオガラスも倒し、無事にエンディングに向かいたい。


Refline-94.jpg

Refline-97.jpg
尻がセクシーすぎる。

最後のダンジョンとなる『オルニット』 ここはオオガラスの内部で、8つに分かれてるくらいに長いダンジョン。

ゲームポジション的には所謂''裏ダンジョン''みたいなもので、出てくる敵もこれまでより一番強い。

でもまぁ雑魚敵はまだ何とかなるというか、問題はボスの方でして…


【ドロニア型4号にフルボッコ】

Refline-98.jpg

Refline-99.jpg

最初のボスとして立ちはだかるのが、オオガラスの手先の『ドロニア型4号』。ドロニア様と同じ見た目ってだけで悪趣味。

マズルカの「出でよ!魔女の旅団!」という決め台詞と共に意気揚々に先陣を切ったはいいものの、あまりにも、あまりにも強すぎて2ターンくらいでこちらは全滅してしまった。全体攻撃がオーバーキルすぎる!

いやもうこれは、さっき苦戦した大魔王とかの比じゃない。このままでは絶対に勝てない相手ってやつだ。


Refline-95.jpg

といってもこちらのPTはほとんどのキャラがカンストしていて、主力キャラの全員のレベルは99になっている。

ここで未だに使ったことが無かった『魂移し』というシステムを解禁することにした。


【魂写しと更なるレベル上げ】

Refline-96.jpg

『魂移し』とは、それこそ他ゲームとか同制作のディスガイアにある『転生』システムのようなもので、レベルはリセットされてしまうが前回よりかは総合的に強くなるよってシステム。

魂写しでは他のファセットを経由することによって、そのキャラ独自のアビリティとかを引き継いで、より強化された個体を誕生させることが出来るのも面白いところ。

でもこの仕様が結構面倒で面倒で…UIが分かり辛いし、色んなキャラを魂移ししてると、旅団としてたくさん居るキャラを見た目として覚えてるから、同じ見た目のキャラばっかりになって凄く分かり辛くなってしまう。

レベル上げすること自体は構わないが、本当にここら辺の魂写しによるややこしさを何とかしてくれ!って思ってしまった。


Refline-103.jpg

あんまり使わなかったシノブシなんかはステータスがかなり優秀なことに気付き、成長タイプをダブルシャーブで育てることにした。無駄がないステータスってのが気持ち良い。


Refline-100.jpg

Refline-102.jpg

魂写しをするとレベルが1に戻るので、ここからはひたすらレベル上げ。

どこでレベル上げするかは人によるが、黄昏のテネスのルフラン市東区の南の広場に居る陽炎夫人をひたすら狩っていた。

ここでは絶対に陽炎夫人が出てくるから経験値的には安定する。

問題はかなり作業ゲーになって飽きてしまうので、他の人の配信や動画とかを見ながらやっていた。


Refline-101.jpg

何度も戦って『キャリーオーバー』というシステムを使うと、一度に数十万の経験値が手に入ることも可能。これも面白いシステム。

まぁ間違って逃走したり、脱出したりで経験値がパァになることも何度かあったが…。

ともかく、レベルを上げまくって次こそはドロニア型4号にリベンジ予定!

次回、一応最後の記事の予定です。
関連記事
SSX
Admin: SSX

自分が面白そうならとりあえずプレイしてみる雑食ゲーマー。特に格ゲーや、ゲーム音楽などが大好物。アニメや映画といった映像作品も好き。

気軽にコメントや、Web拍手等をしていただけると喜びます。




◆現在プレイ中
グラブルリリンク、スト6、PSのゲームカタログ

◆適当な一言
3月まで早速のゲームラッシュ。とりあえずリリンクは買います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

There are no comments yet.
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団
雑記 (104)
絶ニュース (18)
アニメ (47)
FC2ブログ (16)
フリーソフト (4)
有料・フリーゲーム (23)
Xbox360全般 (55)
周辺機器 (6)
XBLA (11)
ストリートファイター4 (11)
スーパーストリートファイター4 (10)
ウルトラストリートファイター4 (3)
ストリートファイターX鉄拳 (5)
Bioshock1・2 (4)
ボーダーランズ (6)
ボーダーランズ2 (10)
Dead Space (3)
End of Eternity (4)
バイオハザード6 (3)
PS全般 (117)
FF14 (24)
FF12 (2)
FF13 (3)
FF10 (4)
FF9 (10)
FF8 (3)
FF7 (8)
ドラクエビルダーズ (4)
デモンズソウル (10)
ダークソウル (13)
ダークソウル2 (12)
ダークソウル3 (2)
エルデンリング (15)
仁王2 (13)
グラブルリリンク (7)
ストリートファイター5 (6)
ストリートファイター6 (13)
BBCP (5)
GBVS (17)
GUILTYGEARシリーズ (22)
魔界戦記ディスガイアシリーズ (11)
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 (4)
逆転裁判シリーズ (3)
ライフイズストレンジ (2)
バイオハザードHDリマスター (3)
ToX (9)
戦場のヴァルキュリア (4)
MHW (6)
MHP3 (6)
イース7 (3)
ダンガンロンパシリーズ (4)
英雄伝説 軌跡シリーズ (16)
勇者30シリーズ (6)
ペルソナP3 (5)
ペルソナ4G (10)
イース セルセタの樹海 (6)
イース8 (3)
討鬼伝 (4)
SEKIRO (5)
Wii・Switch全般 (33)
ゼルダの伝説シリーズ (10)
アークライズファンタジア (10)
零~月蝕の仮面~ (3)
ToG (5)
斬撃のレギンレイヴ (4)
ゼノブレイド (4)
朧村正 (4)
DS/3DS全般 (14)
世界樹の迷宮シリーズ (7)
スーファミミニ (4)
iPhone (18)
テラバトル (21)
白猫プロジェクト (9)
グランブルーファンタジー (44)
グラフィティスマッシュ (3)
アナザーエデン (3)
映画 (12)
デジタル機器 (8)